健康と美容

塩麹の効能でダイエットする方法!手作り方法とレシピも紹介!

塩麹

少し前に、塩麹が身体に良いと各メディアに紹介された人気の調味料「塩麹」ですが、現在では一般的なスーパーでも目にするようになってきましたよね。

塩麹とは、米麹に塩を加えて発酵させた調味料です。麹菌はアミノ酸を発生させ、そこから甘みやうまみが生まれて食材を柔らかくしてくれます。

そんな塩麹の効能は、ダイエットに効果が期待でること、ご存知でしたか?塩麹はスーパーなどにも売られていますが、実は簡単に家庭でも作ることができます。

今回は塩麹の効能でダイエットする方法!手作り方法とレシピも紹介!と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね☆

スポンサーリンク

塩麹の効能でダイエットする方法とは?

塩麹健康に良い塩麹は、実はダイエットにも効能を発揮する!ということで、話題となっています。

塩麹に含まれる栄養がどうダイエットに効果があるのでしょうか?塩麹のダイエットに与える効果についてみていきましょう。

① 代謝をアップさせる。

「カリウム」が豊富に含まれている塩麹。人間には、体内に副甲状腺ホルモンがあるのですが、この副甲状腺ホルモンには脂肪を蓄えようとする働きがあります。

塩麹に含まれるカリウムは、この副甲状腺ホルモンの分泌を抑えてくれるんですよ。

さらに、脂肪を燃やしやすい体質へと改善してくれます。つまり、塩麹を取ることで代謝を上げる効果が期待できるというわけなんです。歳とともに、落ちていく代謝を上げてくれるのはとても嬉しい効果ですよね。

② 便秘解消

実は塩麹にも、乳酸菌が含まれているのをご存じですか?乳酸菌には整腸作用があり、便秘解消に効果があります。

「便秘解消=老廃物をため込まない」ということなので、塩麹がダイエットするために必要な体作りをサポートしてくれるということになります。

③ 満腹感を抑えられる。

麹はお腹の中で膨らんでくれるので、塩麹を食べることで満腹感を得ることができて食べすぎるのを防いでくれるんです。食べる量が減る=ダイエット効果を得られるということに繋がりますね!

④ 美肌効果

なんと、塩麹の効能で美肌にも効果にも期待できるそうなんです。麹菌が発酵する中で作られる「コウジ酸」。このコウジ酸が、メラニンの生成を抑える事がわかったのです。

メラニンは、日焼けやシミ、そばかすの原因です。メラニンを抑えてくれるコウジ酸が含まれるた塩麹は、積極的に取り入れていきたいですね。現在は、この麹の力に着目し、化粧品などに配合されています。

さらに、塩麹には肌の代謝に関わるビタミンB群を作るので、肌の再生する力を向上させてくれます。シミが気になる方も、内側からきれいになる力を高めるコウジ酸を取り入れてみてください。

⑤ 高血圧にも効く!

塩麹に含まれる「GABA」は、天然アミノ酸のひとつで、血圧を下げる効果があります。さらに「ペプチド」も含まれていて、GABAと共に血圧を下げてくれます。

いかがでしょうか。塩麹のパワーは、体を元気にするだけでなく、体の中からきれいにしてくれるんですね。

簡単に作れる!塩麹の手作りの方法

塩麹気になる効能がたくさん詰まった塩麹ですが、今ではよくスーパーにも置いていますよね。
使いやすい液体タイプなんていうのもあり、手に入りやすい調味料です。

しかし、市販の塩麹はほとんどが加熱されてつくられているものばかり。

実は、塩麹、加熱されてしまうと効果が半減するどころか、加熱しすぎてしまうとほとんど栄養が残らないということは、残念ながらあまり知られていないことかもしれませんね。

生塩麹が良いのですが、何度か大きなスーパーなども見てみたのですがなかなか置いていません。

そこで、おすすめなのが手作り塩麹なんです。私も作ったことがありますが、作ってしまうとコストパフォーマンスもいいですし、手間もかからず意外と簡単でした!

では、塩麹の3つの作り方をご紹介したいと思います。

今回は、発酵食品マニアのすえさやさん(happyparyo.com/1006)のレシピを抜粋させていただきました。

■材料
・乾燥米麹 100g(生塩麹でもOK)
・水 150cc(生塩麹の場合、100cc)
・塩 30g
用意するもの
・瓶
・スプーン
・ラップ
・つまようじ

出典:happyparyo.com/1006

手作り塩麹の作り方は、3パターンあります。

その1 常温で作る

① 瓶とスプーンを、熱湯か食品用アルコールで消毒します。
② 瓶に材料を入れ、スプーンで混ぜます。
③ 瓶にラップをかけ、つまようじで4~5か所穴をあけます。
④ 直射日光に当たらない所に置き、1日1回きれいなスプーンでかき混ぜます。
ラップはその都度変えてくださいね。
⑤ 夏場は1週間、冬場は2週間くらいで完成します。

常温で作る場合は、自然発酵でつくるので少々時間がかかってしまいますが、1日1回かき混ぜて後は放置でいいので比較的気軽にチャレンジできそうです。

その2 炊飯器を使う

手順① ~③はその1と同じです。
④60度のお湯(なべ底から小さい泡がでてるくらい)を、炊飯器に入れ③を入れます。
⑥ 炊飯器の保温機能スイッチをオンして、蓋をあけたまま6時間ほど放置します。
⑦ 米麹が指でつぶれたら完成です。

私はこの方法で作っていました。我が家の炊飯器は、7時間くらいでいい状態でしたので寝る前に仕込んで、朝起きたらできるようにしていました。

ただ、我が家が保温モードで7時間だったようにお持ちの炊飯器で保温温度が違うこともありますので、出来上がりにばらつきがあるかもしれません。

その3 ヨーグルトメーカーを使う

手順① ~③は、その1と同じです。

④ヨーグルトメーカーを55度6時間にセットします。③を入れ、タイマーがなれば完成です。

ヨーグルトメーカーは温度も設定できますし、失敗しらずです。しかし、持っていない方は初期投資がいるので、まずが炊飯器で試してみてからでもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

塩麹を使ったダイエットに効くレシピ

女性では、自分で作った塩麹を使ってダイエットに効く料理を作ってみましょう。

塩麹は食材を柔らかくする働きがあったりと調味料として使うのですが、先程、塩麹は加熱に弱いとご紹介しましたね。

そこで、加熱しなくてもOKなレシピといえばドレッシング!こちらをご紹介していきます。

塩麹ドレッシングのレシピ

■材料
・塩麹 大さじ1
・砂糖小さじ1弱
・レモン汁or酢 大さじ2
・黒コショウ 適量
・オリーブオイル 大さじ2

作り方は、とても簡単です。材料を全部よく混ぜ合わせて、完成です。

なんて簡単なんでしょうか。我が家はアレンジとして、玉ねぎをみじん切りにしたり、すりおろしたものと少々の醤油をこの材料と一緒に混ぜ、玉ねぎ塩麹ドレッシングを作りました。

ドレッシングにすると、サラダにはもちろん、温野菜や冷ややっこにちょこっとかけたりできて万能です。

その他のおすすめ塩麹レシピ

また、加熱してしまうので効果は半減してしまいますが、鮭などの魚を塩麹につけて焼くと醤油をつけずにおいしくいただけます。

また、お肉に塩麹を揉みこんで焼くというシンプルレシピもとても美味しいです。スーパーのお安いお肉でも大丈夫ですよ。不思議なくらい柔らかくて、食べやすくなるんです。

バーべーキューのお肉なんかに塩麹をちょっとつけておくと、さらにおいしくいただけるのでおすすめですよ。

一度、安売りの鶏肉を唐揚げにする際に塩麹もいれて、にんにく、しょうが、お酒、みりんを入れ醤油を少な目にし作ってみました。すると、ジューシーでおいしくて、小さかった子ども達でもぺろりと食べてしまいました。

ダイエット効果を上げたいのであれば、なるべく加熱をすることのないアレンジをして、少し料理をおいしくしたいのであれば加熱する料理にどんどん取り入れていけばいいかなと思います。

まとめ

塩麹今回は塩麹の効能でダイエットする方法!手作り方法とレシピも紹介!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

身体をきれいにしてくれる調味料、塩麹のダイエット効果についてや作り方、活用できるレシピをご紹介してきました。

ダイエット効果だけではなく、女性が気になるシミを予防してくれるという美肌効果も気になりますよね。普段の料理にちょっとひと手間、塩麹のパワーを生活に取り入れてみてくださいね。

スーパーなどでも市販の物が売られていますし、材料の米麹も気軽に手に入ります。より塩麹の効果を高めるためにも、ぜひご家庭で手作り塩麹を作ってみてください!

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事:  シナモンの効能で白髪予防!効果的な摂取方法と白髪のケアができるシャンプーも!