料理

リゾットに合うおかず10選!副菜・献立・簡単な作り方も紹介!

リゾット

イタリア料理の中でもお米を使った定番の料理といえば「リゾット」ですよね。オシャレな料理なイメージもありますが、家庭でも簡単に作れる手軽で美味しい一品としても人気ですよね!

そんなリゾットを夕飯のメインにした時は、どんなおかずや副菜が合うのか?悩んでしまっている人も多いと思います。

そこで今回は、リゾットに合うおかず10選!副菜・献立・簡単な作り方も紹介!と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね☆

SponserdLink

なすのラザニア/キャベツのシンプルコールスロー

ラザニア ふぅふぅしながら食べるアツアツのリゾットは格別ですよね。今日はリゾットに合うおかずと副菜を紹介します。

おかず:なすのラザニア
■材料
なす・餃子の皮・ミートソース缶・とろけるチーズ・パン粉・パセリ
①なすを縦に薄く切り水にさらしておく。
②①をよく水をふき取り、オリーブオイルでなすを軽く焼き塩コショウをかける。
③グラタン皿に焼いたなす⇒ミートソース缶⇒餃子の皮の順に重ねていく。この時餃子の皮を水にくぐらせてから重ねる。
④最後まで重なったら一番上にとろけるチーズをのせ、上からパン粉をかける。
⑤トースターで焦げ目がついたらパセリをかけて完成。

ポイント:餃子の皮を水にくぐらせてから使う事。それだけでモチモチのラザニアになります!

副菜:キャベツのシンプルコールスロー

■材料
キャベツ・酢・砂糖・塩
①酢・砂糖・塩を混ぜておく。分量は少し甘く感じる程度。
②千切りキャベツを①に漬け込む。
③水気を切り、マヨネーズ・塩コショウで和える。

ポイント:まんべんなく漬け込むこと。塩でもむよりもまろやかな酸味になりさっぱりします。

チーズフォンデュ/フランスパンとコーンスープ

チーズフォンデュリゾットに合うおかずはチーズフォンデュです。暖かいリゾットに熱々トロトロのチーズフォンデュは相性が悪いはずがありません!

根菜やソーセージなどを電子レンジでチンして、チーズフォンデュするのもあり、熱々トロトロチーズをリゾットにかけちゃっても美味しいです。
自分の好みで色々アレンジできるので、美味しいだけではなくて、楽しむこともできます!

副菜にはフランスパンとコーンスープがおすすめです。フランスパンは食べる前に少しオーブンで焼いておきます。サクッとした食感と濃厚なチーズがたまりません。それに、コーンスープの甘味がとても和みます。

SponserdLink

カキフライ/トマトとオニオンのスープ

カキフライリゾットに合うおかず・副菜はカキフライと、トマトとオニオンのスープです。
熱々のカキフライとあっさり食べることのできるスープでバランスの取れた大満足の献立になると思います。

カキフライの作り方は、
①牡蠣は塩水で洗い汚れを落とします。キッチンペーパーで水気をしっかり取り、酒をふって5分ほど置きます。
②5分後、キッチンペーパーでもう一度水気を取ります。小麦粉をまぶし溶いた卵に付けパン粉をしっかりとつけます。このときふんわり包むようにパン粉をつけると良いでしょう。
③油を170℃に熱して少量ずつ揚げていきます。2〜3分ほど揚げきれいなキツネ色になったら取り出します。お好みのソースをつけていただきます。

トマトとオニオンのスープは、まず玉ねぎを千切りにし、ねっとりとするまでオリーブオイルで炒めます。くし切りにしたトマトを加え油が回る程度炒めます。

水とコンソメを加えさっと煮ます。コンソメが溶けたら塩加減を確認します。最後に黒胡椒を多めにふって出来上がりです。

ロールキャベツ/ピクルス

ロールキャベツリゾットに合うおかずでおすすめなのは、ロールキャベツです。リゾットはクリーム系なので、コンソメ系またはトマト系のロールキャベツが特におすすめです。
リゾットとロールキャベツは両方とも少し味が濃い目なので、副菜にはさっぱりしたピクルスが合うかと思います。

ロールキャベツ・・・キャベツを1枚ずつ剝がし、湯通しをし冷ましておく。ひき肉、玉ねぎ、卵をまぜよく練ったあと冷めたキャベツで巻いて、コンソメで煮る。トマトベースにしたい場合はトマト缶を入れてから煮込んでください。

ピクルス・・・きゅうり、ミニトマトなどお好きな野菜を簡単酢につける。

オムレツ/ポテトサラダ

オムレツリゾットに合うおかずは「オムレツ」です。玉ねぎをみじん切りにし、ひき肉と一緒に炒める。火が通ったらケチャップと塩胡椒で味を整えいちどお皿にあげておく。とき卵に牛乳を入れよく混ぜ合わせる。

オリーブオイルをひいた熱したフライパンに卵を流し入れ先程のお肉をはじによせてのせる。巻くように卵でくるんで出来上がり。お好みでデミグラスソースやケチャップをかけて召し上がれ。

副菜には「ポテトサラダ」がおすすめです。

蒸したジャガイモを粗めにつぶしオリーブオイルをかけ混ぜておく。水にさらした玉ねぎと人参に電子レンジで火を通し、先程のジャガイモに混ぜ合わせる。粗熱がとれたら薄切りにしたきゅうりとハムも合わせて混ぜ、マヨネーズと黒胡椒で味を整えたら出来上がり。

ポテトサラダ/トマトスープ

ポテトサラダリゾットに合うおかずはポテトサラダです。じゃがいもは茹であがったら、塩コショウ、お酢、コンデンスミルクですぐに調味します。コンデンスミルクを入れることで、味にコクとまろやかさがでますよ。

じゃがいもが冷めたら、きゅうり、にんじん、ソーセージを加えます。ソーセージを入れることでボリュームが出ます。マヨネーズを適量入れて完成です。

副菜はトマトスープです。お好きな野菜を一口大に切り、炒めます。油がまわったらトマト缶と水、コンソメキューブを加えます。煮立って野菜が柔らかくなったら、塩コショウで味を調えて完成です。

フリット/カプレーゼ

フリットリゾットに合うおかず:フリットがおすすめです。
■作り方
イカ、海老、魚、なす、ズッキーニ等、季節の野菜やお好みの食材に卵・小麦粉・炭酸水(甘くないもの)に塩少々を混ぜ合わせた衣をつけ、オリーブオイルで揚げる。食べる時にレモン汁、イタリアンパセリや塩、胡椒等を好みで振る。

副菜:カプレーゼがよく合うと思います。
生トマト(皮が気にならなければそのまま、気になれば湯剥きして)とモッツァレラチーズを同じくらいの厚さ(1センチ程度)に切る。

生トマト・生バジルの葉・モッツァレラチーズを順に皿などに重ねて並べ、その上から塩を振り、エクストラバージンオリーブオイルを回しかける。

大根サラダ

大根サラダリゾットに合うおかず・副菜に「子供も大好き大根サラダ」をおすすめします

材料:大根
ブロッコリー
炒りゴマ

作り方:
①大根の皮をむき、かなり細く千切りにします。(スライサーを使えば楽です)
②ブロッコリーを食べやすい大きさに切り、ゆでます。(熱湯に3分程度)ゆでた後はすぐに冷水につけてしっかり水けをきっておいてください。
③①の大根を真ん中が高くなるように盛り付けます。(高さがある料理は出世するという意味があるそうです。)
④大根の周りにブロッコリーを囲むように盛り付けます。
⑤最後に上からゴマを振ります。好みですが、たくさんあるとおいしいです。
⑥お好みのドレッシングで食べてください。

ミネストローネ

ミネストローネリゾットに合うおかずとして、ミネストローネスープはいかがでしょうか。いわゆるトマトスープです。リゾットがシンプルなチーズリゾットだった場合、副菜には野菜を沢山摂れるものが欲しいはずです。ミネストローネであれば、不足した野菜を十分補うことができます。

作り方は、まずトマト缶と家にある野菜(玉ねぎ、にんじん、じゃがいも、キャベツなど)を用意。ニンニク以外の野菜は全て一口サイズ、あるいはさいの目切りにします。ニンニクはみじん切りでもスライスでも可。鍋にオリーブオイルを引き、ニンニクを炒め香りがたったら、野菜を炒めたら、トマト缶を足します。

必要によってお水は足してください。全てが煮込めたら、コンソメを入れ塩コショウで味を調えて出来上がりです。蛋白源として、大豆の水煮を入れたり、ベーコンやウインナー、鶏肉などを入れても良いかと思います。

まとめ

今回はリゾットに合うおかず10選!副菜・献立・簡単な作り方も紹介!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

イタリア料理の定番「リゾット」に合うおかず・副菜は、イタリア料理でまとめたもの(フリットやカプレーゼ)もいいですし、オムレツやミネストローネなどボリュームがある料理を合わせるのもおすすめです。

リゾットをメイン料理として作る際は、是非参考にして下さいね。今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆