幼稚園

幼稚園年少が泣く時の対処法!幼稚園へ楽しく通うための方法も!

待ちに待った幼稚園の入園。あんなに小さかった我が子も年少さんになり、一安心!と思ったのもつかの間、「幼稚園へ行きたくない」と泣くお子さんも多く、困ってしまいますよね。

特に年少さんになったばかりの4月は、今までいつも一緒だったママから離れるのがさみしくて泣く子が多く、後ろ髪を引かれる思いで送り出しているママも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、幼稚園年少のお子さんのいるママ10人に、幼稚園へ行くのを嫌がり泣く我が子への対処法などをインタビューしてみました。

リアルな意見なので、是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

なんとなく幼稚園に行かなきゃと思わせる対処法

幼稚園の年少あるあるは、園に行く時に泣いちゃう事です。バス通園だったうちの子をバスの時間までにニコニコで行かすようになるには1学期いっぱいかかりました。うちの子は、まず幼稚園に行くとママがいないから寂しいとよく泣くことが多かったです。

やたら、幼稚園楽しいね!元気に行こう!とテンションをあげすぎると子もそんな楽しそうなママと離れるの寂しいとなりがちなので、なんとなく幼稚園に行かなきゃと思わせる対処法が一番効果的でした。

幼稚園から帰ってきたら、幼稚園での楽しかった話を聞き、いいなぁ~ママも幼稚園行きたい!ママ家で掃除してるだけだよ!と幼稚園の方が楽しいというのを植え付けて、朝はさあ行こうぐらいで静かにバスに乗せると意外にすんなり泣かずに行けました。

・いつから泣くことがなくなりましたか?:4月初めからゴールデンウィーク過ぎたあたりまで

ちょっとずつ園舎に近づいて慣らす

私の子どもが幼稚園の年少の時、登園初日では泣くことはありませんでした。きっと、「すぐにお母さんが迎えに来てくれる」と思っていたからでしょう。

ところが、子どもの通っていた幼稚園では、年少初日は3時間、園で過ごすことになっていて、それが3歳の子どもにとってはとても長く感じたのか、次の日からは、幼稚園の門をくぐったあたりから泣きだしてしまい、なかなか園舎に入ることができませんでした。

「対処法」といえるかどうかは分かりませんが、私がとった方法は、まっすぐ園舎に向かうのではなく、園舎までの道のりにある花を一緒にながめたり、鳥小屋をながめたり、遊具をみて「楽しそうだね」と話したりしながら、ちょっとずつ園舎に近づいていきました。

園舎の入り口で担任の先生に「おはよう!」と声をかけられたときには、親にしがみついて泣きだしてしまいましたが、ここは先生にお任せした方が良いと思い、子どもを抱っこして先生に引き渡し、「楽しんできてね!」と声をかけて帰りました。

それから2~3日、園の門をくぐると泣きだし、園舎までの道のりで色々なものを見ながら進み、先生に引き渡すということを続けるうちに、子どもも園に慣れてきて、いつの間にか泣くことはなくなりました。

いつから泣くことがなくなりましたか?:幼稚園が始まって一週間が経った頃から

スポンサーリンク

幼稚園に行ってどんなことをするか楽しく話す

うちの子は泣かずに行けたのは初日だけ。あらゆる対処法を試しながら、試行錯誤すること約2か月。やっと泣かずに登園出来るようになりました。

年少さんが泣くのは、それまで毎日一緒にいたお母さんと離れるのが寂しいから、と聞きました。なので、まずは幼稚園は楽しいところ、お母さんも離れている間はお買い物やお掃除にをして、おうちのお仕事を頑張っていることを伝えました。

本人に「頑張ってね」という声はかけませんでしたが、園から配られた予定表を見ながら「今日はお弁当の後に、お外で遊ぶみたいだよ。◯◯ちゃんとブランコに乗ったり、すべり台で遊べるといいね。」「今日は折り紙でチューリップを作るんだって!何色の折り紙を使ったか、おうちに帰ってきたら教えてね。」など、幼稚園に行ってどんなことをするか、イメージしやすいように話しかけていました。

その他、名札の裏にお守り代わりに小さなシールを貼ったり、ラムネを舐めている間に幼稚園につくかな?とゲーム要素を取り入れたり、制服に着替える時に、お店屋さんごっこをしながら着替えさせたり、色々と工夫しました。

いつから泣くことがなくなりましたか?:2か月たった頃、代休でたまたま家にいた小学生の姉が「幼稚園、いいな~わたしも行きたいな」と呟いたのを聞いて、急に涙が引っ込みました。

幼稚園の先生にも協力してもらう

幼稚園の年少時に時々、泣くことがあり、いろいろ作をこうじたことがありました。対処法としては、幼稚園の先生にも協力してもらうのが良いです。

幼稚園に着いた時でママと離れたくない時は、ダラダラ側にいるのではなく、素早く幼稚園の先生にオモチャなどで気をそらしてもらいながら、幼稚園の中へ連れてってもらっている間に、ママは戻るみたいな感じです。

子供は、以外とすぐ泣きやみケロってしてるみたいです。あとは、ちゃんと ママは後で迎えに来るよ!って言い聞かせてあげ子供の不安を取り除くことが大事かもしれないですね。
ママが動揺すると子供にも伝わるので、安心させるのが一番かもですね。

あとは、どうして泣いてるのか、子供にも理由があるので、ちゃんと聞いてあげるのも良いですね。

いつから泣くことがなくなりましたか?:年少の後半ぐらいから。

先生に何か興味のあることに誘っていただく

幼稚園の年少組から年長組まで何回か泣くことがありました特に年少の頃は連休明けには毎回泣いていました。

対処法としては大好きな先生に来てもらい、何か興味のあることに誘っていただいたり、大好きなお友達がいたらなになにちゃん来てるよーなどと言ってななみちゃんのそばに行かせたりなど毎回毎回その場その場の雰囲気で臨機応変に対応していました。

ときには何度なだめても行こうとしない時もありましたが、そんなときには無理矢理先生に預けて泣きながら後ろ髪を引かれる思いで仕事に行くこともありました。

しかし今冷静になって考えてみると、子供はその場の雰囲気にとても流されやすいもので楽しそうと思うことがあればそちらに興味を示したりするものです。

ポジティブに話しかけるようにするのが○

幼稚園にバス通園で通っている年少の娘。はじめのうちはバスが楽しく少し緊張しながらも毎日嫌がらずに通っていました。ところが給食が始まると偏食気味の娘は「幼稚園に行きたくない」というようになりました。

しぶしぶと着替えたものの、バス停で「行きたくない」と泣く日もありました。そんな時の我が家の対処法としては、金曜日だったこともあり「今日行ったら明日はおやすみだよ」と励ました。とにかく「先生もお友達も待ってるよ」と優しく話しかけました。

バスが来るまで娘を抱っこして落ち着かせ、私は笑顔でいました。親が不安な顔をすると子供にも伝わり、子供も不安になってしまうと園長さんも言っていましたので、ポジティブにはなしかけるようにしました。あとはバスに乗ってきた先生にも励まされ、バスに乗って行きました。

いつから泣くことがなくなりましたか?最初に泣き始めてから1週間くらい

甘える時間を作ってあげる

次女が年少の頃、幼稚園に行きたくないと玄関でひっくり返って泣いたことがあります。何を言っても「行きたくない」の一点張りで親の声は全く聞いてくれませんでした。

近所のお友達が来てくれ「一緒に行こう」と話しかけてくれましたがそれでもダメ・・・。その日はたまたま私が仕事が休みだったため、対処法として次女と一日中外遊びをしました。

するとその日の夜、次女から「明日は幼稚園いく」と言ってくれました。よくよく考えてみると、あの頃は幼稚園に上がったばかりで小さいながらに色々とストレスを抱えていたのかもしれません。

結局「行きたくない」と駄々をこねて泣くのはその1度きりでした。子供は大人が思っている以上に繊細です。無理強いさせる必要は全くないですし、小さいうちはたくさん甘えさせてあげる時間をつくる必要があるのではないでしょうか。

ママがニコニコと送り出す

幼稚園我が家は12月頃から、幼稚園は楽しい場所であること、制作をしたり、歌を歌って踊ったりしてお友達と沢山沢山遊ぶ所なのよと少しずつ、どんな所なのか話してワクワクしてもらえる様にしていました。

しかし、それでも年少さんのころはいざ、私から離れるとなると大泣きしました。そんな泣く我が子の姿に私も苦しくなり、せつない気持ちになりました。どうしよう、休ませようかなんてよく考えました。

しかし、先生が私達に任せて!大丈夫!と背中を押してくれ、よし、まずは私がニコニコと送り出そうと決めました。いくら、ママがいいと泣いても、ゆっくりと話しかけ、大丈夫よたのしんでおいで、ママは待ってるから、と笑顔で気持ちを伝えました。

特にこういう対処法が絶対、ではなかったですが、今では楽しかったと話してくれます。

バイバイする時だけうまく気をそらさせるのが○

幼稚園年少で初めて幼稚園に通うことになってから長い間泣く時期が続きました。対処法としては、ママも頑張るからね!と言って励ましたり、本人が希望するものを一緒に登園させたりといろいろ試しましたがそのときどきで大丈夫だったり泣いて嫌がったりでした。

同じ幼稚園に叔母が勤めていたので、どうしても困った時には叔母のクラスに少し入れてもらい、その間にバイバイをして任せることも多々ありました。

一旦ママがいなくなると案外それなりに過ごしているようだったので、バイバイする時だけうまく気をそらせれば後は泣かずに過ごすことも多かったです。

本人の感情の浮き沈みで左右されていたので年中になっても泣く時期もあり長く続きました。

幼稚園の楽しいところを子供に話す

私の対処法は、とにかく心を鬼にして幼稚園に預けてしまっていました。幼稚園に言ってしまえば、先生たちがどうにかしてくれる!と完全に頼りきっていました。

あとは自宅で、なぜ泣くのか?を子ども本人に尋ねたりもしました。年少さんであれば、こちらの言葉もだいぶわかるので、何か嫌なことあるのかとか。そして、幼稚園の楽しいところを子供に話したりした事もありました。

うちの場合は、そんなに長期間で泣くのが続くことがなかったので、比較的楽だったと思います。ただ、泣くのが治まった!と思っても、風邪などで幼稚園をお休みすると次の登園時にはまた泣く…というのがありましたが、基本的には泣いてても後ろ髪をひかれる思いで、幼稚園に預けるというのを徹底していました。

まとめ

今回はと幼稚園年少さんが泣く時の対処法!幼稚園へ楽しく通うためには?てご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

幼稚園に入園したばかりの年少がんが泣くのは個人差がありますふぁ、入園直後~6月頃まで続くこともあるようです。

泣かれるとママはとてもつらいですが、これも子供の成長の1つなので、ここでご紹介した対処法を試しながら、幼稚園に慣れさせてあげるようにしてくださいね!

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事:  幼稚園年中習い事のおすすめは?時間帯・送迎方法・嫌がる時の対処法も!