代用品

鷹の爪の代用は一味や七味でもいい?ラー油や粉唐辛子も使えるか調査!

鷹の爪


辛みが特徴的で、ペペロンチーノや麻婆豆腐、和食にも使われることが多い鷹の爪。
ピリリとした辛みが食欲をそそります。

しかし、いざペペロンチーノや麻婆豆腐を作ろうと思っても鷹の爪がない、買いに行くのも・・・なんてことありますよね。
家にある一味や七味、これは使えるのか。何か気軽に代用出来たら助かりますよね。

今回は、鷹の爪の代用として一味や七味は使うことが出来るのかをご紹介します。

一緒に、ラー油や粉唐辛子についてもご紹介していきますね。

SponserdLink

鷹の爪の代用は一味でもいい?


鷹の爪とは、そもそも何なのでしょうか?

鷹の爪は、赤唐辛子の一種です。辛みが強く、先がとがっているその姿がまるで鷹のかぎ爪の様だという所から、鷹の爪と呼ばれています。

鷹の爪の代用として、うどんなどの辛み付けに使われる一味は使う事ができるのでしょうか。

一味とは、乾燥させた赤唐辛子の実をすりつぶして、粉状にしたものです。鷹の爪と同様、赤唐辛子からできているんですね。一味は、料理を食べる時に辛みをプラスするために使われる調味料になります。

この一味、鷹の爪の代用として使う事は可能です。辛さは鷹の爪の方が強いので辛さを求める場合は仕上がりに違いを感じるかもしれません。

しかし、一味はとても手に入りやすく、ペペロンチーノを作る時に使っているという方もいます。

その際は少しずつ一味を加えて、好みの辛さに調整してみてください。
レシピをご紹介しますのでぜひ一味を使って、ペペロンチーノを作ってみてくださいね。

□一味唐辛子で簡単ペペロンチーノ♪

材料 1人分
パスタ    100g
一味唐辛子  適量
オリーブオイル 大さじ2
ニンニク   1片
塩コショウ  適量

作り方
➀鍋に水と塩を少々入れ、沸騰させてパスタを少し固めに茹でます。
その間にフライパンでソースを作りましょう。

➁フライパンに、オリーブオイルとニンニク、一味唐辛子を振り入れます。
(一味唐辛子の量はお好みで)

➂ニンニクの色が付いたら茹でたパスタを加え、お玉1杯分の茹で汁も加えます。
塩コショウで味を調えて炒めます。

➃茹で汁が乳化してきたら、お皿に盛り付けて完成です。

鷹の爪の代用は七味でもいい?


一味同様、うどんなどの辛み付けといえば、七味唐辛子があります。
一味も、鷹の爪の代用として使えるのでしょうか?

七味とは、唐辛子の他にも山椒や陳皮、芥子や麻の実、シソ、青のり、黒ゴマやショウガがブレンドされて作られたものです。一味よりも、多くの香辛料などが含まれており香りもいいですが、辛さは控えめです。

この七味も、鷹の爪の代用として使う事は可能です。

しかし、先程言った様に七味には唐辛子以外の材料が加えられているので、大量に使ってしまうと料理の風味が変わってしまう事もあります。代用はできますが、使い過ぎない様に調整しながら使ってくださいね。

七味を代用して、ペペロンチーノはもちろんこんなレシピも作ることができますよ。
ぜひ、試してみてくださいね。

□タコのアヒージョ

材料 1人分
ゆでダコ   足1本
ニンニク   1/2片
鷹の爪    1本の半分
⇒なければ七味で、2振り
塩      少々
オリーブオイル 大さじ3

作り方
➀小さめの鍋にオリーブオイルとスライスしたニンニク、鷹の爪or七味唐辛子を入れて、弱火で煮立てます。

➁グツグツしてきたら塩少々、食べやすく切ったゆでダコを加えて2~3分弱火にかけます。

タコだけでなく、海老やキノコなど好きな具材でアレンジできますよ。

SponserdLink

ラー油や粉唐辛子も鷹の爪の代用として使える?


一味や七味の他にも、何か代用できるものはあるのでしょうか?

例えば、ラー油や粉とうがらしは?

まずは、ラー油についてみていきましょう。ラー油は、赤唐辛子の他にも香辛料が加えられ、植物性油で加熱して作られています。

あの油の中に、辛み成分が閉じ込められています。なので代用として使うと、油っぽさが目立ってしまいます。

そのため、絡みやすい麺類や中華料理に代用することに向いているのですよ。
反対にさっぱりさせたい和食などには向いていません。

もしも、ラー油を代用するのであればレシピに向き不向きがあると思っていてください。

次に粉とうがらしについてです。粉とうがらしは、韓国料理によく利用されるもので粗びきの物あるいは粉状になっている唐辛子の事です。

日本で使われる唐辛子とは違い、辛さだけでなく甘みもあるのが特徴です。
韓国では、キムチを漬け込むときに使われています。

鷹の爪とは少し辛さも風味も違いますので、ラー油と同様、レシピに向き不向きがあります。粉とうがらしの風味を活かして、こんなレシピはいかがでしょうか。

□ピリ辛☆韓国風じゃこふりかけ

材料
ちりめんじゃこ  100g
ごま油      大さじ2
Aにんにく    1片
A醤油      大さじ1
A日本酒     大さじ1
A白ごま     大さじ1
A粉とうがらし  小さじ1/2

作り方
➀フライパンにごま油とちりめんじゃこを入れ、カリカリになるまで弱火で炒めましょう。

➁カリカリになったら、A(にんにく~粉とうがらし)を入れて、全体的になじんだら出来上がりです。

あたたかいごはんにかけて食べると、ちょうどいい辛さがごはんと相性抜群ですよ。

まとめ


今回は、鷹の爪の代用として一味や七味が使えるのか、またはラー油や粉とうがらしは使えるのかをみてきましたがいかがでしたか?

一味にも七味、ラー油、粉とうがらしにも、それぞれ風味など違いもありましたね。

鷹の爪の代用として、どれも使う事が可能ですし、作ろうとしているレシピや自分の好みに合わせて代用する物を選んでもらえたらと思います。

辛みをプラスすることでまた違った風味を楽しめます。
今回紹介したレシピも、家庭で作りやすいものばかりですのでぜひ参考にしてみてくださいね。