牛乳を未開封で常温に置いた場合の日持ちは?加熱すれば使えるかも調査!

牛乳を買ってきたら必ず冷蔵庫に入れると思うのですが、片付けるのを忘れて飲んでから机に置きっぱなしにしてしまった経験ありませんか?

そんな時気になるのが、その後飲んでも大丈夫なのかどうかですよね。イメージ的には要冷蔵となっているので、常温で放置した場合は、もうダメかもと思うことでしょう。

私も飲むのをやめてそのまま処分した経験があります。特に暑い季節は怖いですよね。でも実際はどうなのでしょうか。

今回は、牛乳を未開封で常温保存した場合の日持ちはどれくらいなのか、加熱したら使っても大丈夫なのか徹底的に調査したいと思います。いざという時にやくにたちますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

牛乳を未開封で常温保存した場合の日持ちは?

牛乳の種類によっては常温で保存できる牛乳もあるのです。その事情を知らないとびっくりしてしまいます。常温で置いておいたら傷みそうって普通は思いませんか?

牛乳には色々な種類があって、どのように加工されているかによって変わってくるのです。

低温殺菌牛乳の場合

低温殺菌の牛乳の場合、常温で保存することができません。温度管理をしっかりしていないと、数時間であってもすぐに菌が増殖してしまうので注意が必要ですよ。

低温殺菌で作られている牛乳は、生乳そのものの風味を楽しむことができるのはとても良いのですが、63度から65度で30分しか加熱処理していないので、残念ながら細菌の1部が残っているのです。

だから常温で保存するとその菌が増えちゃう可能性があるのですよね。低温殺菌の牛乳は、10度以下の冷蔵庫で必ず保存してくださいね。

高温殺菌牛乳の場合

高温殺菌で作られている牛乳の場合は、多少常温保存で置いたとしても大丈夫です。飲めなくなることはありません。

高温殺菌といっても、2種類あって120度〜150度の温度で1秒から3秒加熱したものと、72度以上で15秒、火をとおしたものがあるのです。最初のものが、超高温殺菌で、後者のものが、高温殺菌の牛乳になるそうですよ。日本で販売されている牛乳のほとんどが超高温殺菌の牛乳なのです。

超高温殺菌された牛乳の方が、ほとんど菌が死滅してしまうので、保存期間も長くなるのです。

常温保存可能な牛乳

常温で置いても全く問題ない牛乳がロングライフ牛乳です。冷蔵庫に入れなくても大丈夫で、2ヶ月〜6ヶ月持つ牛乳です。名前の通りロングライフなのです。

常温保存ができるので非常用としてもやくにたつ牛乳ですよ。キャンプなどで持っていく時も便利です。直射日光の当たらない涼しい場所で保存しておくだけで良いのはとても便利ですよね。

牛乳は常温保存できるもの以外全て要冷蔵と書かれているのがほとんどです。高温殺菌牛乳を常温で置いた場合、6時間ぐらいまでなら大丈夫です。それ以上は危険ですよ。

ただし、30度を超えるお部屋とか夏場の暑いときはダメです。2時間ぐらいなら全然問題なく美味しく飲むことができます。でも、牛乳を置いている場所によって変わってきます。2時間置いても、すでに酸っぱい味がして腐ったということもあり得るので注意してくださいね。

直射日光が当たらない、涼しい場所に放置した場合のみ可能ということです。温度や環境によっては、菌が増えていて、ちょっと置いただけでもダメということもあるので気をつけてくださいね。

常温で置いた牛乳は加熱すれば使える?

マグカップに入った牛乳

常温で置いた環境にもよりますが、2時間ぐらいまでなら、加熱しなくてもそのまま飲んでも大丈夫ですよ。ただし、直射日光が当たらない涼しい場所で保存した場合のみです。

最大6時間ぐらいまでがギリギリなラインになっています。これ以上置いておくと、酸味が出てきたり、味が変になっていたり、菌が増えている可能性もあって危険です。

お部屋の温度が29度あって、の常温で12時間置いてしまった時、普通の細菌が100倍で大腸菌群が1万倍まで増えたという結果もあるのです。怖いですよね。

ただ、6時間以内であっても置いてある環境によってはすぐにダメになっている可能性もあるので注意が必要なのです。

常温で置いたものを加熱すれば飲めると思っていると間違うこともあります。使う前に必ず傷んでいないかチェックしてから温めるようにしてください。もし、変な味がしていたり、いつもと違うと感じることがあったら、処分しましょう。傷んでしまっている牛乳を加熱しても意味がありませんよ。

牛乳を未開封で常温に置いた時の匂いの変化

コップに入った牛乳

牛乳を未開封で常温に置いた時ってどのように匂いが変化するのでしょうか?どの場所に置いてあるかによりますが、基本常温で置いたとしても匂いに変化はありません。

ただ、傷んでくると酸っぱい匂いがしてくるのです。匂いに変化を感じたら、傷んできているということになるので注意してくださいね。

牛乳を未開封で常温に置いた時の味の変化

それでは、牛乳を未開封で常温に置いた場合の味の変化はどのように変わってくるのかというと、傷んで
いなければ常温で置いても変わりません。

ただし、傷んでくると苦味を感じるようになったり、牛乳自体がどろっとしてヨーグルトのように固まってきたり、白い粒々が出てきていたりしています。

そして、黄色になってきていたらアウトです。いつもと違う味を感じた時点で、傷んできているサインになります。その場合は処分してくださいね。

常温で置いてある環境によっても変わってきます。必ず飲む前に傷んでいないかチェックするようにしましょう。

まとめ

牛乳を未開封で常温保存した場合の日持ちは?加熱すれば使えるかも調査してご紹介してきました。

牛乳は低温殺菌、高温殺菌、超高温殺菌、常温保存可能な牛乳の4種類あるのです。高温殺菌以上なら常温保存でおいたとしても大丈夫です。ただし、おく環境によって傷み具合も左右されるので気をつけましょう。ギリギリのラインは6時間となっています。

加熱したら必ず飲めるというわけでもありません。傷んでいたら加熱してもダメですよ。低温殺菌の牛乳の場合、すぐにダメになってしまうので常温で放置してしまったのは飲まないほうが良いでしょう。もともと常温保存できる牛乳の場合は、問題ありません。

置く場所によって、季節によっても変わってきます。必ず飲む前に傷んでいないかよくチェックしてから飲むようにしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる