ラー油の代用にコチュジャン使える?豆板醤・唐辛子を使った時の違いを検証!

いつもの料理に辛さをプラスしたい!そんな時に活躍してくれる調味料の「ラー油」ですが、いざ使おうと思ったらない!そんな時にコチュジャンで代用できるのでしょうか?

また、辛味をプラスする目的のラー油の代用品として、家庭に常備していることも多い唐辛子・豆板醤・七味も代わりに使えるととても助かりますよね!

そこで今回は、コチュジャンはラー油の代用に使える?豆板醤・唐辛子を使った時の違いを検証してお伝えしていくので是非参考にして下さいね。
目次

ラー油の代用にコチュジャンは使える?

ラー油の代用として豆板醤同様に「コチュジャン」も使用することは可能ですが、豆板醤は塩辛さ・コチュジャンは甘辛さがあることが大きな違いですね。

コチュジャンにも、ごま油を足したりフライドオニオンなどをプラスするとさらに美味しくいただけちゃうんです。このコチュジャン、ラー油の代用として使う場合何か味に違いは出てくるのでしょうか?

コチュジャンとは、韓国生まれの辛み調味料のことで、もち米と麹を糖化して、それをさらに発酵させて作られているんですよ。

どこか韓国のキムチって、辛さだけではなく旨みや甘みがあると思いませんか?そう、コチュジャンの味の特徴のひとつは辛さだけでなくどこか「甘み」を感じる事。辛いのが苦手な方でもチャレンジしやすい調味料です。

ただし、コチュジャンを使うと辛みが弱めになり、少し甘みを感じるます。そのため、辛い方がいいという方には物足りなさを感じるかもしれませんね。

辛さは足りないかもしれませんが、アレンジ次第で素敵なおつまみにも。そんなアレンジレシピはこちら!

■韓国の冷奴のたれ♪

材料
やっこ 人数分
子ねぎ(小口切り) 大さじ1
☆コチュジャン 大さじ1
みりん    大さじ1
酒      小さじ1弱
ゴマ     小さじ1

作り方は簡単!☆の材料を混ぜ、小ねぎを食べる直前に入れてまぜるだけ。
あとは、冷奴にかけて食べてみてくださいね。[アドセンス記事中1]

ラー油の代用に豆板醤は使える?

食べるラー油
ラー油がない!そんな時に代用として大活躍するのが豆板醤です。

ただし、ご存知の通り豆板醤はペースト状になっているので、ラー油のようなさらっとした液状ではないので餃子を食べる時のラー油の代用としては少々合わないのでは?と思ってしまいますよね。

そんな時にラー油の代用として豆板醤を使う際には、ごま油を小皿に入れて少しずつ豆板醤を加えてお好みの辛さにするのがおすすめです。

こうすることで、ごま油ごまの香ばしい香りが、豆板醤の辛みをうま味を引き出してくれますし、豆板醤にも、唐辛子など含まれて、ごま油と混ぜればラー油のうま味、辛みに近づきますよ!

使い方は、ごま油大さじ2と1/2に豆板醤小さじ1と2/3を混ぜます。さらにニンニクを小さじ1/2足すといいですよ。

辛いのが苦手、という方は豆板醤を入れずに、ごま油でそのまま代用してみましょう。
十分、料理を美味しく引き立ててくれます。

また、そうめんのつけ汁に豆板醤+ごま油+ニンニクの組み合わせを少量加えるて食べると、とても美味しいピリ辛そうめんになりますよ!そうめんだけでなく、うどんなどにも応用できますので、是非食べてみて下さいね。

ラー油の代用に唐辛子は使える?


では、次にラー油の代用に唐辛子(一味唐辛子・七味唐辛子)は使えるのか見ていきましょう。

ラー油の瓶を思い浮かべていただくとわかるように、そもそもラー油には唐辛子が使用されていて、ラー油の瓶にも唐辛子や山椒がブレンドされていますよね。

このことから、ラー油の代用に唐辛子(一味唐辛子と七味唐辛子)を使うとよりラー油に近い味わいになります。

ラー油の代用として一味唐辛子・七味唐辛子を使って即席ラー油の作り方をご消化しますね!

一味唐辛子・七味唐辛子で作る即席ラー油の作り方

長ネギやニンニクをみじん切りにし多めのごま油で炒めて、ボウルなどに移した後七味とさらにごま油を足してみると、ラー油の代用としてとても美味しい即席ラー油を作ることができますよ。

どうしても、多少の風味や辛さの感じ方に違いはあるかもしれません。しかし、十分ラー油の代用として可能ですし、アレンジ次第ではまた違う美味しさも発見出来るので、是非ラー油がないときの代用品として作ってみて下さいね。

これを餃子を食べる時などに醤油も足して、使ってみましょう。いつもの餃子がさらに美味しくなっちゃいますよ。ぜひ、やってみてくださいね。

まとめ

今回は、コチュジャンはラー油の代用に使える?豆板醤・唐辛子を使った時の違いを検証!と題してご紹介してきました。

ラー油の代用として、豆板醤・コチュジャン・一味唐辛子や七味唐辛子をなどを使うことができます。それぞれ、辛みなどの違いがあるもののアレンジの仕方によって美味しさが際立つことなどがわかりました。

ラー油そのもの、とはいかないかもしれませんが、自分の好みに合わせて調合するのも楽しそうですよね。家にあるものを使って、ぜひいろんなアレンジを試してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる