納豆が1週間賞味期限が切れている場合は食べられる?腐るとどうなるかも調査!

冷蔵庫の中から納豆の賞味期限が1週間切れているものを見つけた時、まだ食べられるのか?それとも、もう賞味期限が1週間過ぎているから食べるのはやめておくべきか?迷ってしまいますよね。

納豆はそもそも発酵食品だから、賞味期限が1週間切れていても食べられるはず!とは言え、賞味期限切れの納豆を食べて食中毒になるのも嫌ですもんね。

そこで今回は、納豆が1週間賞味期限が切れている場合は食べられる?腐るとどうなるかも調査してお伝えしていきます!
目次

納豆が1週間賞味期限切れているものは食べられる?

それでは早速ですが、納豆の賞味期限が1週間切れているものは食べられるのか?というと、賞味期限切れ1週間程度でしたら安心して食べることができますよ。

納豆のパッケージに記載されているのは賞味期限でして、この期間をすぎてもすぐに傷むことはないので食べることができますよ。保存方法によっても違ってきます。

賞味期限切れ1週間の納豆を食べてみて変な味がしたり、いつもと見た目が違ったり、変な匂いがしていなければ賞味期限きれ1ヶ月でも食べることができちゃいますよ!

食べれると言えば食べれるけど…

とは言え、納豆の賞味期限が1週間以上切れると、風味が落ちてきたり舌触りがジャリジャリしたりしてしまい、納豆そのものが良い状態でなくなってきます。

納豆は大豆に納豆菌を混ぜて発酵して作ってあります。賞味期限過ぎてもさらに発酵がすすんでいくので、表面に納豆に含まれているアミノ酸の結晶が出てきたりしてジャリジャリして食感が悪くなり、風味が落ちてしまうのです。

もちろん、先程お話した通り、アミノ酸の結晶ができてしまうので、味は不味くなっていると思います。

また、冷凍保存をしておいた納豆の場合は、賞味期限が切れていたとしても長くもち、味や風味がそんなに落ちることなく美味しく食べることができますよ。

ただ賞味期限が切れてからあまり長い間立った納豆を食べるときは、自己責任の元で食べてくださいね。

納豆の賞味期限切れはいつまでなら大丈夫?

納豆それでは、納豆は賞味期限が切れてからいつまで食べられるのかと言うと、冷蔵保存してあれば、納豆の賞味期限が切れても1週間から2週間、さらにもうちょっとおいておいても食べることができますよ。

最大2ヶ月納豆の賞味期限が切れたとしても食べることができ、体に悪影響を与えるということもないです。

納豆の賞味期限が1ヶ月、2ヶ月と切れていても食べられるのは納豆が発酵食品だから、ということもあります。

でも味は不味くなっていますし、なるべくなら賞味期限切れ10日以内に食べることをおすすめします。

なるべくなら賞味期限内に食べるのが◎

さきほどもご紹介したとおり、賞味期限が切れてもすぐに傷んだりするのではなく、味や風味が落ちるだけなので食べても問題はないです。

もともと納豆自体は製造されてから1週間から10日前後が賞味期限で、期間は短いのです。この賞味期限は切れると味や風味が落ちてまずくなっていきます。

このことからも、なるべくなら賞味期限内の美味しいうちに食べることをオススメします。

また、納豆は必ず冷蔵庫で保存しましょう。常温においておくと、さらに発酵がすすんで匂いがきつくなってくることがありますよ。

納豆は冷凍保存が◎

また、納豆は冷凍保存をしておくことも可能なので、沢山買ってすぐに食べないときは冷凍しておくことをオススメしますよ。

冷凍しておけば結構長く持ちます。数ヶ月でも大丈夫ですよ。賞味期限切れても1~2ヶ月は食べても大丈夫です。

もし、納豆を常温でおいておいた場合は2〜3週間たった頃にカビが生えてきてしまいますので、納豆は冷蔵庫か冷凍庫に入れて保存してくださいね。

納豆が腐るとどうなる?

納豆それでは、納豆が腐るとどうなるのでしょうか?え?納豆は元々発酵されているんだから腐らなんじゃないの?と思っている人もいるかもしれませんが、やはり納豆も腐るのです。

雑菌が入り込んでしまったり、発酵がうまくいってない時などは納豆も腐ってしまいます。

納豆からいつもとは違う異様な匂いがしたり、納豆の豆がドロドロに溶けていたり、カビが生えてきていたりしたら、これは間違いなく腐っているのでそのままゴミ箱へ捨ててください。

カビの部分を取り除いて食べるのもNG!

また、納豆の表面にカビが生えてしまっている場合、カビている部分だけ取り除いて食べようなんて思わないでください。

納豆が糸を引かなくなっている時も腐ってきています。納豆がぬるっとしていて水っぽい時も腐っています。ネバネバした感じがなくなってきている時もダメですよ。

賞味期限を超えてさらにおいておいたとき、発酵が進んで真っ黒になっていることもあったり、水分が抜けてしまって石のように固くなってたりすることもあります。

この状態は腐っている状態ではないので、食べれないものではないですが、そうなってしまったら捨てることをオススメします。硬い納豆を食べて歯が痛くなっても悲しいですしね。

まとめ

今回は納豆の賞味期限切れ1週間のものは食べられる?腐るとどうなるの??と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

賞味期限が切れた納豆もすぐに傷むことがないので食べることができますが、それは保存方法にもよっても変わってきます。

冷凍保存しておけば数ヶ月まで食べることができますが、賞味期限が切れた後はだんだん味も風味も落ちてきて不味くなってくるので、できれば賞味期限内の美味しいうちに食べましょうね。

また、あまりにも賞味期限が切れているときは、食べる前に傷んでいないかよーくチェックしてみてくださいね。ちょっとでもおかしいなぁとか変だなぁって思ったときは食べるのをやめてゴミ箱へ捨ててください。あとで後悔しないようにしてくださいね。

みなさんもなるべく賞味期限内の美味しいうちに食べて美味しい納豆を堪能してみてくださいね。今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる