賞味期限

焼き芋が腐るとどうなる?賞味期限は何日?上手な保存方法も紹介!

焼き芋

寒い冬に暖かい焼き芋。必ず食べたくなりますよね。ホクホクして甘みがあって素朴な味なのに幸せな気分にさせてくれる焼き芋。ついついたくさん焼いてしまったり、買ってしまうこともありますよね。

そんな焼き芋が腐るとこを考えたくないですが、焼き芋が腐るとどうなるか?気になりますよね。

作り置きしておこうと思うってたくさん作ったら、保存している間に傷んでしまった…なんて、悲しいことにならないように、焼き芋が腐るとどうなるか?知っておくことも大切です。

また、焼き芋の賞味期限はどれくらいなのか?上手に保存して美味しく食べるためにはどうしたら良いか?など、詳しくお伝えしたいと思いますので、是非参考にしてみてくださいね。

SponserdLink

焼き芋が腐るとどうなる?

焼き芋それでは、実際に焼き芋が腐るとどうなるのか?見ていきましょう!

最近のさつまいもは、品種によって中の具合も焼くとねっとりとしていて甘い蜜を含んでいたりして一瞬傷んでる!?ってわからなくなることもありますよね。

焼き芋が腐っているときは、ずっしりと重さは同じなのですが、綺麗に割ることができなくなり、中身がグニューっと潰れてしまいます。

それどころか、割れた瞬間中から焼き芋の美味しい匂いではなく、酸っぱい匂いが漂ってきますので、すぐに「この焼き芋は腐っている!!」と気づくことができます。

また、焼き芋のなかが、柔らかくなっていて糸を引いた液体が見えたら傷んでいて腐っている状態なので、食べないでゴミ箱へ捨ててくださいね!

黒ずんでいる、シワシワになっている場合も要注意!

また、焼き芋の中身が全くこのような状態になっていなくても、色が黒ずんでいる焼き芋も腐っている可能性があります。

ただ焼き芋の表面が焦げて元々黒いのなら良いですが、変色して黒くなっていた場合は傷んでいて腐っています。

その他、皮がシワシワになっていたりベトベトしていたらこれもまた傷んでいますし、さらに青カビが生えてたりふわふわした白いものがついているときはカビが生えているので間違いありません。

このように、焼き芋の色が変色しているときは、腐ってきている証拠なので食べないようにしましょう。

また、カビが生えているところだけを外して大丈夫だろうと思って食べちゃう人もいますが、それはおすすめできません。絶対にやめましょう。

目に見えなくてもカビの菌や細菌がお芋の中まで入っていることもあるのです。食べて後で体調が悪くなって後悔しないためにも発見したときは悲しいけど、食べないでそのままゴミ箱へ捨ててくださいね。

焼き芋の賞味期限はどれくらい?何日大丈夫??

焼き芋次に、焼き芋の賞味期限はどれくらいなのか?何日大丈夫なのか?見ていきましょう。

焼き芋を常温で保存した場合は、冷めた時に湯気がそのまま水滴になってついたままになりやすく、そうするとそこに外気にある細菌やカビの温床になりやすいので傷んで腐るのが早いです。

常温で焼き芋を保存する場合は、なるべく作ったその日に食べましょう。

ただししっかり水気を取って外気と遮断できた場合なら、常温でも賞味期限は2、3日なら食べる事は可能です。

焼き芋の冷凍保存も◎

焼き芋を冷蔵庫に保存した場合の賞味期限は、4日ほど持ちます。食べかけや、切ってしまった焼き芋の場合はあまり日持ちしません。

保存方法にもよりますが、なるべく焼き芋は当日中に食べてくださいね。

その他、焼き芋を冷凍する方法があります。冷凍する場合はよく冷まし、1本ずつラップに包んでジップロックに入れて冷凍庫へ入れましょう。

冷凍の場合は、2ヶ月ぐらい持ちますよ。焼き芋を食べきれないときや作りすぎちゃった時は冷凍することをオススメします。

半解凍の状態で食べると、アイスクリームみたいな食感でとても美味しいですよ!

SponserdLink

焼き芋を美味しく食べるための上手な保存方法

焼き芋最後に、焼き芋を美味しく食べるための上手な保存方法ご紹介します。

冷蔵庫で保存する場合、焼き芋をよく冷ましてからキッチンペーパーで水気をしっかり拭いてからラップに1本づつ包んで保存しましょう。

まだ温かいうちにラップに包むと冷める間に水滴がついてそこからカビが発生しちゃうこともあるので必ずしっかりと冷ましてから、そして水気をしっかり拭いてから保存してくださいね。

また、食べかけのものや、切ってある焼き芋の場合、すでに細菌が焼き芋の表面についていることもあるので、長く日持ちしません。

このことからも、冷蔵庫に入れておいても、なるべく早く食べ切りましょう。遅くとも翌日以内には食べちゃってくださいね。

その他の色々な焼き芋の保存方法

常温で保存したいときは、冷めた時に出てくる余分な水分を取り除いてから、外気から守ってくれる新聞紙にしっかりと包んで保存すると良いですよ。

なるべく涼しいところで冷暗な場所を選んでくださいね。その日かもしくは翌日までに食べてください。

あとは冷凍する方法です。焼き芋の熱を取り、サランラップでしっかりとピッタリと1本づつ包みます。それを冷凍庫へ入れるだけです。それで1ヶ月から2ヶ月持ちます。

あとは、焼き芋をマッシュしてから保存袋に入れてから冷凍する方法もあります。冷凍しておくのが一番日持ちもし、いろいろなお料理にも使えて便利ですよ。

まとめ

今回は焼き芋が腐るとどうなる?賞味期限は何日?上手な保存方法も紹介!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

焼き芋が腐るとどうなるのか?状態の見分け方と保存方法を頭の片隅に入れておき、もし腐っている焼き芋に遭遇しても慌てないで対処しましょう。

焼き芋は賞味期限は長そうなイメージがありますが、常温保存ですと意外も日持ちがしないので注意するようにしてくださいね。

そしてちょっとでも変な匂いがした時や皮がヌルヌルしてたり、糸を引いてたら絶対に食べないようにして、上手に保存して美味しい焼き芋を堪能してくださいね。

また、焼き芋を作りすぎてしまった、買いすぎてしまったた時は冷凍保存して、美味しい焼き芋をみなさんも思う存分味わってみてくださいね。

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆