食材

マーガリンの賞味期限切れ半年~1年のものは食べられる?いつまでなら大丈夫?

マーガリン

朝食にパンを食べるときに必要なマーガリン。毎日食べることができれば、賞味期限内に食べることができますがご飯にしたりと朝食を変化させたりしていたら、なかなか食べきることができずに気づいたときにマーガリンの賞味期限が切れていた…そんなこともありますよね。

実際にマーガリンは賞味期限が切れた後も食べても大丈夫なものなのでしょうか?すぐに処分しなくてはいけないものなのか?気になる所ではないでしょうか。

そこで、今回はマーガリンの賞味期限切れ半年~1年のものは食べられる?いつまでなら大丈夫?と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね☆

SponserdLink

マーガリンの賞味期限切れ半年~1年のものは食べられる?

マーガリンマーガリンの賞味期限きれ半年から1年のものは食べても大丈夫なのかと言うと、マーガリンを開封しているか未開封なのかでも機嫌が変わってきます。

そもそも、マーガリンに記載されているのは賞味期限で消費期限ではないので、美味しく食べられる期間として賞味期限が設定されています。この期間は安全に食べられますよ。という意味なので賞味期限が切れてもすぐに傷んだりしないということです。

ただ、開封後は賞味期限に関係なく、なるべく早めにだいたい1ヶ月以内に食べきりましょうとメーカー側では安全性を考えて言っています。

マーガリンのような油脂類はすぐに腐ったり酸化したりしない性質を持っているのです。そして水分が非常に少ないので冷蔵庫で保管していたら、カビが生えたり腐ったりすることもなく保存自体はできる食品なのです。

賞味期限切れのものは食べる前に確認を!

また、半年〜1年もマーガリンの賞味期限が切れていて食べても大丈夫だった!という人もいますが、その場合食べるときは自己責任において食べてくださいね。

それだけ長くおいておいた場合は、食べる前に傷んでいないか、カビが生えていないかをよくチェックしてから食べるようにしましょう。開封されていれば空気に当たることも多いので確実に劣化していきます。それに味も美味しくなくなってくると思いますよ。

賞味期限が半年〜1年すぎたときは個人的には食べない方が良いと思いますが…食べるときはその人その人の考えのもとで食べてください。

ちょっとでも味がおかしいとか、においが変ということがあったら食べるのはやめましょうね。

マーガリンの賞味期限切れはいつまでなら食べられる?

マーガリンそれでは、マーガリンの賞味期限きれはいつまで食べても大丈夫なのかと言うと、賞味期限が切れていたとしてもすぐには傷んだりしないので食べ続けていても大丈夫です。でもだいたい1ヶ月以内には食べきることをオススメします。

未開封の場合で賞味期限が切れていた場合も同じく1ヶ月以内に食べきってしまってください。風味も落ちて味も美味しくなくなってくると思います。

また、開封しているものであれば酸化もしてくるので確実に味が落ちていきます。

食べ切れる量のマーガリンを購入することをオススメします。その方がいためることなく、そして捨てることなく全部食べることができますよ。

マーガリンの賞味期限は未開封のものでだいたい6ヶ月〜10ヶ月程度あります。普通賞味期限内に開封後は、2週間〜1ヶ月以内になるべく早めに食べきるほうが美味しく食べることができます。

SponserdLink

マーガリンが腐るとどうなる?

それでは、マーガリンが腐るとどうなるのかと言うと、油分なので「腐る」という形状には当てはまらず、酸化をして劣化という表現が一番正しいかもしれないですね。

まず、マーガリンの劣化の判断は、一番最初に見た目が重要です。カビが生えてきていないか、色が変色していないか。マーガリンの表面が黄色っぽくなってきていたら、酸化し始めていることになります。

酸化し始めているぐらいならちょっとぐらい食べても大丈夫です。でも酸化している部分を食べすぎない方が身体のためにも良いですよ。

ほかの色が出始めていたら、それは傷んでいることになるので絶対に食べないでくださいね。

一度溶けたマーガリンは要注意!

また、一度溶けちゃったマーガリンの場合は酸化もしやすくカビも生えやすくなりますので注意が必要です。

一箇所でもカビを見つけた場合、そこだけを取り除いて食べるなんてことはしてはいけませんよ。みえない部分や付いていないとこでもカビの根が広がっていることがあるので要注意です。

マーガリンは約30度になったときは溶けはじめてしまいます。溶けると乳化が崩れちゃって味や風味も落ちてしまいます。買ってきたらすぐに冷蔵庫へ入れるのを忘れないようにしましょう。

また、マーガリンは無臭なので変な匂いや酸っぱい臭いがしていたら要注意です。その場合も食べないでそのままゴミ箱へ捨ててくださいね。

まとめ

マーガリン今回はマーガリンの賞味期限切れ半年~1年のものは食べられる?いつまでなら大丈夫?と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

マーガリンは賞味期限が切れていたとしてもすぐに傷んだりしないので1ヶ月程度なら食べることが可能です。ただし、傷んでいないか変な臭いがしていないかなどちゃんと確認してから食べるようにしてくださいね。

一度溶けちゃったマーガリンはカビも生えやすく傷みやすいので注意が必要です。ちょっとでも異変を感じたら食べないで捨ててくださいね。食べ切れる量だけ買ってくることをオススメします。保存方法をしっかりして美味しくマーガリンを食べてくださいね。

余談ですがマーガリンにはトランス脂肪酸という発がん性や動脈硬化など人体へ悪影響を及ぼす成分が含まれているので海外では規制されている食べ物の1つです。なので、健康のことを考えたら、多少お値段が高いですがマーガリンよりはバターの方が良いですよ!

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆