食品・食材

オーツ麦とは?オートミールとの違いとおすすめの食べ方も紹介!

オーツ

最近何かと話題になっているオーツ麦ですが、オーツ麦とは一体どんな効能効果がある食材なのでしょうか?

また、オーツ麦の関連食品として紹介されることも多いオートミールですが、オーツ麦との違いは何なのでしょうか?

このオーツ麦とても栄養が高くて美容と健康に大いに役に立つ食べ物なんですよ。このオーツ麦を詳しく知れば知るほど、絶対に手放したくない食材になること間違いなしです。

オーツ麦とは?オートミールとの違いとおすすめの食べ方も紹介!と題してご紹介していきますので、是非参考にしてくださいね。

オーツ麦とは?どんな食材?

では、オーツ麦とはどんな食材なのか?効能はどんなものなのか?ご紹介していきますね。

オーツ麦とは日本語表記名を「えん麦」という穀物のことを指します。にほんでこのオーツ麦とはあまり聞き慣れない名前かもしれませんが、最近健康食品として注目が集まっているオートミールの原料として使われている穀物なんですよ。

オーツ麦とは何か?がわかったところで、次にオーツ麦の効能効果をご紹介していきますね。

オーツ麦の効能効果

オーツ麦は食物繊維が豊富で、食べた以上に満腹感を得ることができて食べ過ぎを防いでくれます。そして腸内環境を整えてくれる効能効果があることで注目を集めています。

体内で消化したものをスムーズに動かす腸のぜん動運動を活発にし、老廃物を体の中にとどめないように適度に排出してくれる働きに影響を与えてくれるのです。

また、血液中の中性脂肪と悪玉のコレステロールを下げてくれる働きもあり、血糖値の上昇も緩やかにしてくれる効能効果があるのも特徴ですね。

そのほかにも、オーツ麦に含まれている食物繊維の中の水溶性食物繊維が心臓疾患のリスクを下げてくれる、心臓病から守ってくれる働きにも影響があるんですよ。

血中のコレステロールを下げる効果もあるので糖尿病の人にも良いオーツ麦です。さらにオーツ麦に含まれるタンパク質が、新しい組織を生成したり発達させたり、更にがん予防も期待できることがわかり、健康への効能効果が高いことから、今、注目を集めている食材なんです。

ダイエット・美肌への効能効果も!

オーツ麦は体内でゆっくり消化されるので、満腹感が持続できちゃうのでダイエット効果も期待できるのす。少量でも満腹感があるので、食べ過ぎちゃったとか、間食で余計なものを食べちゃったということがなくなりますよ。

また、骨粗そう症を予防してくれる働きもあるのです。オーツ麦にはカルシウムが白米の9倍も入っているのです。オーツ麦はお肌にも良く、肌の浄化作用もあって乾燥も防いでお肌が綺麗になる効果も得られるのです。

また、甲状腺の機能が正しく機能するように助けてくれる働きもあるのです。

いわゆる、オーツ麦を取ることで、ダイエットの効果、生活習慣病の予防と改善、腸内環境の改善、血液血流の健康か、美肌効果、骨の健康を守る効果などいろいろなことが期待できちゃうのです。オーツ麦はとても万能な食材といえるのです。

オーツ麦とオートミールとの違いは何??

シリアル一見同じように見える、オーツ麦とオートミールとの違いはなんでしょうか?響だけ聞いていると両方とも同じもののように思えますよね。

でも実際にそのままで、オーツ麦をシリアルやコーンフレークのように食べやすく形を変えたり、押しつぶしたりして加工してできたのがオートミールなのです。

オーツ麦はイネ科の1年草です。皮を取り除いたら、ホールグローツという名前になります。お米と違って、とても硬く、煮ても食べにくいのでオートミールや押し麦などに加工して食べられるのです。

オートミールのおすすめの食べ方

オーツ麦とオートミールの違いがわかったところえ、次にオートミールのおすすめの食べ方をご紹介します。

①オートミール粥にする

海外ではオートミールの食べ方として牛乳で煮て食べるのが一般的です。この食べ方はとても優しい味わいで、離乳食としても使えるおすすめの食べ方です。

②牛乳をかけて食べる

忙しい朝などサッとオートミールを食べたい!そんな時にはオートミールに牛乳をかけて食べるのがおすすめです。レーズンなどのドライフルーツをトッピングするとより美味しいですよ。

③パンに入れて焼いて食べる

オートミールには独特の食感があるので、パンを焼く際に少量入れて焼くのもおすすめの食べ方です。

SponserdLink

オーツ麦(オートミール)の栄養成分

頬に手を当てている女性ダイエットにも効能効果があるオーツ麦とオートミールですが、糖質量が高いのでは?と気になりますよね。次に、オーツ麦の糖質量と栄養成分をみていきましょう。

オーツ麦の糖質量は、100gあたり47.8g含まれています。
カロリーはだいたい304kcalあります。

お米の場合100gあたり 糖質:76.6g356kcal、玄米の場合100gあたり糖質70.8g、カロリーが353kcalあるので、他の食材と比べてもオーツ麦はそんなにカロリーや糖質が低いというわけではありません。

なので、いくら健康に良いからと行って、オーツ麦を食べ過ぎると太る可能性があるので注意してくださいね。

食物繊維・ミネラル成分が豊富!

栄養素には、タンパク質、食物繊維、ビタミンB1ビタミンB2ビタミンE、ビタミンB6,ビオチン、ナトリウム、マグネシウム、カリウム、カルシウム、鉄分、セレン、亜鉛、銅、りん、モリブデンという栄養素がたくさん含まれています。

この中の鉄分、カルシウム、ビタミンB群、食物繊維に関していえば、ずば抜けて多く含まれているのです。特に食物繊維が全体の95パーセント以上含まれていて、水溶性食物繊維2:不溶性食物繊維1という理想的なバランスの割合で入っているのです。

さらに保水性と吸着性の特徴をもったβグルカンという種類の水溶性食物繊維なので、ダイエットにもまた腸内環境の改善にも大いに役に立っているのです。

また、大量に食物繊維を含んでいるオーツ麦なのでGl値が低く、血糖値の上昇も緩やかになるので消化や分解するのに時間が必要になります。

まとめ

今回はオーツ麦とは?オートミールとの違いとおすすめの食べ方も紹介と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

たくさんの栄養を多く含んだオーツ麦。いろんな効果を発揮してくれる万能の食材ですね。オーツ麦はそのままだと食べられないので、いろいろな種類のオートミールに加工されています。

みなさんも健康やダイエット、はたまた美容のためにこのオーツ麦を食べてみませんか?日々の生活にいろいろ取り入れてみてください。きっとあなたの身体が喜びますよ。お試しあれ。

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆