レシピ

鯖の味噌煮に合うおかずレシピ10選│献立・付け合わせの簡単な作り方も!

鯖の味噌煮

和食の定番!あぶらの乗った美味しい鯖を生姜風味の味噌だれで煮込んだ「鯖の味噌煮」はほっこりとした美味しさで幅広い年代から好まれる料理の1つですよね。

そんな鯖の味噌煮をメインとした時に、1品だけだと寂しいけど、鯖の味噌煮に合うおかず、付け合わせは何を作ったらいいんだろう?と献立作りに悩んでいませんか?

今回は、料理が得意な主婦10名に鯖の味噌煮に合うおかず、付け合わせを考えて献立を作ってレシピを教えていただきました。

家庭でできる簡単な料理ばかりですので、鯖の味噌煮に合うおかず・献立に迷った時は是非参考にしてくださいね。

1:鯖の味噌煮+お浸し+味噌汁の献立

 

この投稿をInstagramで見る

 

食べもののきろく 🐻 Chiba 🐶 25歳さん(@abbbear)がシェアした投稿


鯖の味噌煮の付け合わせには、あっさりした味のおかずが良いでしょう、鯖の味噌煮は濃い目のはっきりした味付けの味付けの主菜です。メインがしっかりした味付けなので、あっさりした味付けの副菜と組み合わせると献立全体のバランスがよくなります。

例えば、青菜のおひたしを薄めの味付けで作ると良いかもしれせん。青菜はホウレンソウ、小松菜、青梗菜などの中から季節のものを選べばよいと思います。色どりも緑で美しく、ビタミンも摂れるので栄養のバランスが良くなります。

食感もしゃきしゃきしていて、メインの鯖の味噌煮のちょうどよいアクセントになります。そしてごはんとみそ汁を合わせれば、食欲をそそる栄養バランスの良い献立の完成です。

簡単な作り方

青菜のおひたしの作り方を紹介します。ここでは、例としてホウレンソウのおひたしを取り上げます。青菜は青梗菜や小松菜など、旬の野菜を用いれば良いでしょう。

まず、ホウレンソウをよく洗います。根元に土がたまりやすいので丁寧に洗います。鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩を少々入れます。沸騰したらホウレンソウを入れ、1分ほど茹でます。

茹で上がったら水にとり、アクを抜きます。ホウレンソウの水けをしぼり、適当な大きさに切ります。だし汁大さじ1、みりん大さじ1、しょうゆ小さじ1のたれをつくり、ホウレンソウをひたします。これで簡単なホウレンソウのおひたしの完成です。

付け合わせとして若干薄めの味付けにしていますので、好みに応じて調整してみて下さいね。

2:鯖の味噌煮+だし巻き卵+味噌汁の献立

 

この投稿をInstagramで見る

 

yosieさん(@yosieokayama)がシェアした投稿


私は鯖の味噌煮に一番合うおかずはだし巻きたまごだと考えています。味付けはお好みで良いと思いますが、おすすめといたしましては甘みを抑えた味付けがベストだと思います。

そうすることで、食感、味付けともに対照的な2つのおかずを楽しめると思います。また、付け合わせにほうれん草のおひたしを利用することで栄養、色合い共に完璧になると思われます。

これらすべてのおかずを利用したオススメの献立として、ごはん(これは白米背も玄米でもどちらでも可)、味噌汁(オススメの具は①豆腐とわかめ、②なめこ、③ジャガイモとわかめのどれか)、サバの味噌煮、だし巻きたまご、ほうれん草のおひたし、冷奴などはどうでしょうか?

また、栄養の面を考えると、海鮮サラダなどをつけてもいいかもしれませんね。

簡単な作り方

それでは、簡単になりますが作り方の方を紹介させていただいます。まずだし巻き卵ですが、たまごは女性なら2個、男性なら3個ほど用意しましょう。

たまごをボウルに割り入れかき混ぜます。その際、白だしをお好みの量(なるべく少ない方が良いので、たまご2個につき小さじ1杯ほどでいいかも入れません。)ボウルへと入れてください。

あとは、焼くだけで完成です。フライパンは卵焼き用のものを持っているならそれを、ないならふつうのもので大丈夫です。

ほうれんそのおひたしは、ほうれん草を鍋に入れて1〜2分茹でてから取り出し、食べやすい大きさに切り分けます。それが終わったら小皿に盛り付け、鰹節、しょう油、(他には菜の花など)をかけて完成です。

どれも簡単な家庭料理ですが、鯖の味噌煮に合うおかずですので、是非作ってみてくださいね!

3:鯖の味噌煮+しじみのすまし汁+酢の物の献立

 

この投稿をInstagramで見る

 

haruさん(@halgohan)がシェアした投稿


鯖の味噌煮似合う献立を考えた時、真っ先に気をつけなければいけないのが味のバランスです。

白いご飯が進む味ということは、味付けが濃いめで油分が多く含まれているということですので、付け合わせにはさっぱりとしたもの、その他のおかずも味の主張が強すぎない・味が被らないことが良いと思われます。

メイン、汁物、副菜2つ、ごはんを基本に考えると、味噌煮で味噌を使っているので味噌汁ではなく「しじみのすまし汁」、副菜1つ目は酸味があってお口がすっきりとする「きゅうりとわかめの酢の物」

副菜2つ目はお出汁の味をしっかりと効かせてあっさり仕上げた「白菜と油揚げの炊いたん」、ご飯はぜひ味付けせず白いご飯でいただきたいですね。

簡単な作り方

「きゅうりとわかめの酢の物」「しじみのすまし汁」「白菜と油揚げの炊いたん」の献立の簡単な作り方を紹介します。

<わかめの酢の物>
まずわかめを用意します。乾燥わかめなら水で戻しておきます。きゅうりはヘタと表面のイボを取り、スライサーか包丁で薄い輪切りにし、軽く塩もみしてしぼっておきます。戻したわかめと合わせて砂糖を控えめにした三杯酢と合わせて完成です。

<しじみのすまし汁>
水に顆粒だしの素を適量入れ、しじみを入れて火にかけます。白く濁りしじみが開いたら火を止めて余熱でしじみに火を通します。味見をして塩見が足りなければ塩を足し完成です。

<白菜と油揚げの炊いたん>
白菜1/4程度をざっくりと切り、熱湯にくぐらせ油切りした油揚げを食べやすい大きさにカットします。見た目にこだわらなければ手でちぎっても味がしみて美味しくなります。鍋にだし汁を用意して、油揚げ、白菜の順に鍋に入れます。酒、みりん、醤油を入れ白菜が柔らかくなるまで煮ます。

鯖の味噌煮と合うおかずにするためには、味が濃くなりすぎないよう醤油は控えめにしてくださいね。

4:鯖の味噌煮+ほうれん草と炒り卵のミモザサラダ風の献立

 

この投稿をInstagramで見る

 

チャコさん(@sokko0303)がシェアした投稿


鯖の味噌煮に合うおかず・付け合わせとして「ほうれん草と炒り卵のミモザサラダ風」、「キャベツ入り厚揚げの具沢山味噌汁」をおすすめします。

鯖味噌のおいしい汁を余すところなく楽しむために冷ややっこを追加してもいいですね。

また主食として「鶏とひじきの炊き込みご飯」を加え、味の濃い鯖の味噌煮と一緒に食べてもくどくならないような献立に仕上げます。

具沢山の味噌汁で野菜もたくさんとれますし、塩分を控えめの人にもおすすめの献立です。リンゴなどの果物をデザートとして用意すると
さらにバランスが取れます。コロッケなどの揚げ物を追加すると子供や若い人にもボリューム満点の献立となります。

ミモザサラダは好きなドレッシングであえてもいいですし、塩コショウとしょうゆで少し下味をつけてそのまま食べてもおいしいと思います。

簡単な作り方

ほうれん草と炒り卵のミモザサラダの簡単な作り方
1.ほうれん草をゆでて水を切った後、2センチほどの長さに切り、炒り卵とあえる
2.塩と胡椒、しょうゆで薄く味を付け、食べるときに好きなドレッシングをかける。

キャベツ入り厚揚げの具沢山味噌汁の簡単な作り方
1.キャベツ、厚揚げを一口大に切り、ニンジンと玉ねぎを細切りにする。
2.人参と玉ねぎを出汁で煮込み、柔らかくなってきたらキャベツと厚揚げを入れて煮る。
3.味噌を入れて、アサツキを添えて完成

鶏とひじきの炊きこみごはんの簡単な作り方
1.ひじきを水で戻し1~2センチほどに切る。
2.鶏モモ肉を小さめに切る。
3.研いだ米にだし汁、もも肉、ひじきをいれ、普通炊飯或いはおこわ炊飯する。
4.炊き上がったらすぐに混ぜて完成。

どの料理も手間がかからず簡単に美味しく作ることができるので、鯖の味噌煮がメインの日は作ってみてくださいね。

5:鯖の味噌煮+肉豆腐+大根の煮物の献立

 

この投稿をInstagramで見る

 

kotono.さん(@koto_to2)がシェアした投稿


鯖の味噌煮はこってりとしていて味が濃いので、バランスを考えていつもさっぱりなおかずと付け合わせを作るように献立を考えています。

よく作るおかずは豆腐料理(肉豆腐)と大根の煮物です。豆腐料理を作るときもありますが、冷奴にする時もあります。冷奴は鯖の味噌煮缶と玉ねぎのスライスを乗せてもよく食べるので、冷奴と鯖の味噌煮は間違いなく相性が良いと勝手に思っています。

大根はふろふき大根風になるように、鯖の味噌煮の味噌を多めに作って同じ皿の上に乗せてしまいます。大根はゆでる時もあれば、焼いても大丈夫です。和食の時の付け合わせには、やはり漬物があうので箸休めにもなる漬物は野菜や味を変えてよく作ります。

鯖の味噌煮はこってりな味付けなのでお酢が効いた漬物はよく合います。

簡単な作り方

冷奴は定番のねぎと生姜。鯖の味噌煮のこってりさがあるので、冷奴には余計な手は加えません。肉豆腐の作り方は、豚肉と豆腐を醤油、酒、みりん、砂糖で調味し煮る。最後に溶いたたまごを流しいれて完成。

大根料理の作り方は、大根を太めの輪切りにして隠し包丁を入れて白だしで煮る。もしくはレンジでチンして柔らかくしてから軽く醤油を垂らして焼き目をつける。それを鯖の味噌煮と一緒の大き目のお皿に添えてしまいます。

鯖の味噌煮の味噌は意外とお皿の上に残ってしまいもったいないんですが、ふろふき大根風に食べればお皿が綺麗になるまで完食してもらえるので我が家の定番になりました。

鯖の味噌煮が時間がかかる料理なので、他の定番おかずはどれもとても簡単で手間がかからないものにしていますが好評ですよ。

6:鯖の味噌煮+ナスと厚揚げんお炒め物+だし巻き卵の献立

 

この投稿をInstagramで見る

 

@akarui_kaasanがシェアした投稿


私の考える鯖の味噌煮に合うおかずは、今の時期においしいナスと厚揚げの炒め物です。鯖の味噌煮がこってりと味の濃い料理なので、おかず、付け合わせは味噌煮を引き立てるようあまり主張の強くない食材を使いたいと思います。

あとは、少しだけ秋を意識した献立を考えてみました。炒め物の味付けはポン酢醤油のソースで少しさっぱり仕上げに。

味噌煮の付け合わせには彩りの良い、ししとうと白髪ネギを添えます。真っ白い白髪ネギが入ると見栄えもしますのでおすすめです。ししとうは素揚げにして綺麗な緑を残します。

副菜にはもう一品、あおさ入りだし巻き玉子。汁ものは蛤のお吸い物を。
動物性タンパク質、ビタミン、ミネラル、植物性タンパク質を入れてなるべくバランスの取れた献立にしました。

簡単な作り方

付け合わせのししとうは軽く素揚げをして、油をきっておく。長ネギは白い部分だけを出来るだけ細く切り水にさらしておく。

【ナスと厚揚げの炒め物】の簡単な作り方
ナスは乱切りにしする。厚揚げは食べやすい大きさに切っておく。温めたフライパンにゴマ油を入れ、炒める。合わせポン酢醤油ソースには、ポン酢、醤油、ラー油、だしの素、砂糖、酒を混ぜ合わせておく。ナスと油揚げが軽く火を通したら合わせ調味料を入れて炒め合わせる。仕上げに茗荷があれば千切りにし、盛り合わせる。

【あおさ入りだし巻き玉子】の簡単な作り方
溶いた卵にあおさ、だしの素、酒、砂糖、醤油(極少量)を入れ焼く。

【蛤のお吸い物】の簡単な作り方
蛤はあらかじめ砂抜きをしておく。鍋に水、酒、だし、醤油を入れて温める。沸騰する前に蛤を入れて貝の口が開くまで温める。

鯖の味噌煮に合うおかずとして我が家の定番の料理ですが、是非試してみてくださいね!

7:鯖の味噌煮+揚げ出し豆腐+豚汁の献立

 

この投稿をInstagramで見る

 

Saya*さん(@sa_cook24)がシェアした投稿


私の家族は肉より魚派なのでお魚料理はおまかせ下さい!!!我が家の「鯖の味噌煮」に合うオススメ献立は、まずは白米の日もありすが、時間がある日は炊き込みご飯にしたり、お赤飯にしたり、季節を感じられるご飯を炊いたりします。

汁物は野菜をたくさん取れる豚汁。これは定番です!!!たまに味噌と味噌が気になる時もあり、キノコ類をいれたお吸い物や卵とほうれん草のお吸い物も出したりします。

鯖の味噌煮だけではみんなで取り合いになりおかずがなくなってしまうので、冷蔵庫に常備している「筑前煮」やその時の常備料理を小鉢に入れて出します。

あと一品付け合わせで揚げ出し豆腐を出したり、ほうれん草の白和えを出したり、冷蔵庫と相談しながら変えます。

簡単な作り方

私がオススメしたいのは濃い味の鯖の味噌煮を邪魔しないおかずの「揚げ出し豆腐」です。揚げ出し豆腐は簡単に作れるんです!!!私流の時短揚げ出し豆腐のレシピを紹介します。

①まずお好きな豆腐をパックから出しスコットタオルに出し水切りをします。
②水が切れたら、豆腐を好きな大きさにカット。
③形がくずれないようにそっと持ち全面に片栗粉をまぶします。
④その間にフライパンに油をひき温めます。
⑤フライパンが温まったらそっと豆腐をフライパンに入れます。
⑥全面こんがり焼き目がついたらめんつゆをお好きな分量だけ入れます。

すると豆腐にまぶした片栗粉の効果でめんつゆが餡になってきます。

好みによりますが私は最後に大根おろしとネギをここで投入して完成です。是非お試しください!!!

8:鯖の味噌煮+玉ねぎのスライスサラダ+だし巻き卵の献立

 

この投稿をInstagramで見る

 

じぇんぬさん(@nicasdream05)がシェアした投稿


鯖の味噌煮をメインにした献立を提案致します。

付け合わせは新タマネギのスライスサラダ!鯖の脂がタマネギと一緒に食べることでスッキリ♪しますよ(^^)ワカメやかつお節を混ぜても美味しいです。お酒のおつまみ代わりにもオススメです。

おかずには、ネギ入りだし巻き卵はいかがでしょうか。和の食卓な雰囲気の鯖の味噌煮、となりにネギの緑と卵の黄色なだし巻き卵があれば見た目にも食欲を増進されますね♪

お味噌汁に大根と油揚げなどシンプルなものを入れれば、すっかり定番!和食献立の出来上がりですね。お味噌の甘みでご飯も進みますし付け合わせや副菜はお酒のアテにもオススメなものを選んでみましたよ。

大人から子どもまで心落ち着く和の献立試してみくださいね♪

簡単な作り方

それでは献立の簡単なレシピをご紹介いたします♪

まずは新タマネギのスライスサラダです。新タマネギは水分も大きく真っ白できれいですよね。外側の色がついた皮を2、3枚剥いたらスライサーまたは包丁で薄くスライスしていきます。

氷を入れたボウルにスライスした新タマネギを入れしばらく置きます。
タマネギの辛みが落ち着きますよ♪5分ほどしたらザルにあげて水分をしっかり絞ります。お皿に盛り付け、お好みでワカメやかつをぶしを振りかけて完成です。

次におかずのネギ入りだし巻き卵の紹介です。先に刻みネギを用意しましょう。卵をお好みの数ボウルに割り入れしっかりかき混ぜます。お出汁とネギも一緒に混ぜてよく熱したフライパンや卵焼き器で焼いていきます。
崩れやすく柔らかいのでフライ返しや菜箸は優しく使うときれいに仕上がりますよ。

どちらもサッパリとしているので鯖の味噌煮に合うおかずとしてピッタリですよ~

9:鯖の味噌煮+冷奴の梅おくら乗せの献立

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆみ。さん(@yumi.happy_everyday)がシェアした投稿


大人も子どもも大好きな、鯖の味噌煮ですが、副菜はいつも悩んでしまいます。野菜も摂りたいけど、手間のかかる献立は作りたくないし…そんな方に、鯖の味噌煮に合うおかずとして、オススメしたい一品が「冷奴の梅おくら乗せ」です。

こってり美味しい鯖の味噌煮にぴったりのさっぱりとした付け合わせです。夏バテで食欲があまり…という方にもあっさりと食べやすいおかずです。

もう一品は「レンコンの塩ネギ炒め」です。メインのおかずの邪魔をせず、でももうちょっとボリュームが欲しいなというときにも良い組み合わせで、ご飯とも相性ばっちりです。

自宅で定食屋さんのような、バランスの良いご飯を食べたいときにぜひ作ってもらいたいおかずです。

簡単な作り方

「冷奴の梅おくら乗せ」のレシピはとっても簡単です。おくらをさっと茹で、輪切りにします。輪切りにしたおくらをタネを取り、包丁で叩いた梅干しとかつお節、醤油と和え、冷奴の上に乗せると完成です。梅干しの塩加減によっては塩辛くなってしまうので、味をみながら醤油の量は調整します。

次に「レンコンの塩ネギ炒め」の作り方です。皮を剥いて、5ミリ幅の半月切りにしたレンコンを酢水に10分程度さらしてアク抜きをし、水切りをします。

フライパンにごま油を入れ、レンコンを炒めます。レンコンの周りが透き通って、火が通ってきたら、みじん切りにした長ネギを入れ、中華スープの素(顆粒)と塩コショウで味を整えて、完成です。

お好みで青ネギを刻んだものを乗せても美味しいですよ。

10:鯖の味噌煮+ほうれん草のおひたし+味噌汁の献立

 

この投稿をInstagramで見る

 

stm room.。.♡*゜さん(@stm042125)がシェアした投稿


私が思う鯖の味噌煮に合うおかずは、「ほうれん草のおひたし」と「大根とさつま芋のお味噌汁」です。

鯖は一年中スーパーでも手に入る魚ですが、秋から冬のにかけて最も脂がのっておいしい時期です。そこで栄養面、色合い、旬を考え、上記の付け合わせをが最適かと考えました。

まずほうれん草は11月から冬にかけて旬といわれており、ビタミンC、カロテンを多く含み、季節の変わり目で風を引きやすいこの時期に最適な食材です。

次に、根菜を中心としたお味噌汁ですが、秋の味覚の代表であるさつま芋のみなず、大根は秋から冬にかけて甘みが増すといわれています。

鯖の味噌煮だけでは、少し地味な色合いになってしまいますが鮮やかな緑色を取り入れ、旬の栄養素を取り入れたこちらの献立はいかがでしょうか。

簡単な作り方

「ほうれん草」の作り方は非常に簡単です。
1.ほうれん草を食べやすい長さに切り、1~2分茹でます。
2.ざるで水気をよく切ます。
3.お皿に盛り付け、めんつゆと鰹節をかけて出来上がりです。

次に、「大根とさつま芋のお味噌汁」の作り方をご紹介します。
1.大根、さつま芋は千切り、玉ねぎは薄切りにします。このとき、さつま芋は皮つきのままで問題ありません。
2.お鍋にお水と和風出汁の素を入れ、5分ほど弱火にかけます。
3.固い野菜から入れ、火を通します。(さつま芋→大根→玉ねぎの順)
4.野菜に十分に火が通ったら、味噌を溶かします。この時、沸騰しないように注意してください。
5.味噌が溶けたら、火を止めて、好みで塩を少々足して出来上がりです。

どちらも鯖の味噌煮に合うおかずとして外せない、定番料理ですがしっくりとくる美味しさですよ~

まとめ

今回は鯖の味噌煮に合うおかずレシピ10選│献立・付け合わせの簡単な作り方も!と題してご紹介してきました。

鯖の味噌煮に合うおかずは、各家庭によってそれぞれ美味しい付け合わせと合わせて献立を作っていますよね。

あと1品足りない時、おかず、付け合わせに何を作ったらいいのか?悩んでしまった時には、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事:  寄せ鍋具材変わり種10選!余った時のアレンジ方法や美味しい食べ方も