食材

おから納豆の血圧への効果は?作り方と簡単なダイエット方法も紹介!

納豆

おからと納豆を混ぜた「おから納豆」にとても栄養があって血圧を下げる効果、ダイエットにも効果があったりととても体に良いものなんですよ。

でも、おからがパサパサして納豆が食べずらそう…とか思う方も多いと思いますが、作り方次第ではおからのパサパサ感も感じないで食べれるんですよ。

最近はスーパーでも手に入るおからパウダーというものもあってとても便利ですし、とっても美味しいおから納豆を食べて健康になりましょう!

今回はおから納豆の血圧への効果は?作り方と簡単なダイエット方法も紹介!と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね☆

スポンサーリンク

おから納豆の血圧への効果が凄い!

おからおから納豆は、その名の通りおからと納豆を混ぜて食べるのですが、一度におからの栄養素と納豆の栄養素が取れちゃうとても栄養価の高い食べ方です。

発酵食品である納豆は高血圧を予防する働きがあるのです。おからの栄養素は、食物繊維が豊富で、タンパク質、カリウム、カルシウム、ビタミンE、マグネシウム、大豆イソフラボンなどが含まれています。

納豆には、納豆に含まれるナットウキナーゼが血液をサラサラにして、血管が詰まらないように血栓を溶かしてくれる効果があります。

また、さらにタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル、食物繊維、イソブラボン、大豆ペプチドなどこれもまた豊富な栄養素を含みます。もともと納豆も、おからも同じ大豆からできているので栄養素はほぼ同じです。

おからに含まれているマグネシウムが、血圧を下げる効果があります。血圧を上げる働きのあるカルシウムといい具合に張り合って、血圧を正常に保とうとし血液が体中にめぐるようにしてくれるのです。

また、心臓や筋肉を正常に機能するようにするためには、カルシウムが力を発揮してくれます。心臓が正常になるおかげで血圧にも良い影響を与えてくれるのです。

おからと納豆のダブルパワーで血圧を下げる!?

そして、おから納豆を食べることにより、両方の持つ栄養素を一度に食べることができ血圧を正常に保つとができちゃうという嬉しい効果も偉えるのです。

おからと納豆は同じ大豆からできていても、作り方一つでさらに新たな栄養素が生まれ、さらに大きな効果を私たちの体にもたらしてくれるのです。

納豆に含まれているナットウキナーゼは、熱に弱いのであったかくして食べては効果が得られなくなっちゃうのでダメですよ。

おから納豆を食べて常に血圧を正常に保てるようにしましょうね。とても栄養価のの高い二つの食材、特におからはお値段も安くて家計に優しいのでどんどん取り入れるようにしてみてはいかがでしょう。

夜寝ている間に、血液がドロドロになったり固まりやすいので、血液をサラサラの状態にしてもらうためにも、夜に食べることをオススメします。血液をサラサラにそして、血圧も正常に保っていきましょう。

美味しくて食べやすい!おから納豆の作り方

納豆おからと納豆を単純に混ぜるだけでも「おから納豆」は作れますが、より美味しくて食べやすいおから納豆の作り方を教えちゃいますね。

■材料
おからの生、納豆、お出し汁、薄口醤油です。

■作り方は、
①お鍋にだし汁90mlを入れて火にかけて沸騰させます。
②その中に、おから80gと薄口醤油を小さじ2いれて10分くらいにます。
③その後火からおろして常温になるまで冷まします。
④冷めたおからをよく混ぜておいた納豆に加えよく混ぜます。

これで出来上がりです。好みに合わせて、海苔をかけたり、ネギを散らしたりして食べると美味しいですよ。

時間のない人や、おからの生が手に入らないときなどは、おからパウダーを使うのも便利ですよ。

その場合は、よく混ぜた納豆の上におからパウダーをかけて混ぜるだけで出来上がりです。簡単に作れちゃいます。お試しあれ。

スポンサーリンク

おから納豆のダイエット方法が簡単で凄い!

ダイエット中の女性次に、みなさんが最も知りたい「おから納豆ダイエット」の方法をお教えしますね!

おからは低糖で高タンパク質なのです。少量だけでとてもお腹がいっぱいになります。大豆タンパクには、食欲抑制効果があって、さらに体内で分泌される痩せるためのアディポネクチンというホルモンを増やしてくれる効果もあるのです。

食物繊維も豊富なので、脂質や糖質の吸収を抑えてくれるのです。このことから、毎日、おから納豆を食べるだけでダイエットにつながるのです。

それでは、1日のうちいつ食べるのが良いかと言うと、それは、朝です。それも、空腹時の最初に食べましょう。

そうすることで少量でお腹で膨らんでくれるので持ちが良く、食べ過ぎを防いでくれてカロリーを抑えることができますよ!

そして、やせ体質に改善する効果を期待できちゃうという嬉しい効果も!!

おからの生が手になかなか入らないとか、時間がないとき、生から作るのが面倒だなぁと思うときは、おからの粉末もあるので、それを利用すると簡単におから納豆が作れますよ。

まとめ

今回はおから納豆の血圧への効果は?作り方と簡単なダイエット方法も紹介!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

簡単に作れちゃうおから納豆、毎日の食事の中に積極的に取り入れることで様々な健康効果をもたらしてくれます。

低カロリーで高タンパクのおから納豆これだけで、血液もサラサラにさらに血圧を正常に保ってくれて美容にもダイエットにも効果があるのです。

ダイエット効果を得たいときは、朝に、血液をサラサラにそして血圧に効果を得たいときは夜に食べてみてください。みなさんも積極的に食べて健康を維持してくださいね。

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事:  サバ缶の効能の高い食べ方と栄養素は?玉ねぎとマヨネーズサラダの作り方も!