食材

サバ缶の効能の高い食べ方と栄養素は?玉ねぎとマヨネーズサラダの作り方も!

サバ缶

最近とても人気なサバ缶ですが、どうしてサバ缶がそんなに人気なのか?疑問に思っている人も多いかもしれないですよね。みなさんはサバ缶の効能の高い食べ方やサバ缶に含まれている栄養素を知っていますか?

缶の中にたくさんの栄養素がぎゅっと詰まっていて、そして何より骨まで食べることができるのでカルシウムもバッチリとることができちゃいます。

そんなサバ缶、長く保存ができ常備食品としておいておくことも可能です。このまま食べることもできるし、いろんなレシピにアレンジもできちゃい、魅力的な缶詰めです。

今回は、サバ缶の効能の高い食べ方と栄養素は?玉ねぎとマヨネーズサラダの作り方も!と題してお送りしていきます。数あるレシピの中から、鯖缶を使った玉ねぎとマヨネーズサラダを紹介しますね。それでは、魅力的なサバ缶をみていきましょう。みなさんの参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

サバ缶の効能の高い食べ方はこれ!

サバ缶水煮サバ缶はいろんな食べ方ができ、サバ缶の種類も水煮、味噌煮、オリーブ漬けなどたくさんあります。

そんな中もっともサバ缶の効能の高い食べ方を知りたいと思いませんか?一回にサバ缶の栄養素をできるだけたくさん上手にカラダに取り入れたいと思いませんか?

サバ缶は、生のサバにくらべると、非常に高い栄養が含まれているのです。というのも缶詰の中には、骨、皮、血合いも全て入っておりそれを生のまま缶詰に詰めて缶ごと加熱処理されているので全ての栄養素が入って生のサバより栄養が豊富に入ってます。

缶詰を食べるときは中に入っている汁もすべて食べることが良いのです。お料理するときは、魚の身だけを使うのではなく、汁もすべて使いましょう!そうすることで、とても効能の高い食べ方をすることができます。

血合いも骨も全部食べるのが◎

また、サバ缶の効能の高い食べ方としては、まるごと食べる!ということもおすすめです。

サバ缶の中の身の部分には血合いも入っていますが、新鮮なうちに処理されているので臭みも気になることなく食べることができますよ。骨も入っているので、カルシウムもたくさん取れるというメリットもあります。

そしてサバは、秋から冬がシーズンなので、その頃に作られたサバ缶だと栄養価がぐっと上がります。特に冬にでき上がったサバ缶を食べることができたら栄養素を一番多く体に取り入れることができますよ。

そしてもう一つ効能の高い食べ方として、朝に食べると体にたくさん吸収することができて、さらに効果を発揮してくれちゃいます。是非、朝ごはんにサバ缶を食べる習慣をつけてくださいね!

サバ缶の栄養素がすごい!!

サバ缶サバ缶に含まれている栄養素はなんでしょうか?実は凄い!!ということはあまり知られていないかもしれないですね。

サバ缶の栄養素と言えば、誰もが検討つくのはカルシウムかもしれないですね。サバ缶はとても柔らかく煮てあるので、骨も食べることができるので一番最初に思いつく栄養素はカルシウムだと思います。

そのほかに、ビタミンD、ビタミンB12, ドコサヘキサン(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)が含まれています。

これらの栄養素は、生のサバよりもサバ缶の方がたくさん含まれているのです。そして、とても良いタンパク質もたくさん含まれています。

これらの栄養素は血液をサラサラにしてくれたり、血管の老化を防いでくれたり、体内中の中性脂肪や悪玉コレステロールをさげてくれたり、骨を健康に保ってくれたりします。骨粗しょう症を防ぐのに役に立ちます。

ダイエット効果や認知症予防効果も!

また、痩せるホルモンを増やしてくれちゃう栄養成分も入っているので女性には嬉しい、ダイエット効果も期待できちゃいます。

そしてお肌にも良い栄養も入っているので肌を若がえさせたり、シミなどにも効果が期待できちゃいますよ。

その他にも、認知症の予防や、記憶能力を高めたりする効果もあるのです。子供から大人まで誰もが、嬉しい要素がこのサバ缶の中に詰まっているのですよ。

ドコサヘキサン(DHA)とエイコサペンタエン酸(EPA)は実は体内であまり作られないものなので、なるべく意識して取り入れていくことをオススメします。

スポンサーリンク

サバ缶の水煮と玉ねぎ・マヨネーズのサラダの作り方

サバ缶料理たくさん栄養素が入っているサバ缶、さらに他の食材と組み合わせて食べることにより、もっと良い効果が現れるのです。数ある組み合わせの中から、今回は、サバ缶と玉ねぎ・マヨネーズのサラダの作り方を教えちゃいますね。

■用意する材料

  • サバ缶1つ
  • 玉ねぎ 半分
  • マヨネーズ
  • 隠し味でお醤油少々

■作り方

  1. 玉ねぎをスライスして塩でもみ水に浸して辛みを抜く。
  2. 1の玉ねぎを水洗いしてよく水気をきっておく。
  3. ボールにサバ缶の汁マヨネーズ、入れて混ぜます。
  4. お皿にサバをのせてその上に水気をきった玉ねぎのスライスをのせてその上から、3で作ったサバ缶の汁とマヨネーズを混ぜたものをかけて出来上がり。

とても簡単でなおかつ美味しいレシピです。この食べ合わせで、脂肪を燃焼させる効果もありダイエットにも良いですよ。

さらにマヨネーズの中に含まれているお酢がカルシウムを吸収をさらに強くしてくれます。ご飯が進むこと間違いなしです。食べ過ぎには気をつけてくださいね。

まとめ

今回はサバ缶の効能の高い食べ方と栄養素は?玉ねぎとマヨネーズサラダの作り方も!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

とっても栄養素の高いサバ缶だということがわかっていただけたと思います。体に良い栄養素が含まれていて、お肌にも良いし骨も丈夫になるし、そして脂肪燃焼や脳の老化にも効果のあるサバ缶。私たちの身体が喜んじゃう食べ物です。

お値段も安く、長期保存もでき手軽に簡単に食べることができちゃうので家計にも優しいし、忙しい主婦のアイテムになること間違いないしです。

いろんなアレンジをして自分だけの食べ方を見つけちゃうのも良いですよ。生のサバよりもたくさん豊富に栄養素が取れちゃうので、みなさんもぜひ食べてくださいね。

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事:  銀杏のフライパンでの炒り方│時間や割れない時の対処法、料理法も紹介!