ライフスタイル

年末年始2012-2020帰省する場合の過ごし方は?暇つぶし方法も!

焼き餅

もうすぐ今年も終わりですね。年末年始は休暇がある方がほとんどだと思いますが、ゆっくり実家に帰省するいう方も多いのではないでしょうか?

でも、年末年始ってお店も閉まっていたり、帰省しても意外と暇を持て余してしまいますよね。

そこで今回は10名の方にアンケートを取り、2019-2020年の年末年始に実家に帰省する場合の過ごし方と暇つぶし方法を聞いてみました!

リアルな意見なので是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

親戚への挨拶と、初詣と、初売り

2019年の年末年始の過ごし方は、実家に帰って親戚への挨拶と、初詣と、初売りに行きます。まず、実家に帰ったら泊まる部屋の片付けをします。家族で泊まりますが一年でほとんど帰らないのであまりきれいな状態ではありません。子供と大掃除をして布団をひいたり、ごみを捨てたりします。

次に、正月には親戚が本家に集まるので、そこでおせちを食べます。だいたい箱根駅伝を見ていますが、あまり好きではないので親戚の子とゲームをしていると思います。

初詣は近所にある神社に年越し前から行ったり、「笑ってはいけない」シリーズを見終わったら行きますが、今年が厄年なので、近場の厄除け祈祷をしてくれるお寺にでも行こうと思っています。

最後に少し遠出をして隣県のイオンに行って服やスイーツを買うのが恒例なので、今年もお金に余裕のある範囲で買おうと思ってます。

まずは、親戚周り

年末年始に実家に帰った場合の過ごし方ですが、まず帰省しましたら、親戚周りを行おうと思います。とくに、何年もあっていない親戚もして、体調を壊したと伺っていますので、挨拶にうかがいたいと思います。

また、ゆかりのあるお寺参りもしなければなりません。そのお寺は、山の上にあり、年末年始のころは相当雪深くなっているかもしれませんが、何年もお参りしていないので、新年を良い年にするためにも思入りしたいと思います。

後は、ゆく年くる年ですが、NHKを家族でみながら、2019年を振り返り、来年は、良い年になるように団らんしたいと思います。そして年が明ければ、初日の出に手を合わせ、近くの神社に初もうでに行きたいと思います。

スポンサーリンク

美味しい物を食べてだらだら過ごす

2019年の年末年始の実家での過ごし方は、毎年恒例の美味しい物を食べてだらだら過ごす事がメインです。年末から、お正月の準備を母や父と開始します。毎年同じような話をしながら、年末の買い出しや、家族とおせち作りをする事は楽しみの一つです。

数年前からは、この予定の中に餅つきという行事も加わりました。少量ですが、家にある道具を使って、みんなでワイワイ鏡餅作りをします。特に子供が作る事を喜んでくれるので、手間はかかりますが、つきたての餅を食べる機会も余りないので、幸せな気分になります。

大みそかは天ぷらをたっぷり食べ、そして、新年を迎え、妹の家族も合流して、元旦はすき焼きパーティです。家族みんなが揃う機会が少ないので、お正月は、心も身体も元気になれる大切な時間です。

おせち料理等を食べてゆっくり過ごす

いつもは、実家に住んでいたので当たり前に家族と過ごしていましたが、今回は結婚し子供も増えての実家で過ごす年末年始になります。旦那さんも東京から帰ってくるので、わたしの実家と相手の実家にお邪魔しておせち料理等を食べる予定にしています。

今まで当たり前に過ごしていた過ごし方とは全く異なりますが、2019年は特別なものになりそうです。

子供が出来たことによって、落ち着いて過ごせなくなるのはもちろん、家族の明るさは増えると思いますし、色んな新しいことが増えて、私の家族も旦那さんの家族も、もちろん私たち夫婦も新しい体験ができると思います!

それ以外は、後普通にテレビを見て少しだけでもゆっくり出来たらなと思います。

親戚たちとも楽しく過ごしたい

2019年の年末年始の過ごし方は、実家で過ごす予定です。私は結婚2年目で生後2ヶ月の赤ちゃんママです。主人も私も実家は同じ地域なので、日頃からよく帰省というか、気軽に足を運べる距離です。

去年は、私が仕事で夜勤をしていたので、お正月の期間でなかなか帰るタイミングがありませんでしたが、今は育休中のため実家に帰りゆっくりしようと思っています。実家では両親と2匹のワンコがいて、今回は赤ちゃんもいるので賑やかなお正月になりそうです。

大掃除は早めに終わらせようと思っております。また、年が明けたら親戚が集まると思うので、赤ちゃんをお披露目して、なかなか簡単に会うことのできない親戚たちとも楽しく過ごしたいです。

魚介系の美味しいものを食べる

去年の年末年始には実家に帰ることができなかったので2019年は実家に帰る予定で、1週間くらいこちらを実家で過ごそうと思っています。実家は田舎で海の近くなので魚介系の美味しいものを食べるのが今から楽しみです。

過ごし方はまだ決めていないのですが、いくつかしたいなと思っているのは友人と連絡を取り、今では滅多に会う機会がなくなってしまった人たちにもお互いの都合が合えば食事にでも行けたらと考えています。

また今年の年末年始はカレンダーにも恵まれており、1週間以上滞在することも可能なので色々なことができるかなと思っており、この機会ですし子供のころによく行っていた場所など再訪して見てどう変化しているか確かめたり、親戚の家にも久しぶりに行こうかなとも思っています。

お酒でも飲んで、ゆっくりしたい

去年2018年の年末は、サービス業に従事していたので、年末年始は仕事しており、そのため、実家に帰れませんでした。しかし、そんなサービス業も今年2月に退職し、現在個人事業主として働いていますので、今年2019年の年末年始は仕事における、しがらみはなく、実家に帰れる状況にはあります。

実家に帰るとなると、やはり地元の友人と会いたいところです。お互いの近況を報告しつつ、昔話に花を咲かせたいですね。

あとは、せっかくの年末年始ですから、買い物もしたいです。福袋に興味はありませんが、好きなブランドの初売りには興味はあります。

新年から自分の好きなものを買うなんて、良い一年が過ごせそうではありませんか。正直なところ、年末年始に休んできた経験がないので、良い過ごし方はよくわかりませんが、あとは実家でお酒でも飲んで、ゆっくりしたいと思います。

親せきの家にもあいさつ回り

2019年の年末年始の過ごし方は次の通りです。私は実家や親せきと同じ県内に住んでいるので年末は特に帰省せず、家で大掃除したり紅白歌合戦見たりと、年末は自分の家で過ごします。

年始は、まず1日に実家に帰省し、新年のあいさつ回りをします。そして親族が集まったところで、近くの神社に初詣に行き、施設にいる祖母のところに行き、顔を見せに行きます。実家では、祖父が作ったお餅やそばがあるので、テレビを見ながらみんなでお酒を飲んでご飯も食べて過ごします。

今回の年始は、結婚式を控えている親族がいるので、その話題で持ちきりになったり、お嫁さんも遊びに来るので、例年以上に盛りががると思います。また今年は行く予定はあるかまだ分かりませんが、実家近くに住む親せきの家にもあいさつ回りに行きます。

実家の大掃除を手伝う

12月30日に帰省する予定です。その際に毎年恒例となっているのは実家の大掃除を手伝うことです。母や姉と一緒に掃除をするのですが、男の自分は台所や浴室の換気扇だったり、2階の窓拭きだったりといった作業を任されることが多いです。

一通り掃除が終わった後は母がおせち料理を作るので買い出しに行き、31日は家族で年越しそばを味わう予定です。元旦は親戚が訪ねてくるので食事をする場所を用意したり、料理を運んだりなどおもてなしをします。

親戚が帰宅して片づけを終えた後、家族で初詣の参拝へと出かけます。その後は地元の友達に会ったり、ゆっくりとテレビを見たりなどするのが2019年年末年始に予定している実家での過ごし方です。

久しぶりに会う親戚と楽しく過ごす

2019年の年末年始の過ごし方は、両家の実家に帰ります。大晦日に主人の実家に帰り年を迎えます。今年の春に子供が産まれたので、義祖父母たちに顔を見せることが1番の楽しみでもあります。

元旦には近くの神社に初詣でに行きます。親戚たちも集まるので夜は宴会になります。2日は午前中に書き初め大会です。みんなで今年の目標を書きます。

昼からは毎年恒例の温泉旅行に行きます。主人の親戚が一同に集まり、1泊2日で泊まりに行きます。うちの子供が1番小さいですが、幼稚園児から小学生まで子供たちも沢山集まり、みんなで卓球大会をします。

簡単な景品も大人たちで用意します。夜は大人たちがお酒を飲んで宴会が始まります。久しぶりに会う親戚もいるので、募る話もあり、とても盛り上がります。

まとめ

今回は年末年始2012-2020帰省する場合の過ごし方は?暇つぶし方法も!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

年末年始に実家に帰省した場合は、ゆっくり過ごすことはもちろんですが、大掃除や親戚周りなど意外と忙しく過ごしているようですね!帰省した時にしか会えない友人や親戚と合うのも、とても有意義な時間になると思います。

2019-2020年の年末年始を楽しく過ごしてくださいね!

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事:  焼き鳥持ち帰り習志野市のおすすめ4店!美味しい・安い・早い人気店!