MENU
食材

肉じゃがに合う副菜簡単10選!献立と簡単な作り方・レシピも紹介!

肉じゃが

じゃがいもとお肉、玉ねぎ・にんじん・しらたきなどをじっくり煮込んだ「肉じゃが」は、和食のの定番料理の1つとして食卓に登る機会が多いですよね!

でも、肉じゃがをメインにした時に、どんなおかずや副菜を合わせて献立を立てたらいいのか?悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、肉じゃがに合うおかず10選!副菜・献立と簡単な作り方・レシピも紹介!と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね☆

SponserdLink

焼き魚/大根の和風サラダ

焼き魚肉じゃがに合うおかずは「焼き魚」、副菜は「大根の和風サラダ」です。

「焼き魚」の作り方
①買ってきた魚の切り身に塩を振ります。
②グリルで様子を見ながら焼きます。

「大根の和風サラダ」の作り方
①大根の皮を剥き、千切りにしボウルに入れます。
②大根に塩を少々ふります。
③ブロッコリーを塩茹でします。
④ミニトマトのヘタをとり綺麗に洗います。
⑤ドレッシングをつくります。ボウルにごま油、すし酢、
しょうゆ、すりごまを入れてよく混ぜます。
⑥皿に水分を絞った大根、大根の上に鰹節をたっぷりとかけます。
⑦ブロッコリー、ミニトマトをのせます。
⑧食べる直前にドレッシングをかけて出来上がりです。

だし巻き卵/ほうれん草のお浸し

卵焼き我が家での肉じゃがに合うおかずは、メインが肉じゃがなので副菜を1、2品用意します。肉じゃがに人参と絹さやを入れて色合いもありますがされど肉じゃがは茶色の食べ物。副菜には明るい色合いを取り入れたいなと思って、だし巻き卵やほうれん草のおひたしを作って食卓に出します。

ほうれん草は茹でてかつおぶしかけるだけだし、卵に白だしを入れて作るだし巻き卵も難しくないので、苦ではないです。

あとは、汁物に豆腐やなめこのを入れたお味噌汁を作ります。1回の食事でなるべく食材がまんべんなく摂取できるようには心がけています。他には、細切りピーマンとツナの炒め物(塩コショウ)、冷奴(上にキムチのせで色合い効果)など簡単なおかずでかつ全体が茶色い料理にならないように意識してます。

SponserdLink

きのこと卵のしょうバター炒め/ほうれん草のおひたし

肉じゃがに合うおかずは、きのこと卵のしょうバター炒めがいいと思います。

作り方は、きのこをフライパンでバターを入れて炒め、しんなりして来たら適量の醤油を入れます。そこに溶いた卵も入れてスクランブルエッグのように卵をかき混ぜます。きのことバターが混ざったら塩コショウで味を整えて完成です。

肉じゃがに合う副菜は、ほうれん草のおひたしがいいと思います。作り方は、ほうれん草を軽く茹でてお湯を絞って適当ん大きさに切ります。お皿に盛り付けてめんつゆをかけてその上に鰹節を少し乗せます。醤油ではなくめんつゆをかけるのが美味しくて、肉じゃがの副菜にぴったりだと思います。

レタスとコーンとシーチキンのサラダ/長ネギとナメコの味噌汁

肉じゃがに合うおかず・副菜は「レタスとコーンとシーチキンのサラダ」がおすすめです。
作り方は、まず水で洗ったレタスを手でちぎって、コーン缶と水気を切ったシーチキン缶を開け、それぞれの材料をボールに入れて混ぜ合わせ、和風ドレッシングやお好きなドレッシングをして掛けて出来上がり。

「長ネギとナメコの味噌汁」の作り方は、まず鍋でお湯を沸いたら長ネギを1センチ位の斜め切りにして鍋に入れます。次にだしの素(粉末)を4グラム位入れて、軽く水で洗ったナメコを鍋に入れます。

1-2分したら一旦火を止めて、お味噌を溶き入れます。お味噌を入れ終えたらまた火をつけて、包丁で適度な大きさに切った豆腐を入れます。2分位温めたら出来上がりです。

塩昆布きゅうり和え/豆腐のお味噌汁

きゅうりの塩昆布和え肉じゃがに合うおかずは、
①塩昆布きゅうり和え:きゅうりを叩いて食べやすい大きさにし、ごま油や醤油を混ぜたものにきゅうりと塩昆布を入れ、混ぜ合わせ、お好みで白胡麻を加える。肉じゃがメインの時の副菜にぴったりで簡単に調理できます!

②豆腐のお味噌汁:日本食に欠かせないお味噌汁。肉じゃがとともに和の味を頂くのも良いですよね。肉じゃがに合わせるときは具はシンプルに豆腐やわかめなどを使用。食べ応えのある肉じゃがに優しくマッチするおいしさです。

③インゲン豆の胡麻和え:茹でたインゲン豆を食べやすい大きさにカットし、すりつぶした黒胡麻と醤油を混ぜ合わせたシンプルな一品です。肉じゃがメインの時の箸休めの一品でさっぱりと頂けます。

カラフルサラダ

豆のサラダみんなが好きな肉じゃがですが、単品ですと色が茶色系統で、地味な感じになりますので、赤や緑や黄色など、ビビッドな色を副菜にいれていくと映えるのではないかと思います。

パプリカや、水菜などをいれたサラダをいれると、見た目にも鮮やかですし、ドレッシングも工夫すると飽きがこないかと思います。市販ではなく、自宅でつくる場合の一番失敗しないドレッシングは、しょうゆとサラダオイルとオリーブオイルを1対1対1で混ぜ込んで、よく振って乳化させたものが何にでも会います。

同じ材料で、もやしとパプリカで炒め物をつかって、中華味などの調味料で味を調えるとあっというまにできる、肉じゃがに合うおかずとなります。

きゅうりとわかめの酢の物

酢の物肉じゃがに合うおかずは、きゅうりとわかめの酢の物です。肉じゃがの箸休めにもなる、ぴったりの副菜です。

作り方は、まずわかめの周りに付いている塩を水で洗い、水を入れたボウルの中にそのまま入れておき、パッケージの表記通りの時間わかめを戻しておきます。何も表記がなければ、触った感覚が柔らかく、きちんとふやけていれば大丈夫です。

きゅうりは両端のお尻を切り落とし、皮を2.3箇所ほどパーラーなどでむきます。
その後、包丁で輪切りにしていきます。ふやけたわかめを洗い、一口大に切り、きゅうりとわかめをボウルに入れたら、お酢、砂糖を満遍なくかけて混ぜたら出来上がりです。

なめたけとキュウリの和え物

なめたけおろしあまじょっぱくて優しい味の肉じゃがをごはんと一緒に食べるだけで、優しい気持ちになれますよね。そんな肉じゃがに合うおかずのおすすめは、なめたけとキュウリの和え物です。

ご飯との相性も良いですし、サッパリしているので箸休めとして食べるのも最高です。少ない材料で簡単に作れるので、重宝します。

まずキュウリは斜めに切ります。なめたけ10グラム、ごま油小さじ1、にんにくチューブ1センチ程度をキュウリと一緒にジップ付きの保存袋に一緒に入れます。キュウリが柔らかくなり味がしみ込んでくるまで冷蔵庫に置いたら、完成です。

カリッとしたキュウリの食感となめたけの塩気が、肉じゃがの良いアクセントになります。どの料理にも合う副菜です。

イカの塩辛/シーザーサラダ

イカの塩辛肉じゃがは甘いので肉じゃがに合うおかずとしては箸休めとしてしょっぱい物が良いと思います。個人的にはイカの塩辛や、シラス等が非常に良いです。イカの塩辛、シラス共にスーパーで売っているものを小鉢に入れるだけで良いので用意するのも簡単です。

副菜には味が濃すぎない物で、ごくごく普通のシーザーサラダ等で十分だと思います。こだわるなら、レタスは新鮮なものを使い、素材の味を楽しむ為にドレッシングではなく、あえてマヨネーズを少量かけて食べるのも良いと思います。

メインの肉じゃがを多めにして、サラダ、箸休めの料理を少なくすると食べやすくてより肉じゃがが際立ちます。

大根のお吸い物/ピーマンともやしの塩昆布和え

とろろ昆布のお吸い物肉じゃがに合うおかずは大根のなんちゃってお吸い物です。材料は大根、乾燥わかめ、きのこ(椎茸かえのき)、玉ねぎ、白だし、いりこだしの粉末です。

作り方はまず大根をいちょう切りにします。厚さは1cm~1cm5mmです。玉ねぎは厚さ1cmにきります。きのこは椎茸の場合薄く切りましょう。えのきは根のとこだけ切り一つ一つきりはなします。

鍋に水を入れます。いりこだしの粉末を一つ入れます。大根を先に入れます。水が沸騰してきたら玉ねぎときのこを入れます。大根と玉ねぎが白から透明になってきたら乾燥わかめを入れます。そして最後に白だしを入れます。濃口が好きな人は白だしを多めに入れてください。これは味を確認しながら調整してください。味が整ったら完成です。

肉じゃがに合う副菜はピーマンともやしの塩昆布和えです。材料はピーマン5個、もやし1袋の半分、塩昆布、白ごま、ゴマ油です。作り方はピーマンを薄く切ります。電子レンジで2分30秒温めます。もやしは鍋に水を入れ茹でます。もやしとピーマンの水気をきり塩昆布と混ぜます。ゴマ油をほんの少しだけ入れて白ごまをかければ完成です。

まとめ

今回は肉じゃがに合うおかず10選!副菜・献立と簡単な作り方・レシピも紹介!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

肉じゃがに合うおかずは、しっかりと食べたい時は焼き魚やだし巻き卵などを合わせ、ヘルシーな献立にしたい場合は、お浸しやサラダなどの野菜を使った副菜がおすすめです!

肉じゃがに合うおかず・副菜選びに迷った時は、是非今回の記事を参考にして下さいね。今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆