幼稚園

初詣の意味を幼稚園児に教える時はどう話す?話し方10例を紹介!

初詣

もうすぐ年末年始。年があけると初詣に行くのが日本の古き良き習慣となっていますが、幼稚園児に「初詣に行く意味って何?」と聞かれた時に、ちゃんと答えられなかった…そんな人も実は多いですよね。(私もそうでした)

そこで今回は10名のママさんにアンケートを取り、幼稚園児に初詣の意味を教える時の話し方を聞いてみました!

わかりやすい話し方が多いので、是非幼稚園児のお子さんに初詣の意味を話す時の参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

話し方その1

初詣の意味は、年を越して新しい年になったら、神社にお参りに行くことです。神殿を参拝したり、おみくじを引いてその年の運勢がどうなるのかを占うに行きます。

年始めの恒例の行事、儀式です。初詣の意味は、神社にいる神様にお祈りごとやお願いごとをするのではなく、新しくなった年に、自分が何をしたいのか、自分は何をどうやって頑張り、その願いを叶えるのかを神様に報告することです。

幼稚園児のお子さんに話すときは、もっと噛み砕いて話すと分かりやすいでしょう。例えば、新しい年になったから、神社にお参りに行って、神様に何をしたいのか、何を頑張りたいのかお話しに行こうね。などと言ってみたら、お子さんにも分かりやすいはずです。

話し方その2

初詣3-1初詣の意味とは、お寺や神社に新年のご挨拶に行くことです。神様に前の年をよく過ごせた事を感謝して、また「新しい一年もどうぞよろしくお願いします」とお祈りします。

一年の終わりから新しい始めにかけて、お仕事をしている人も、幼稚園児のお友達も年末年始のお休みに入りますね。そのお休みは、大掃除をして一年の汚れを取り払ったり、新しい年のご挨拶として年賀状を書いたりして過ごします。新年の準備をするんですね。

大晦日とは一年の最後の日のことです。大晦日には、除夜の鐘という「あれしたい、これしたい」という欲を倒す鐘の音を聞いて、前の年の良くないことを追い払います。

そして、お正月はぜひ初詣に行って「新しい一年を良くするぞ」とぴかぴかの気持ちですごしてくださいね。「明けましておめでとうございます」の言葉と共に、晴れやかに新年を迎えましょう。

スポンサーリンク

話し方その3

みんなは、初詣って聞いたことがありますか?12月31日に、家族みんなで年越しそばを食べたり紅白歌合戦を見たりしますね。紅白歌合戦が終わるとゴーンゴーンと鐘の音がして、108回鳴り終わるといよいよ新しい年の始まりです。

みんなは、除夜の鐘を聞く前に寝てしまっているかな?新しい年を迎えたら、神社やお寺に行って神様に手を合わせます。幼稚園児のみんなが初詣の意味を知っていたら、お父さんお母さんがびっくりするから覚えて帰ってね。

手を合わせながら、去年一年間元気に過ごせてありがとうございましたと心の中で言ってください。そして、新しい年も健康で平和に過ごせます様にとお願いしてください。神様は必ず聞いていますよ。

話し方その4

初詣5初詣はあたらしい年が良いものになるように、神社に住んでいる神様にお願いしにいく大切な行事です。幼稚園児からおじいさん・おばあさんまでたくさんの人が集まるこの行事ですが、集まった人はみんな新しい年に心をわくわくさせています。

そんな皆が神社に並んで手を合わせ、神様にお願いをするその意味は「こういう年になったらいいな」という自分の思いを自身と神様に伝え、それを聞いた神様に見守ってもらう為です。

もちろん希望を叶えるのは自分自身ですが、神様が背中を押してくれたらこれほど心強いものはありませんよね。

初詣の意味は、「今年の目標を神様と自身で決定する、とっても大切な行事」という事です。今年は友達をたくさん作りたい!などの大きな目標がある子は、是非初詣に行って神様にお願いをしてみてくださいね。

話し方その5

初詣初詣とはなんでしょうか?幼稚園児のみなさんにも分かるように言葉の意味を説明します。
幼稚園の冬休みの間に、12月が終わり1月になります。12月31日は大晦日といいます。この日が1年の最後の日。

次の日、1月1日はお正月です。この日から新しい年になります。新しい年になって、
「今年1年、幸せに楽しく過ごすことができますように。」と神社やお寺にお参りにいくことを初詣といいます。1月1日から3日までに行くことが多いです。

神社では、神様にお祈りをして、1番目に昨日まで元気に過ごせたことのお礼をいいます。そのあと、今日からも楽しく家族仲良く暮らせるようにお願いするのです。

神社にいなくても守ってもらえるように、お守りを買ったり、今年はどんな1年になるかな?とおみくじをひいたりする人も多いですよ。

話し方その6

初詣2初詣って言うのはね、一年の一番初めに神様にごあいさつに行くっていう意味なんだよ。

去年は、パパとかママとか家族みんなが元気に大きな怪我や風邪を引いたりしないで仲良く過ごせたでしょう、お友だちとも仲良く楽しく過ごせたよね、そんなふうに一年が無事に終わって神様にありがとうございますってあいさつをしに行くことなんだよ。

それから、また新しい一年が始まるから、神様によろしくお願いしますってごあいさつをするの。わかるかな?神社っていうところに神様がいるから、そこにパパやママと一緒にお参りに行くんだよ。
幼稚園児も保育園児ももっと大きなお兄ちゃんやおねいちゃんも、おじいちゃんやおばあちゃんも、いろいろなたくさんの人がお参りに行くんだよ。そのことを初詣って言うんだよ。

話し方その7

初詣幼稚園児に初詣の意味を聞かれたら、まずは「新しい年になって、神様に去年はありがとうございました。今年もよろしくお願いしますって挨拶することを言うんだよ」と伝えると思います。

実際に幼稚園児と一緒に行った際には、上記の他にも手の洗い方、鳥居のくぐりかた、お賽銭を入れる、お辞儀のしかた、手の叩きかた、お願いをする意味といったことも一緒に行いながら教えたいです。

初詣は年に1回しか行かないので、小さいうちから初詣は大切なお正月行事の1つだよとも説明したいと思います。大きくなっても神様への挨拶である初詣は毎年行かないといけないよ、とも教えたいです。また、日本独特の行事であることも教えてあげたいと思います。

話し方その8

初詣1初詣の意味を大人は説明するまでもなくわかっているでしょうし多くの人が経験していることでしょう。しかし幼稚園児となればその意味も分からずに行っているようなものであるでしょう。

私自身も幼い頃の経験で自ら記憶にある一番古い初詣というのは小学生に入ってからであり、あまり記憶にないのが現実であります。そういった幼稚園児のにも初詣の意味を分からせる為には、少々噛み砕いて説明しなければいけないでしょう。

毎日神様はあなたを見守っています。年が明けて一年の最初の日、またはそれに近い日に「今年も私を遠くから見守って下さいね。」という意味を込めて一年の初めにお願いをしに行くのが初詣だよ。

あなたが健康で良い子に育っているかきちんと空から神様は見ていて、あなたが危険な目に遭わないように空から見ていたりするのだよ。そう言った神様の苦労をお願いする意味を込めて一年の初めに今年も一年お願いします。ということで初詣をするのだよ。こういった説明ではいかがでしょうか。

話し方その9

初詣の意味を幼稚園児に分かりやすく伝えるとしたら、私なら次のように説明します。

お正月になると、家族みんなで「あけましておめでとうございます」って挨拶するでしょ?
おじいちゃんやおばあちゃん、近所の人にも「おめでとうございます」って挨拶するよね。
それと同じように、神様にも「あけましておめでとうございます」って挨拶をしに行くのが「初詣」なんだよ。

神様は「元気に遊んでいるかな?」「友だちと仲良くしているかな?」「ニコニコ楽しく過ごしているかな?」とみんなのことを見守ってくれているよね。

だから神社に行ってお祈りする時には、「去年一年間、みんな元気で楽しく過ごせました。ありがとうございます」「今年一年間も、みんなで仲良く過ごせるようにがんばりますので、見守っていてください。よろしくお願いします」っていう気持ちを神様に伝えるんだよ。

話し方その10

初詣「初詣」の意味は、新しい年になって最初に「今年もみんなが幸せでありますように。」って神様にお願いするために神社に参拝することです。

幼稚園児だと、「みんな」というより具体的に「家族やお友達が」という表現の方が納得して貰いやすいかもしれません。また、「幸せ」というのは大人でも漠然とした意味でしか理解していないでしょうし、個々に依るので一重にこれと言うようには言えないかもしれません。

そういう時は、「(旧年で)嫌だったことが、今年はなくなること」「できなかったことが、できるようになる」という言い方をすれば、具体的に想像して初詣の重要性を感じて貰えるのではないでしょうか。

また、「神社」「仏閣」には「神様、仏様」がいらっしゃって、みんなを毎日見守って下さっているのでそのお礼の意味でも足を運んで感謝の気持ちを伝えるんですよ。

まとめ

今回は初詣の意味を幼稚園児に教える時はどう話す?話し方10例を紹介!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

初詣の意味を10人のママに幼稚園児むけに紹介してもらいましたが、意外と大人でも知らなかったことがありますよね。(私だけ!?)

子供に日本の良き文化を伝えていくためにも、大人もしっかりと初詣の意味を理解しなくては!と感じさせられました。

お正月に初詣に行ったら、今回の記事を参考に幼稚園児のお子さんに意味を話してあげてくださいね!

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事:  保育園年中の習い事のおすすめは?送迎方法はどうする?両立できる?