MENU
料理

親子丼に合うおかず10選!副菜・献立と簡単な作り方とレシピも紹介!

親子丼

親子丼は、手軽なの定番料理の1つとして食卓に登る機会が多いですよね!

でも、親子丼をメインにした時に、どんなおかずや副菜を合わせて献立を立てたらいいのか?悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、親子丼に合うおかず10選!副菜・献立と簡単な作り方とレシピも紹介!と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね☆

SponserdLink

人参とキャベツの甘辛炒め

野菜炒め私がおすすめする親子丼に合うおかずは「人参とキャベツの甘辛炒め」です。

まずはフライパンでカットした人参を柔らかくなるまで炒めます。人参にある程度火が通ったところでキャベツも投入し一緒に炒めていきます。キャベツがしなってきたら、醤油、ニンニク、酒、みりん、砂糖を混ぜ合わせて作ったソースを全体に絡めて完成です。次に親子丼に合う副菜は「トマトと卵の炒め物」です。

作り方は簡単、フライパンでトマトを熱し、そこへ溶いた卵を入れて一緒に火を通していきます。卵が完全に固まる前に、味噌を入れて味付けをしていきます。味噌とトマト、卵との相性が良く癖になる一品です。

じゃがいものチーズ焼き

じゃがいものガレット私がオススメする親子丼に合うおかずはじゃがいものチーズ焼きです。

親子丼の食感は柔らかいので、じゃがいものしゃきしゃき、ほっくりした歯ごたえがとてもよくあいます。作り方は簡単です。じゃがいもとベーコンを細く切り、バターを熱したフライパンで炒め、塩コショウで味をつけます。

その後、耐熱皿に移しかえ、チーズとパン粉をトッピングしてトースターで焼き上げます。次に私がオススメする親子丼に合う副菜はキャベツの塩昆布あえです。キャベツのしゃきしゃきした食感と昆布の塩気がとても親子丼に合うと思います。

生のキャベツを塩昆布であえてごま油と塩で整えるだけなのですが、春キャベツだと甘味が増してより一層美味しいです。

SponserdLink

野菜炒め

野菜炒め私がオススメする、親子丼に合うおかずは野菜炒めです。

親子丼にだけでは不足しがちな野菜を効率よく摂取することができますし、歯ごたえも親子丼の柔らかさとは異なり、楽しいのでオススメです。作り方は簡単です。

キャベツ、もやし、人参などをサラダ油で炒めて、塩コショウで味付けをするだけです。鶏ガラスープの素を入れることもあります。とても簡単にできます。次に、わたしがオススメする親子丼に合う副菜は松茸のお吸い物(市販)です。

とにかくさっぱりしていて美味しいです。余裕があれば刻んだ長ネギをトッピングすることもあります。

じゃが芋とそぼろあんかけ

そぼろあんかけ親子丼に合うおかずは、満腹感も得られて親子丼と一緒に食べても親子丼の味つけを邪魔しない、じゃが芋とそぼろあんかけです。

大人から子供まで喜ばれるメニューです。作り方は皮を向いて洗ったじゃがいもを下湯でし、軽くお出汁を入れて柔らかくなるまで煮ます。柔らかくなったら、そぼろを一緒に煮て、合わせ調味料で味をつけたあとに片栗粉でとろみをつけるだけです。

また、親子丼に合う副菜はさっぱりと食べられるきゅうりの酢の物です。丼は味がしっかりついてるので箸休めとしてあると良いです。きゅうりをお酢と砂糖で味付けして完成です。

切り干し大根とかいわれのサラダ

大根サラダ親子丼に合うおかず、切り干し大根とかいわれのサラダです。

親子丼に合う副菜としては、定食でもよくあるように豆腐とワカメの御味噌汁もいいです。切り干し大根とかいわれのサラダは、切り干し大根は水に戻してから、よく水を絞ります。

それから、適当な大きさに切って、あとはかいわれも同じくらいの大きさに切って、切り干し大根と合わせてゴマドレッシングなどと合わせます。

ゴマドレッシングもいいですが、マヨネーズで合えるだけでも十分に美味しいです。大根サラダとはまた違った美味しさがあって、親子丼ともよく合うと思います。

焼きナス/お吸い物

焼き茄子「親子丼に合うおかず」焼きナスがおすすめです。

茄子をフライパンで皮が焦げ付くまで焼いたら、やや冷まして皮をむき、
めんつゆをかけて、上にかつお節をふりかけます。

焼きナスの照り焼きも◎めんつゆではなく、酒おおさじ1、みりん大さじ1、砂糖大さじ1、しょうゆ大さじ1を合わせて一煮立ちさせたら、切っておいた焼きナスを入れて合わせます。

「親子丼に合う副菜」はお吸い物がおすすめです。
お椀に200ccのお湯ととろろ(お好みで)とお醤油大さじ1~2とネギを適量。
あれば、フを落としても良いです。

以上、家で作っている献立の一つです。

お浸し/ブロッコリーサラダ

ほうれん草のお浸し親子丼に合うおかずは、青菜ののお浸しが良いです。親子丼でけっこうコッテリしてしまってお口直しに一口食べるのもいいです。ナスのお浸しは作るのが簡単です。

ナスのヘタを切ります。青菜を一口サイズに切っていきます。沸騰したお湯にナスを入れて弱火で5分ほど煮込みます。ナスが柔らかくなるまで煮込みます。柔らかくなったら、ザルでお湯を捨てて醤油で味付けして完成です。

親子丼に合う副菜は、ブロッコリーサラダです。沸騰したお湯にブロッコリーを茹でて柔らかくなるまで茹でます。だいたい10分弱火でできます。お好みでドレッシングをかけて完成です。

長芋/サラダ

長芋サラダ親子丼に合うおかずは、長芋サラダがおすすめです。半月切りでかつお節をのせるだけで簡単に出来てしまいます。漬物も間違いない組み合わせ。

たくあんや、きゅうり、ナス漬けはどれも美味しく、親子丼のおかずにピッタリ。
調理せずそのまま食卓に添えられるので、忙しく準備ができないときにも漬物は重宝します。

親子丼に合う副菜なら、やっぱりサラダ。レタスをちぎって、きゅうり、水菜、トマトを添えて、あとはお好みのドレッシングをかけるだけ。サラダは彩りも鮮やかになるので、見た目にもいいですね。

わかめの味噌汁も添えれば、肉、卵、野菜、海藻が揃う栄養満点の食事になります。

コールスローサラダ

コールスロー親子丼に合うおかずは、コールスローサラダをお勧めします。

まず、キャベツをお好みの量、千切りにします。千切りにしたキャベツをザルにいれ、ボウルの中に塩少々と、水を入れておき、その中にザルごと浸けておきます。

しばらくして、少しキャベツがしんなりしてきたら水から揚げて、ボウルに移します。
そのボウルに、スイートコーンの缶詰の水気を取ったコーンを適量、そして玉ねぎの千切りをお好みの量入れて、混ぜておきます。

そこに塩胡椒少々、マヨネーズをボウル2、3周程度、お酢を少々入れて、全体を混ぜて味を整えたら出来上がりです。

盛り付けの際にプチトマトを2つに切ったものを添えると華やかさが増し、食卓が明るくなりますのでおススメです。親子丼に合う副菜として、ぜひお試しください。

里芋の煮物/春雨サラダ

里芋の煮物親子丼に合うおかずとして、里芋の煮物をおすすめします。

親子丼ばかり食べていると味に飽きが出てきそうです。里芋の煮物と親子丼は同じベースとしてお醤油を使っています。お互いの味が喧嘩することなく、別の風味があるので、食べていて飽きません。

また、お親子丼に合う副菜として春雨のサラダをお薦めします。ご飯ものの親子丼は若干カロリーが高いと思うので、春雨のサラダのような低カロリーな副菜と一緒に食べるのがいいと思います。

わかめなども一緒にいれて、ポン酢や大根おろしなどを入れて頂いたらさっぱりとしていいと思います。

まとめ

今回は親子丼に合うおかず10選!副菜・献立と簡単な作り方とレシピも紹介!と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

親子丼は意外にもどんなおかずとの相性もいいですが、やっぱり【料理ジャンル】のおかずや副菜と合わせと献立がまとまりやすいですよね。

親子丼を作る時のおかずに迷ったら、是非こちらの記事を参考にしてくださいね。

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!