料理

牛丼に合うおかずと副菜10選!献立と簡単な作り方・レシピも紹介!

牛丼

日本人が大好きな和食の1つ、牛丼。外食チェーン店で手軽に食べることもできますが、家でも簡単に作ることが出来るため食卓に上がる頻度も多いですよね。

でも、牛丼だけだとちょっと寂しい…牛丼に合うおかずや、ちょっとつまめる副菜が欲しいけど何が合うのかわからない。そんなお悩みもありますよね。

そこで今回は、牛丼に合うおかずと副菜10選!献立と簡単な作り方・レシピも紹介!と題してご紹介していくので牛丼の献立つくりの参考にしてくださいね☆

SponserdLink

具だくさんの豚汁

豚汁牛丼に合うおかず、副菜には、具沢山の豚汁です。

味噌汁の具は、大根、人参、しめじ、しいたけ、豆腐、油揚げ、生姜みじん切り、ほんだしを入れて火を通して、味噌を溶き入れてから、青ネギを散らします。大根、人参は拍子木切り、しめじは石づきを取り、ざっくりと小分けにします。

しいたけも石づきを取り、幅5ミリほど薄切り、油揚げも半分に切ってから、拍子木切りにし、豆腐は一口大に手でちぎって入れると味がしみておいしいです。

味噌はお好きな味噌で大丈夫です。お好みで七味唐辛子を入れます。一品でたくさん栄養が取れるので、おすすめです。

レンコンとひじきの春雨サラダ/とろろ味味噌玉

春雨サラダ牛丼は甘目が好きですか?それともしっかり味?我が家の牛丼はしっかり味です。本日はしっかり味の牛丼に合うおかずと副菜を紹介します。

おかず:レンコンとひじきの春雨サラダ
副菜 :簡単とろろ味噌玉

レンコンとひじきの春雨サラダ
■材料
レンコン、ひじき、春雨 好きなだけ
A(醤油・酢・砂糖・ごま油:大1.5、鶏がらスープの素:小1

1レンコンはいちょう切りにして酢水につけておく。春雨はぬるま湯につけて戻しておく。
2ひじきとレンコンをそれぞれさっと湯がいて水気を切る。もどした春雨は食べやすい大きさにカットする。
3Aをボールで混ぜ合わせ、水気を切ったレンコン・ひじき・春雨を入れて混ぜる。
4冷蔵庫で少し寝かせたら完成。

ポイント:しっかりと水気を切ること。

簡単とろろ味噌玉
■材料
味噌大1/2
乾燥わかめ、ゴマ、ネギ、とろろ 好きなだけ

茶碗に材料を入れてお湯を注ぐだけ。

どうしても牛丼がメインとなると野菜不足になりがちなので、食物繊維が豊富なレンコンととろろ、鉄分がしっかりとれるひじきを合わせてみました。また、味噌玉はだしを入れなくても味噌本来の味が優しくてとってもおいしく仕上がります。

SponserdLink

豆腐の味噌汁と、コールスローサラダ

コールスロー牛丼に合うおかずと副菜は、豆腐の味噌汁と、コールスローサラダだと思います。

豆腐の味噌汁は、お豆腐を小さめに切り、いつも通りだしをとって味噌をとき入れると簡単にできます。ネギをたっぷり投入して完成です。たまにこれにプラスあげを入れたりもしています。白菜のお味噌汁を作るときもありますが、こちらもよく合うのでおいしいです。

コールスローサラダも、すごく簡単にできるメニューです。

キャベツを小さめにざく切りして、砂糖、塩、酢、マヨネーズをいれて最後にコーンとハムを切って入れて混ぜ合わせます。子供でも食べやすくて大好きな味なのでオススメですよ。

だし巻き卵と、豆腐サラダ

卵焼き牛丼に合うおかずでは、メインにだし巻き卵、卵に出しを入れやんわりと巻いていくと出来上がりです。なすの煮びたし、ナスを揚げ、甘辛いつゆのおだしをかけます。最後にねぎミョウガをのせ、海苔をつけます。

副菜には、豆腐サラダがおすすめです。レタスにキュウリ、人参千切りに、大根おろしを山盛りに、おろしポン酢ドレッシングと豆腐をのせます。フライされたじゃことごまやねぎをかけて出来上がりです。

温泉卵も牛丼には欠かせませんよね。玉子を保温40度の中で20分程度いれておきつゆをかけて出来上がり。デザートではみかんやパインアップルなどのフルーツをおいて頂くとより華やかになると思います。

もやしのナムル

もやしのナムル牛丼に合う!かんたん副菜・もやしのナムルの作り方をご紹介します。

材料:もやしはスーパーに売ってる袋に入って20円以下で買えるものです。ヒゲのないもの。一袋。ごま油、塩。

もやしを洗ったあとに、手で適当に握って潰します。包丁を使うのが手間なので時短になりますよ。

その後、耐熱のボウルに塩をひとつまみ、ふたつまみお好みでふり、ボウルにラップをして、500wで3分程度レンジでチン。その後ラップをはがします。この時、蒸気が熱いので気をつけてください。

粗熱が取れたら、ごま油をお好みでかけて全体にまわるように混ぜます。あとは盛り付けるだけで済むのでとってもカンタンにできちゃいます。忙しい時にかんたんにできるおかずとしてもおすすめです。

小松菜のおひたし

ほうれん草のお浸し牛丼に合うなら、「小松菜のお浸し」はいかがでしょうか。ちょっと足しで違う味にもできて、簡単にできて便利な副菜の一つです。

作り方は、小松菜を3~4センチに切り、千切りにした人参と一緒に一つまみの塩を入れた沸騰したお湯で綺麗な緑色になるように茹でます。

茹で上がったら熱いうちに、お好みの麺つゆを入れた容器に小松菜と人参を入れ、混ぜたら出来上りです。ゴマをかけても良いですよ。

ちょい足しでおろししょうがを麺つゆにといてもサッパリとしたおかずになります。季節がら柚子の皮の千切りや皮の擂りおろしも香りがよくて美味しくいただけると思います。

かぼちゃの煮付と、ナムル

かぼちゃの煮つけ牛丼に合うおかずは、かぼちゃの煮付、副菜はもやし・人参・ほうれん草の3色ナムルです。

かぼちゃの煮付けは、皮をつけたまま角切りに切って浸るくらいの水を入れて煮込みます。グツグツとしてきたら、醤油、みりん、酒、砂糖を入れて味をつけます。甘くしたい場合は、砂糖を多めに。落し蓋をして、柔らかくなるまで煮込みます。十分に柔らかくなったら、味を染み込ませるため放置で!

3色ナムルは、モヤシとほうれん草をそれぞれ茹でます。お湯を沸騰させたり茹でている最中に、千切りに人参を切ります。時短のため、人参はふんわり水とラップをかけて、8分間くらいレンジへGO。

茹で上がった3つの野菜をすべてボウルへ入れたら、鶏ガラのもと、塩こしょう、軽く醤油、白ごまで味付けをして完成です♪

小松菜のツナ和え

小松菜ツナ牛丼に合うおかず・副菜は、小松菜のツナ和えです。

小松菜を茹でて冷水にとり適当な長さに切ったら、缶汁をきったツナと和え、麺つゆで味をつけゴマをふって出来上がりです。さっぱりとしていてツナの旨みも加わるので満足感もあり箸が進みます。

それから、ちくわときゅうりのゆかり和えも合うと思います。きゅうりは薄切りにして塩揉みし、水気を絞っておきます。ちくわは薄く輪切りにしておきます。ふたつを合わせて混ぜ、ゆかりで和えます。

味を見てしょうゆや酢、砂糖を少し加えて整えます。こちらも食感のバランスがよくさっぱりとしているので良いです。

ほうれん草のお浸し/豆腐とわかめの味噌汁

ほうれん草の白あえ牛丼に合うおかずとしては「ほうれん草、または小松菜ののおひたし」がおすすめです。

作り方:ほうれん草をゆでて、水気を絞る。ほうれん草を数センチ幅に切る。出し醤油をかけ、かつお節をかけたらできあがり。「小松菜の煮びたし」の作り方は、小松菜と刻んだ油揚げを出し醤油で煮たらできあがり。

牛丼に合う副菜としては、「豆腐とわかめのお味噌汁」がおすすめです。

作り方は、沸騰させた出汁にさいの目に切った豆腐と乾燥わかめを入れてさっと煮る。その後、味噌を適量溶き入れる。小口切りにしたネギを入れてできあがり。

なめこの味噌汁の場合は、沸騰させた出汁になめことさいの目に切った豆腐を入れてさっと煮る。その後、味噌を適量入れる。小口切りにしたネギを入れてできあがりです。

まとめ

今回は牛丼に合うおかずと副菜10選!献立と簡単な作り方・レシピも紹介!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

しっかりとした味付けでボリューミーな牛丼に合うおかずとしては、さっぱりと食べれるサラダ+豚汁などの汁物が定番ですよね!また、和食ということでお浸しや和え物もよく合いますよ。

牛丼のおかず・副菜に悩んだ時は、是非献立つくりの参考にして下さいね。今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆