食品の賞味期限

長芋の真空パックの消味期限は?真空パックが膨らむ・ピリピリする原因も調査!

長芋

お好み焼きに入れたり、とろろにしたり、短冊に切ってアレンジしたりと便利な長芋は最近は真空パックで販売されていますよね。

ふと長芋の真空パックの消費期限はいつまでなのかを見てみると、特に記載もなくあれ?と思った方も多いのではないでしょうか。

また、長芋の真空パックが膨らむ・食べるとピリピリする時は腐っているのかも気なりますよね。

そこで今回は、長芋の真空パックの消味期限は?真空パックが膨らむ・ピリピリする原因も調査!と題してお伝えしていきます!

長芋の真空パックの消期限はいつまで?

最近は、長芋真空パックで売られているのをよく見かけます。そんな真空パックで売られている長芋ですが、賞味期限はだいたい2週間を目安に食べたいところです。

真空パックにされている長芋は、空気に触れていないし悪くなりにくいのでもう少し日持ちしそうな気がしますよね。

しかし、長芋は「呼吸する野菜」なので、真空パックにされた長芋の賞味期限も2週間程度となってしまうのです。

真空パックの中で呼吸している長芋は、炭酸ガスを出し、それをまた長芋が吸い込んでしまい味が落ちます。食べるとピリピリとする事もあります。

これは食べても問題ないそうですが、長芋の保存に真空パックのままというのは適さない様です。

長芋の真空パックが膨らむ、食べるとピリピリする原因は?

山芋の短冊スーパーで買ってきて冷蔵庫にしまっておいた長芋の真空パックをふと見ると、買った時より膨らんでいる!もう傷んでいるのかな、捨てた方がいいのかな…なんて心配になることもありますよね。

長芋の真空パックが膨らむ理由は、芋類は真空パック状態になっていたとしても常に呼吸を続けていて、真空パックの中の山芋から炭酸ガスが発生したことにより真空パックが膨らむという現象が起こるんですよ。

長芋の真空パックが膨らむからと言って、傷んでいるわけではないので安心してお使い下さいね。

長芋の真空パックのものを食べたらピリピリする原因は?

それでは、長芋の真空パックのものを食べた時にピリピリする原因は何かというと、ズバリ!先程もお話した山芋から発生している炭酸ガスなんですよ。

真空パックの中の山芋から炭酸ガスが発生して、その炭酸を山芋が吸収しているということですね!

このことから、真空パックの長芋を食べた時にピリピリしても、傷んでいる訳ではないので安心してお食べ下さいね。

SponserdLink

土付き長芋の保存方法

長芋我が家では、過去、土付きのままの長芋やおがくずに入った長芋を頂いたことがありました。正直、このまま保存するのかそれとも別にあるのかわからず、友人と分けたりして頑張って食べた記憶があります。

土付きで売られていることもある長芋はどのように保存するのがベストなのでしょうか?

土付きの長芋も、先程紹介した生での保存方法と同じで新聞紙にくるみ、風通しの良い冷暗所に置いてください。

もし、15度以上気温が高いのであれば野菜室に入れてください。長芋は、水気や光を嫌うんだそうです。なので洗わないで、そのまま新聞紙にくるんで、冷暗所や野菜室に保存するんですね。

おがくず入りの長芋の保存方法

そして、おがくずに入った長芋ですがそのままおがくずに入れ、箱に入れたままで冷暗所に保存します。

実は、長芋を土やおがくずに入れて保存する方が栄養価を損なわず、美味しいまま保存できるんですよ。中々土に入れたままは難しいと思いますので、新聞紙を活用したらいいですね。

最近は毎月タウン誌などもポストに入っていませんか?読んだ後は捨てずに、保存用にとっておくといいかもしれませんね。

消費期限ですが土付きの長芋は1か月程、おがくずに入った長芋は長くて3か月持つそうですが、美味しくいただくにはなるべく早く食べたほうが良さそうです。

まとめ

今回は長芋の真空パックの消味期限は?真空パックが膨らむ・ピリピリする原因も調査!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

山芋の真空パックの賞味期限は2週間程度となっておりますので、傷んでしまう前にはやめに食べるようにしましょう。

また、真空パックの山芋の袋が膨らむ・食べるとピリピリするのは山芋自体から発生した炭酸ガスによるものですので、安心してお召し上がり下さいね。

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆