料理

焼き魚に合うおかず10選!副菜と簡単な作り方・レシピも紹介!

焼き魚

和食の定番でもある焼き魚。干物や塩焼き・照り焼きなど様々な味が楽しめ、食卓のメイン料理としても活躍してくれますが、焼き魚一品だと寂しい…そんな時、焼き魚に合うおかずはや副菜は何なんだろう?と悩んでしまいますよね。

また、献立はどのような組み合わせにしたらいいのか?迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、焼き魚に合うおかず10選!副菜と簡単な作り方・レシピも紹介と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね☆

SponserdLink

きゅうりとワカメの酢の物/甘辛じゃが芋のごまがらめ

酢の物焼き魚に合うおかず
・脂ののった魚の場合の副菜→きゅうりとワカメの酢の物
<作り方>
1、きゅうりは薄い輪切りにして塩もみする。ワカメは食べやすい大きさにする。
2、きゅうりから水分が出てきたらよく絞り、ワカメと共にボウルに入れ、酢・醤油・砂糖を各大さじ1混ぜたものと和える。

・あっさりした魚の場合の副菜→甘辛じゃが芋のごまがらめ
<作り方>
1、ジャガイモは食べやすい大きさの乱切りにし、レンジで3分〜5分ほど加熱して柔らかくする。
2、油敷いたフライパンに1のジャガイモの水気を切って入れ、中火でこんがり焼き付ける。
3、醤油とみりんを各大さじ1回し入れ、ジャガイモにからめる。4、仕上げに白すりごまを大さじ1絡めたら完成。

卵焼き

卵焼き焼き魚に合うおかずは卵焼きだと思います。目をひく明るい黄色が、副菜として見た目も良いからです。

作り方は、まず卵二個をボウルに割り、菜箸や泡立て器で卵を溶いていきます。溶いた卵液に砂糖と塩を少々加え、油をひき、軽く予熱したフラインパンに流し入れます。卵液の表面がかわいてきたら、菜箸を使って端の方からくるくると巻いていきます。

焼き上がったらまな板にのせ、粗熱を冷ましてから包丁で切ります。あまり形が良くない場合は、まな板に載せる前にラップに包んで温かいうちに形作っておくと、見た目がキレイに仕上がります。

SponserdLink

豆腐と油揚げの味噌汁/レンコンとにんじん、鶏もも肉のきんぴら/サラダ

酢味噌汁焼き魚に合うおかずは、汁物は「豆腐と油揚げの味噌汁」,サラダは「野菜(レタス・にんじん・大根・キュウリ・タマネギ)とコーン・ハムのコールスローサラダ」がおすすめです。

副菜「レンコンとにんじん、鶏もも肉のきんぴら」レンコンは2mm位の扇切りにして酢水にさらす。にんじんも扇切り、鶏もも肉は小さく切る。ごま油で炒めて、唐子・砂糖・みりん・酒・醤油で味付けをし汁気が減るまで煮る。最後にみりん少々もいれると照りが出る。器に盛ってすりごまをふる。

野菜はすべて千切りにして水にさらす。ロースハムは千切りにする。野菜とハムをボールに入れドレッシングであえて器に盛る。上にコーンをちりばめる。

揚げ出し豆腐/キノコなどの餡かけ

揚げ出し豆腐焼き魚に合うおかずと言ったら、やはり揚げ出し豆腐が真っ先にでてきます!夏の副菜としてなら冷奴も良いですが、大根をおろしたついでに、みぞれの揚げ出し豆腐や、更に寒い時ならキノコなどの餡かけにするのもオススメです。

魚がやけるまでの間に、水気をとった豆腐に粉をまぶし焼き揚げにして、別鍋で炒めたキノコで餡掛けを作れるので、調理時間も魚の焼き時間中に終わらせることが出来ますし、お味も淡白な豆腐がメインになるので、焼き魚の邪魔にならず、とてもいい組み合せだと思います!

そこに味噌汁、漬物などが添えられたらバツグンではないでしょうか。

カボチャサラダ/なめこと麩と長ネギのお味噌汁

かぼちゃサラダ焼き魚に合うおかずは、副菜として、
・カボチャサラダ
(カボチャの煮物を潰し、牛乳とクリープとスライスタマネギとクルトンとソーセージと茹でた角切りの人参を加えて混ぜる。)

・なめこと麩と長ネギのお味噌汁
(鍋に水と適度に切った長ネギを入れて沸騰したら、なめこ、麩を投入し、だしと味噌を加える。)

・きゅうりとかにかまの酢の物
(きゅうりのスライスと、わかめと割いたかにかまとスライスしたらっきょうを、らっきょう酢と和える。ごま油をたらして、ごまを振る。)

・揚げ出し豆腐
(片栗粉をつけた木綿豆腐を揚げ焼きし、ダシのつゆをかける。刻みネギを上から散らす。)

この4品が合うと思うので、是非試してみて下さいね!

ほうれんそうのごまあえ

ほうれん草の胡麻和え焼き魚に合うおかず・副菜はほうれんそうのごまあえがおすすめ

ほうれん草 1袋
薄口醤油 大さじ1
いりごま お好みの量
だし   大さじ1
みりん  大さじ1/2

①多めのお湯を沸かし塩を一つまみいれて、ほうれんそうを根本が着いたまま茹でる。
②ゆがき終わったら引き上げ水気を切り冷水に浸す。
③また水気を切ったらキッチンペーパーで水気をさらにふきとる。
④根本を切り落とし食べやすい大きさに等分で切る
⑤いりごまはすり鉢でつぶしておき、ボウルにだしと薄口醤油とみりんと先ほど潰したいりごまと潰していないいりごまを入れ和えると完成。

だしは顆粒でもかつおぶしでもどちらでも可能ですので、是非作ってみて下さいね。

焼きナス

焼き茄子私の考える焼き魚に合うおかずは フライパンで作る焼きナスです!

材料
ナス 2本
サラダ油 大さじ1
おろし生姜 少々
醤油 適量

① ナスはヘタを取り、縦半分に切り皮の方に5mm間隔に隠し包丁を入れ、食べやすい大きさに切る
② フライパンにサラダ油を熱し、ナスを皮を下にして入れて焼いたあと、裏返して蓋をして蒸し焼きにする
③器にナスを盛り、生姜をのせ、醤油をかけていただく

このナス焼きは私も子どもの頃から母親に作ってもらった副菜の1つです。ナスをフライパンで焼くだけで簡単にでき、しょうがと醤油にとても合うので、ご飯にもぴったりなメニューです。

明太ラー油たまご焼き/キムチ納豆豆腐

卵焼き焼き魚に合うおかずは「明太ラー油たまご焼き」です。だし巻き卵の要領で、中の具として明太子を入れます。ラー油は卵をかき混ぜている際に好みの量を入れて混ぜます。

焼き魚は魚によっては脂っぽかったりもするので、味に刺激が足りないと感じるような辛党さんはキムチの汁や鷹の爪を入れても良いかと思います。

副菜としては、「キムチ納豆豆腐」です。絹ごし豆腐に好みの納豆ちキムチを乗せて混ぜれば完成の超簡単副菜です。韓国系の味が好みの方は韓国のりをプラスしても美味しいです。
タンパク質をまとめて摂取したい方は、卵黄を追加しても美味しいですよ。

かんたん冷ややっこ/生姜仕立てののっぺ汁

冷奴私は焼き魚に合うおかずは「かんたん冷ややっこ」がおすすめです。作り方はごく簡単で、とうふにお好きな薬味を載せて、お醤油をかけていただくだけです。副菜は「生姜仕立てののっぺ汁」がおすすめです。

作り方は簡単で、昆布でだしを取り、水のうちから短冊切りした大根や干しシイタケスライスを入れて加熱します。沸騰したら、酒、みりん、薄口しょうゆ(白だしでも可)を加え、こんにゃくをきざんだものと薄あげ、鶏もも肉を細かくカットしたものを入れて少し火を通します。

肉に火が通ったら、水溶き片栗粉を入れて、火を弱めて少し混ぜ合わせます。とろみを感じたら火を止めて、きざみネギを散らしてください。そしてポイントはおろししょうがを火を止めた後に加えることです。しょうがは火を通しすぎると風味が落ちますのでご注意ください。しょうがの風味が食欲をそそり、口の中のお魚の生臭みも消します。

ニラ玉肉豆腐

ニラ玉私の考える焼き魚に合うおかずはニラ玉肉豆腐です!副菜としても色んな料理に合います。

材料
豚バラ肉(薄切り) 80~100g
木綿豆腐 1/2丁(200g)
ニラ 1/2束
卵 2個
◆だし汁 150cc
◆砂糖 小さじ1
◆酒 小さじ2
◆醤油 大さじ1~お好みで
◆みりん 大さじ

①豆腐は厚さを半分に切り、更に食べ易い大きさに切る。
キッチンペーパーを敷いた皿の上に10分ほど置き、軽く水切りする
② ニラと豚肉は食べ易い大きさに切る
③ フライパンに◆の調味料を入れて火にかけ、煮立ったら豚肉を入れて煮る
④ 豚肉にほぼ火が通ったら豆腐を加え、蓋をして弱火で約5分煮込む。
(途中、豆腐に煮汁をかけ、味を染み込ませる)
⑤ ニラを加え、ニラが少ししんなりする程度にサッと煮る。火加減を少し強めて煮汁を煮立たせ、溶いた卵を回しかける。蓋をして弱火~中火にし、卵に火が通ったら出来上がりです。

まとめ

今回は焼き魚に合うおかず10選!副菜と簡単な作り方・レシピも紹介!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

和食の定番でもある焼き魚は、やはり和食のおかず+味噌汁の組み合わせの献立が一番しっくりきますよね!焼き魚に使う魚の種類によって、さっぱりとした酢の物やサラダのおかずが合う場合もありますし、炒めものや焼き物などのしっかり系のおかずが合う場合もありますよね!

是非焼き魚に合うおかず・副菜に迷ったら、今回の記事を参考にしてくださいね。今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆