レシピ

豆乳鍋の具材│変わり種10選と余った時のアレンジ方法も紹介!

豆乳鍋

優しい味わいの豆乳をベースに出汁を加えた豆乳鍋は、野菜をたくさん食べられるだけでなく、大豆に含まれるイソフラボンも豊富で女性に人気の鍋ですよね!

定番の具材としては、豆乳と相性のいい鶏肉や白身魚と野菜が使われますが、たまには変り種を入れてアレンジして豆乳鍋を楽しみたいですよね。

でも、豆乳鍋の具材の変り種としてどんなものを選んだらいいのかわからない…

そんな人のために、今回は豆乳鍋の具材│変わり種10選と余った時のアレンジ方法も紹介!と題してご紹介していくので、是非参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

はんぺん

はんぺん豆乳鍋の変わり種として、うちでオススメの具材はハンペンです。最初からハンペンをいれるわけではなく、まずは油揚げや鶏肉、つくね、白菜などの野菜をいれます。

ハンペンは、フワフワの食感がとてもおいしくて豆乳にとても合うのですが、煮崩れしてしまうので他の具材にも味がついてしまいます。お鍋の中盤以降から登場させた方が他の具材も楽しめますし、ハンペンも楽しめますよ。

またサッと煮たハンペンと、じっくりお鍋の一体化したハンペンとで味が全然違ってきますので両方とも試してみてください。不思議な食感でくせになること間違いなしです。

ロールキャベツ

ロールキャベツ豆乳鍋におすすめの変わり種の具材は、ロールキャベツです。市販のロールキャベツでも、自分で作っておいた冷凍のロールキャベツでもよいので、豆乳鍋に入れて他の具材と一緒に煮込みます。

豆乳のマッタリしたスープが、ロールキャベツシチューのような味わいとなって、ロールキャベツと相性抜群です。食べ方のポイントは、ロールキャベツを小さめにして、入れることです。

鍋で煮込んだ時に、ロールキャベツが煮崩れしてしまうことがあるので、小さめの一口サイズだと、煮崩れがしづらいのでおすすめです。ベーコンも豆乳鍋に一緒に煮込んだら、ロールキャベツと一緒に食べると美味しいです。

スポンサーリンク

キムチ

キムチ豆乳鍋の具材として鶏肉や白菜を入れるのは定番ですが、変わり種にキムチをいれるといつもと違った味を楽しむことができます。豆乳鍋はマイルドでお鍋の具材をまろやかな味わいにしてくれるので、キムチもマイルドになって食べやすくなります。

お鍋を大人数で囲むことがあると思いますが、もしキムチが苦手な人がいるなら自分の小皿に追加すればOKです。

ですが、キムチが苦手な人でも豆乳鍋に入れることで辛みや臭いがやわらかくなって食べることができるのではないでしょうか。逆に豆乳が苦手な人も、キムチを入れることで豆乳鍋が食べやすくなると思います。

餃子

餃子豆乳鍋の変わり種のおすすめ具材は餃子です。肉餃子やえび餃子などいろいろな餃子がありますが、餃子なら何でも合います。ちなみに我が家は水餃子用の肉餃子を入れています。

出来れば水餃子用の皮の厚い餃子がベストです。なければ普通の餃子でも大丈夫です。なぜ水餃子用の餃子がオススメなのかと言うと、豆乳鍋のスープに餃子の旨味が溶け込んで味に深みが出るし餃子の皮がスープを吸ってもっちりとして食べごたえもあるからです。

そのままでも美味しいですが、すりごまをトッピングしたり大人向けにはラー油や七味を足してピリ辛にするのもおすすめです。

高野豆腐と油揚げと切り干し大根

高野豆腐私が好きな豆乳鍋に入れている変わり種の具材は、高野豆腐と油揚げと切り干し大根です。更年期に入って筋トレをする様になってから、イソフラボンを意識して摂る様になったのをきっかけに、タンパク質の豊富な具材をあれこれ試してみました。

鍋なので、しっかりスープが染みてジュワッと口に広がるのは、高野豆腐や油揚げが美味しいです。また、締めの麺ではなく、切り干し大根を入れると意外にまろやかで美味しくて、罪悪感もありません。

肉や定番の野菜はやっぱり合うので入れていますが、いつもの豆腐を替えるだけで食べ応え抜群になります。

じゃがいも、もも肉、にんじん、玉ねぎ、ブロッコリーなどの洋風具材

じゃがいも我が家ではよく豆乳鍋をします。具材は白菜をはじめとした普通の鍋に登場する野菜に豚肉や鶏肉が定番のタンパク質具材でした。毎年の豆乳鍋ですので具材にも変化がないと飽きてくるとの娘の提案もあり何か変わり種を考えてみました。

色んな変わり種を試しました。ミートボールやウインナー、焼きちくわ、など入れてみるとまあまあ美味しく頂けました。今ひとつありきたりで食べたことがある具材なので変わり種とは言わないなーと試行錯誤。ある時娘が豆乳鍋に麹甘酒を豆乳鍋に入れ具材もじゃがいも、もも肉、にんじん、玉ねぎ、ブロッコリーと洋風具材を投入。

そして小ぶりトマトを皮を剥いて入れ、トマト缶も一緒にインました。最後にとろけるチーズをドバッと。これはとても美味!フォンデュー仕立てのトマト豆乳鍋になりました。

カレーやチーズ、酒かす

カレー私が豆乳鍋を作るときに使用する具材で、スタンダードなものは白菜です。白菜はどのような鍋にも合いますが、特に豆乳のコクとまろやかさ、白菜の食感がマッチしています。

また、変わり種としては、シンプルな豆乳は色々な味に変化できるので、カレーやチーズ、酒かすなど普段の鍋でプラスしないようなものを入れますよ。カレーは少しスパイシーなルウを使います。身体も温まり、ご飯とも合います。酒かすは大人の味です。上品に香り立ちとっても美味しいです。

以外にも鍋が豆乳でも、木綿豆腐も合いますよ。女性にとってはイソフラボンがたっぷりとれて嬉しいです。たんぱく質も充実していますね!

厚揚げ

厚揚げ豆乳鍋の変わり種として、厚揚げを入れます。豆腐の代わり具材として入れたのですが、周囲の揚げ部分が出汁をよく吸っておいしさが絡むのでおすすめです。

特に豆乳鍋は共にいれる調味料や具材によって洋風スープにも和風スープにもできますが、そのどちらにも合います。また厚揚げを入れることで油分がスープへと溶けだし、より豆乳スープの味にコクが出るように思います。

何にでも合いますがポイントとしては、豚肉と味噌を入れると、豆乳スープにさらに奥深さ、豚脂の甘味と味噌のコクが加わりそれらを吸った厚揚げのおいしさがより際立ちます。

まとめ

今回は豆乳鍋の具材│変わり種10選と余った時のアレンジ方法も紹介!と題してお送りしてきましたがいかがでしたでしょうか?

今夜は豆乳鍋にしよう!と考えた時は、定番の具材+今回ご紹介した変り種の具材をチョイスして豆乳鍋に豆乳してみてくださいね。

色々な変り種の具材を入れることで、更に美味しい豆乳鍋を作ってみてくださいね。

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事:  子供が好きな鍋の素おすすめ8選!美味しく食べるアレンジも紹介!