レシピ

キムチ鍋の具材変わり種10選!余った時のアレンジ方法も紹介!

キムチ鍋

ピリッと辛いキムチが入ったキムチ鍋は、加える具材によって旨味が変わってくるので様々な味を楽しめることから、鍋料理の中でも人気が高いですよね。

キムチ鍋の具材と言えば、キムチ・豚肉・白菜・ネギ・豆腐などが定番ですが、たまには変わり種を入れてみようかな?でも、何を入れたらキムチ鍋と合うのかわからない…そんな人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、キムチ鍋の具材│変わり種10選と余った時のアレンジ方法も紹介!と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク

薄切り餅

スライス餅キムチ鍋は、たくさんの野菜を入れて食べられるのでヘルシーですよね。そこに変わり種として、「薄切り餅」を具材に入れるのがおすすめです。

市販で薄く切られた状態で売られています。また、おけそくなどで頂いた場合、薄く切って入れられるので、お餅の消費に大変便利です。

韓国でもトッポギがありますが、薄切り餅のほうが、簡単に鍋に入れられるので簡単です。薄いため、スープをよく吸うので美味しいです。子供も大人もペロンペロン食べられます。
また、豚肉も入れるのですが、分厚い豚バラ肉を入れると、キムチや味噌等で柔らかくなるのでオススメです。

じゃがいも

じゃがいもキムチ鍋に入れる変わり種の具材でオススメなのが「じゃがいも」です。キムチ鍋といえば白菜やニラなどが定番ですが、じゃがいもがなかなか相性が良いんですよ。

ピリッとした唐辛子の辛いスープとホクホクのじゃがいもはどんどん箸が進みます。とても体が温まるので寒い冬の日のメニューにはうってつけです。

また、じゃがいもを入れることで少しスープがまろやかになるので辛いものがちょっと苦手な人でも食べやすいキムチ鍋になります。じゃがいもは大きめのサイズでゴロゴロさせたものを入れるととても食べ応えがあるキムチ鍋になりますよ。

スポンサーリンク

高野豆腐

高野豆腐キムチ鍋に入れる変わり種の具材でおすすめしたいのは、高野豆腐です。筋トレをしている時に、タンパク質を多く摂りたくて余っていた高野豆腐を入れたのがハマったきっかけです。

キキムチは辛く新陳代謝が活発になるので、トレーニング仲にオススメです。高野豆腐にキムチのスープが染み込むので、豚肉や野菜と一緒に食べると美味しくて効率的です。また、おふを入れても美味しかったです。

どちらも低価格でタンパク質豊富、味か染み込むのでやみつきになります。高野豆腐は地味で、食べ方がワンパターンになりがちですが、低糖質でダイエットにも活躍する優秀食材です。

餅巾着・つみれ・大根

餅巾着私が食べるキムチ鍋はおでんの具みたいな変わり種の具材が入ってます!1つ目は餅巾着。2つ目はつみれ。3つ目は大根です。おでんの具見たいなものが何で入ってるのかというと鍋の食材ってワンパターンだなと思ったのがきっかけでした。

そこからいろんな鍋の具材を入れたら商いで食べられるんじゃないかと思っていろんな具材を入れるようになりました。

それ以降キムチ鍋にはこの3つの変わり種が入るようになりました。鍋は味が違うだけで具材はほとんど使い回しってことにも気づいたのでもっとたくさんいろんなタネを入れたいです。食べ方についてはキムチの味が染み込んだ大根とご飯を一緒に食べるのがこれまた美味しい!おすすめですよ~

水餃子とチーズ

餃子私がおすすめするキムチ鍋の変わり種の具材は、水餃子とチーズです。餃子だと溶けてしまうのですが、冷凍の水餃子だと皮も溶けずにモチモチにピリ辛の味がついてとても美味しいですよ。

チーズは、カマンベールチーズがオススメです。最初から入れるのも美味しいのですが、他の人と食べていると嫌な人もいるので、〆のおわったあとのスープに豚バラ・豚コマとキノコを入れて、炊き上がった上からドンと置きます。火が通ったら他の食材と一緒に食べます。

とろっとしたチーズが具材に絡んで、とても美味しいです。私は食べたことがないですが、チーズハットグみたいな味だと友達は言っていました。

餃子とシュウマイ

シュウマイ
キムチ鍋の変わり種の具材で好きなものは、ぎょうざ・シューマイです。キムチの汁がぎょうざの皮に染み込んで辛いですが、何度も食べたくなりくせになる味です。

ぎょうざは手軽に購入でき、調理を必要とせず鍋にそのまま入れることができるので作るのもラクです。ぎょうざがない場合は、シューマイを代わりに入れるのも良いです。

あまり煮込み時間を長くすると皮が汁の中に溶けてしまうので、入れるタイミングは最後の方にすること、煮込み時間を短くするのがコツです。キムチ鍋でも子どもが好きなものがはいれば、少しでも食べてくれますよ。

ウインナー

ウインナー
あまりキムチ鍋に合わないかもしれませんが、ウィンナーがおすすめです。ソーセージではなくウィンナーです。出来ればシャウエッセンなど外の厚皮がプチッと弾ける具合のウィンナーがちょうどキムチ鍋に合うと思います。

普段は焼いて食べたりするのが美味しいウインナーですが、意外にも鍋にも合うという変わり種の具体として利用することができますよ。

キムチ味の辛い味にウインナーは合うのです。食感が他の具材とは全く異なりますので、箸休めとして利用できますし、味を少し変えたい味変したい時に役に立ちます。しかし少し他の個体に比べて高いのが難点かと思います。

手羽先

手羽先
私の好きなキムチ鍋の変わり種の具材は手羽先です。手羽先はスーパーで安価で手に入るため、たっぷり入れて満足することができます。じっくり鍋で煮込むとトロトロになり、骨を取るのも簡単で食べやすくなります。

サッと手羽先を焼いてからお鍋に入れて煮込んでもさっぱり食べられるのでオススメです。
手羽先を鍋に入れて食べるのは、ちょっと珍しいかもしれませんが、手羽先のコラーゲンでお肌もプルプルになるので、女子会で鍋パーティーをするときにももってこいです。

おなかいっぱいたべても罪悪感なしなので、定番の変わり種の具材として使うと、キムチ鍋がもっと楽しめるはずです。

まとめ

今回はキムチ鍋の具材│変わり種10選と余った時のアレンジ方法も紹介!と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した「変わり種」は、キムチ鍋のスープによく合うだけでなく、旨味を更に引き出すことができる具材ばかりなので、更に美味しいキムチ鍋に仕上がること間違いなし!

また、身近にある食材が多いのでいつものキムチ鍋をちょっと変えたい!そんな時は是非試してみてくださいね。

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事:  赤から鍋具材おすすめ10選!変わり種と余った時のアレンジ方法も紹介!