レシピ

チゲ鍋具材おすすめ10選!余った時のアレンジ方法も紹介!

チゲ鍋

ピリッとした辛さの中に魚介系の出汁が食欲をそそるチゲ鍋は、寒くなってくると食べたくなる鍋料理の定番の1つですよね!

チゲ鍋の具材は各ご家庭によって様々ですが、どんな具材がおすすめなのか?また、チゲ鍋が余ったらどのようにしたら美味しくたべることがきるのか?気になりますよね!

そこで今回はチゲ鍋具材おすすめ10選!余った時のアレンジ方法も紹介!と題してご紹介していきますので、是非参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク

ホタテ

ホタテ私のおすすめのチゲ鍋の具材は、ホタテです。チゲ鍋といえば牡蠣を入れるイメージですが、うちの旦那は牡蠣が苦手なので、代わりにホタテを入れています。

冷凍のホタテを使えば安いし調理も簡単ですし、子どもも牡蠣よりホタテの方が好きみたいで、取り合って食べています。ホタテは煮込みすぎると固くなって子どもが食べにくそうなので、あまり煮込み過ぎないように他の具材よりもあとから入れるようにしています。

ホタテは出汁がよく出るので、具材をある程度食べ終わった後に、〆にご飯とチーズを入れてリゾットにして食べるのがお気に入りです。

大根

大根おすすめのチゲ鍋の具材は大根です!煮えば煮るほどに大根がチゲの味を吸って染み込むからとても美味しくなります。食べるときの満足感はとてもあります。お腹も膨れます。

しかも次の日まで置いた大根は格別の味となります。切り方は染み込むように薄く切ってレンジであらかじめ熱をいれてから鍋へ入れます。

ポイントは、隠し味のお味噌を混ぜこむことです。スープにお味噌を加えるとコクが出てチゲと合います。お味噌汁にも入れている大根がここで活躍します。日本人はお味噌汁が好きですから、きっとほっこりするような味となるでしょう。

スポンサーリンク

カニカマ

カニカマ我が家のチゲ鍋の具材で人気な物は、カニカマです。後は鱈等の白身魚、ホタテや牡蠣の貝類、海老、イカ、タコなどですね、色々入れたいのでシーフードミックスがおすすめです。

野菜はダイコン、ニンジン、シメジ、ハクサイ等の定番物とトウフや厚揚げ、さつま揚げ、チクワ等の練り物、シラタキも合いますね。魚介類意外では、肉系にしたい時には、ブタバラ、鶏肉ダンゴ、カレー用のブタ肉なんかも良く合いますね。

此方もシャウエッセンは定番かな。我が家のシメはうどんを少しづつ食べた後で御飯を入れて雑炊にします。これも少しづつなら食べられてしまう位美味しいですよ。

スライス餅チゲ鍋といったら1番のおすすめ具材はトッポギが無くては始まらない!しかし、そんなに見かけないので食べられない・・・そこで我が家のおすすめ具材は餅です。餅を2パターン用意します。

ひとつは油揚げに入れて餅巾着にしたものと、薄くスライスした餅です餅巾着は、初めから好きなタイミングで鍋に入れる事で出汁もでて鍋の味となります。

巾着にすることで餅が溶けてしまうこともふげますし、一石二鳥となるわけです。また、スライスした餅はしゃぶしゃぶの様にして食べます。好みのお野菜を絡めても良いですし、そのまま餅だけでも全然いけちゃいます!

チーズ入り餅巾着

餅巾着私のおすすめのチゲ鍋の具材はチーズ入り餅巾着です。下準備が少し面倒ですが毎回入れています。

まず油揚げを熱湯で油抜きをして、半分に切って開きます。その中に、スーパーなどによくある市販の切り餅を半分に切って入れます。そしてミックスチーズやとろけるスライスチーズを油揚げが破れないように気を付けて入れ、口を爪楊枝で止めます。

あとはチゲ鍋に入れて煮込めば、お餅が柔らかくなってチーズが溶けて、チゲの辛さによく合って美味しいです。お餅は食べ応えがあるので、ごはんを食べずにお酒を飲んでいる時でもおなかいっぱいになります。

海老

海老チゲ鍋の具材にはやはりエビが入ると美味しいです。贅沢に感じますが、エビが入ることで他の海鮮を入れなくても残った野菜と豚肉などでとても美味しくなり見栄えも豪華になります。

エビはスーパーのものもよいですが、けっこう殻をとるのが面倒だったりしますが、コストコのたっぷりはいった冷凍のエビはとてもおすすめです。

コストコのエビは殻がとってあるので、軽く水洗いすればそのまま鍋へ入れて食べる時も殻をとる手間もかからないのでとても使いやすいです。このエビは鍋以外にも使えるので用意しておくとかなり便利だと思います。

きのこ

きのこ我が家のチゲ鍋の具材は大体きのこづくしで決まりです。しいたけ、えのき、しめじあたりを食べやすいサイズにカットして放り込みます。してチゲ鍋を作る時におすすめの具材はニラです。こいつを入れるだけでチゲ鍋感がぐっと up するのでおすすめです!

特に我が家は辛いのが苦手な人がいるので少し甘めに作るのでチゲ鍋っぼくない鍋になってしまいがちなんですが、ニラいれるとそれっぽいのでいれています。ちなみに辛いの好きな人は追いコチュジャンで辛さを調整します。

シメはうどんで辛さ控えめのチゲ鍋にはその程よい長さがうどんにぴったり。多めに入れて翌日の昼に食べるうどんは味がしっかり染み込んでこれまた美味しいです!

餃子(チルド)

餃子チゲ鍋の具材といえば、豚肉や魚介類がポピュラーだと思いますが、わが家ではチルド餃子を入れることがあります。チルド餃子の中でも、水餃子やスープ餃子として販売されているものがおすすめです。

特に、スープ餃子の場合はスープが付いているので、そのスープを使って味噌やコチュジャンなど好みの調味料を加えて味を整えれば、鍋つゆのようなものを買う必要もありません。餃子以外の具材は、白菜、ニラ、白ねぎか玉ねぎ、にんじん、きのこなどがよく合うと思います。

キムチを足すのもいいかもしれません。チルド餃子は10~12粒で150円程度で買うことができるので、お財布にもやさしい具材です。安価なわりに、手間をかけた感のある味になるのもうれしいです。

長芋

長芋チゲ鍋の具材でおすすめは長芋、理由はチゲ鍋の辛さを邪魔しないから。チゲ鍋を食べるのは辛さを求めているのですから、辛さを和らげる具材は好ましくありません。

辛いのが苦手な幼い子供がいる家庭は、牛乳を入れることで辛さを抑えることが出来、その場合でも長芋の旨味に悪影響は及ぼしません。

辛さを求めるチゲ鍋ですが、辛いものばかり食べていると辛さに慣れてしまい味は単調になりがち、イモ類は味を然程吸収しないのか箸休めで食べると他の具材を引き立てることになります。長芋の皮はピーラーで簡単に処理でき、大きめにカットすれば腹持ちも十分です。

まいたけ

まいたけ私のおすすめのチゲ鍋の具材は、まいたけです。鍋にきのこ類というのは鉄板だとは思うのですが、まいたけの場合、もともとの味があまりない上に、細くちぎることが出来るため、味が染み込みやすいきのこなのでおすすめです。

チゲ鍋に入れると、キムチやトウガラシの風味がじっくりと染み込んで美味しくいただくことが出来ます。鍋にいれて、すぐ食べるよりも、じっくりと味が染み込むのを待ってから食べるのがおすすめです。

翌日に持ち越しても、しなしなになりすぎることがないのが、まいたけのいいところでもあります。特に翌日に持ち越して、味の染み込んだおうどんなどと食べると絶品です。

まとめ

今回はチゲ鍋具材おすすめ10選!余った時のアレンジ方法も紹介!と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

海鮮の具材とよく合う印象のチゲ鍋ですが、野菜やきのこなど加える具材のバリエーションを変えたり、お餅やチーズを入れるなど食感の異なるものを入れるのもおすすめです。

寒い冬にピッタリのチゲ鍋に今回の記事を参考にして、おすすめの具材をチョイスしてみてくださいね!

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事:  もつ鍋の具材│変わり種10選と美味しく食べるためのポイントも紹介!