生クリームと牛乳の違いは?代用方法とカロリーも調査!

普段の料理やお菓子作りなどで必要になる生クリームと、日常的に冷蔵庫に入っているという家庭も多い牛乳。

価格や味、カロリーや食感など、生クリームと牛乳は全く違うものということは分かっていながらも、何か似ている部分を感じるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

どちらも乳製品という共通点があるので、料理やお菓子作りの時に双方をそれぞれの代用品として使用できるのか気になるところです。もし代用できるのであれば、もしもの時に便利ですよね。

そこで今回は、生クリームと牛乳の違いや代用する方法についてご紹介します。

目次

生クリームと牛乳の違いは何?

生クリームと牛乳は似ているように感じても全然違う製品です。最も大きな違いはそれぞれの脂肪分の量にあります。

生クリームに含まれる脂肪分が18%以上であることに対し、牛乳に含まれる乳脂肪分は3%以下です。

脂肪分が高い生クリームは泡立ちがよくてクリーミーな食感があり、調味料やお菓子のトッピングとして使用されることが多く、牛乳は飲料として多くの人の日常に取り入れられています。

脂肪分だけでなく、含まれる栄養素にも違いがあります。生クリームには体の新陳代謝を促す効果が期待できるモリブデンと、体の免疫力を高めるビタミンAが豊富に含まれています。

脂肪分が高く高カロリーな生クリームですが、それだけではなく体に嬉しい栄養素が含まれているのです。

成分を比較すると全くの別物

そして牛乳には、よく知られているカルシウムだけではなくビタミン12が含まれており、肩こりや貧血、イライラなどの女性のPMS症状を助ける効果が期待されます。

ホットミルクにリラックス効果があると言われているのはこのような成分が牛乳に含まれることが根拠となっているのです。

どちらも牛の乳からできる同じ乳製品ですが、含まれる成分を比較すると、全くの別物であるということがよく分かります。

生クリームを牛乳で代用する方法

生クリームと牛乳は全く異なる製品ということが分かりましたが、それでも同じ乳製品です。お菓子作りなどで生クリームを牛乳で代用できるのでしょうか。

生クリームは牛乳と比較しても値段が高く、賞味期限も早い商品です。もし家庭で常備されていることの多い牛乳で代用する方法があれば、非常に便利ですよね。

ホイップを作るために生クリームを牛乳で代用することは非常に難しいですが、調味料として代用する方法はあります。

代用する場合はバターを用意!

生クリームを牛乳で代用する時はなるべくバターも用意しましょう。牛乳だけでも代用できますが、バターを加えることで生クリームのコクを出すことができます。

代用品を200g作る場合、160mlの牛乳と電子レンジで溶かした40gのバターを混ぜ合わせれば完成です。味見をしてみて、よりコクがあるものにしたい場合はバターを少しずつ追加してみてください。

また、少量の薄力粉を追加することで生クリームのとろみを出すこともできます。

生クリームを牛乳で代用した場合、生クリームを使用した場合と比較して少しさっぱりとした食感になるとも言われています。生クリームを使用した時とは味や食感も微妙に異なるものが出来上がることは理解した上で代用しましょう。

https://maman.jp/sweets/308/

牛乳を生クリームで代用する方法

生クリームを牛乳で代用することはできますが、牛乳を生クリームで代用することはできるのでしょうか。生クリームを牛乳で代用できるのであればその反対も可能であるように感じます。

それでも牛乳を生クリームで代用することは極めて難しく、味や食感も劣る可能性が高いです。

調味料として牛乳が必要になる際に、牛乳を生クリームで代用するには水分量が足りません。

生クリームを水で割って牛乳の代わりに使用するという方法がありますが、水の分量が少なすぎても多すぎてもドロドロになったり水っぽくなってしまいます。

調味料のバランスが崩れてしまい、失敗の原因にもなりかねないので、牛乳を生クリームで代用することはあまりオススメできません。

少しなら味や食感の変化は少ない

しかし、クッキーなどのお菓子であれば本来必要となる牛乳が少量なので、少し生クリームで代用するくらいであれば味や食感への影響は少ないです。

代用ではなく、元から牛乳ではなく生クリームを使用して作るレシピもあります。

牛乳の代わりに生クリームを使用することでクッキーのミルク風味が増して美味しいという声もありますが、牛乳を使用したクッキーよりもカロリーが高くなるのでダイエット中の方は牛乳を使用した方が良いかもしれませんね。

生クリームと牛乳のカロリーの違い

生クリームと牛乳の大きな違いは脂肪分の数値とご紹介しましたが、その違いがカロリーにも表れています。

商品によって細かい数字の違いはありますが、200gの生クリームは約900kcalであることに対して、200ccの牛乳は約138kcalです。

生クリームは他の乳製品と比較してもカロリーが高く、牛乳は乳製品の中でもカロリーが低い製品になります。

味にコクが出てクリーミーな食感になることから、料理に生クリームが使用される機会は多いですが、ダイエット中の方にはカロリーが気になりますね。

取り入れる生クリームの量に気を付ければそれほど影響はないかと思いますが、どうしても気になる方は、牛乳など生クリームよりもカロリーが低いもので代用してみましょう。

生クリームをホイップする時の砂糖の量でカロリーダウンも!

生クリームを泡立てて使用する場合は他の製品で代用することは難しいですが、泡立てる際に混ぜ合わせる砂糖の量を少なくすることでカロリーを抑えることができます。

また、生クリームには、高乳脂肪分のものと植物性のもの、そして高乳脂肪分と植物性のものを組み合わせたものの3種類があります。

生クリームの中でも高乳脂肪分で作られた生クリームのカロリーが一番高いので、低カロリーな植物性の生クリームにするだけでもカロリーを抑えることができますよ。

まとめ

牛乳今回の生地では生クリームと牛乳の違いは?代用方法とカロリーも調査してご紹介してきました。

生クリームと牛乳は同じ乳製品ですが、脂肪分やカロリー、含まれる栄養素も全く違います。それでも生クリームが自宅にない時や、カロリーや価格が気になる時は牛乳とバターで代用することができます。

牛乳は健康飲料として飲まれることもある程に栄養価が高くてカロリーが低く、家計に優しく冷蔵庫に常備されていることも多いので、コツを掴んでうまく代用することができれば嬉しいですね。

ホイップなどの、生クリームを泡立てて使用する場合は牛乳で代用できませんが、カロリーが気になる方は泡立てる時の砂糖の量を少なくしてカロリーを調整しましょう。

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる