ココアパウダーの代用品は?飲むココア・チョコレートが代わりに使えるかも調査!

生チョコやトリュフなど、様々なお菓子に活躍するココアパウダー。少し苦いけれど、チョコレートとの相性も抜群ですよね。

生チョコなどのお菓子を作りたいけれど、ココアパウダーがない!そんな時、何か代用できるもので作れないかと思う方も多いかと思います。

ココアパウダーがないのならば、似たような色の飲むココアやっチョコレートは代わりに使えると便利ですが、代用として使えるのでしょうか。

ココアパウダーの代用品は?チョコレート・飲むココアが代わりに使えるかも調査してご紹介していくので是非参考にしてくださいね☆
目次

ココアパウダーの代用に飲むココアは使える?

ココアパウダーがない場合、飲むココアで代用することは可能なのでしょうかというと、もちろん、飲むココアでも代わりに使うことはできます。

しかし、ココアパウダーと飲むココアは少し違いがあります。ココアパウダーは、原材料のココアパウダーのみでできており他に何も入っていません。

飲むココアは「調整ココア」といい、原材料のココアパウダーの他に砂糖やブドウ糖、脱脂粉乳などが加わっており、お湯を注ぐだけですぐに飲めるようになっています。

そのため、ココアパウダーよりも飲むココアは甘みが強く、そのままお菓子作りに代用してしまうと甘すぎるお菓子になってしまうことも。

ココアパウダーの代わりに飲むココアを代用し、お菓子をつくるのならココアと砂糖の分量を変えてあげましょう。

分量を変えて使う方法

飲むココアをココアパウダーの代用に使う場合の分量は、ココアパウダーの分量の3倍の分量にします。そして、飲むココアの増えた分量分砂糖を減らしてあげます。

例えば・・・
ココアパウダーが10g、砂糖が40gのものを飲むココアで代用して置き換えるとすると、「飲むココア 30g、砂糖 20g」の分量になります。。

(ここではココア10g⇒30g、つまり20g増えたので砂糖40g⇒20gに変更。)

その他の分量は変えなくてOKですよ。

出来上がりに差は出る?

では、ココアパウダーを飲むココアで代用した場合、出来上がりに差はでるのでしょうか?

クッキーの場合さほど差はなく、風味は劣りますが十分美味しいクッキーを作ることができます。

しかし、ココアの風味が生かされるチョコレートケーキ、ガトーショコラに使う場合少し物足りなさを感じるかもしれません。

初めてのお菓子レシピに挑戦するぞ!という時に、とりあえず家にあった飲むココアで作ってみるのもいいかもしれませんね。

ココアパウダーの賞味期限切れ!いつまで使える?

ココアパウダーや飲むココアを使ってお菓子を作ろうと思ったのに、パッケージを見たら賞味期限切れだった…なんてこともありますよね。

ココアパウダーが賞味期限切れの場合でも、そのまま使ってもいいのか?いつまで安全に使えるのでしょうか?また、賞味期限切れのココアパウダーを使っても美味しく仕上がるのか?など気になることがあ沢山ありますよね。

ココアパウダーの賞味期限切れがいつまで使えるのか?味の変化はないのか?については、ココアパウダーの保存方法によって大きく異なってきます。

ココアパウダーの賞味期限切れがいつまで使えるのか?については、以下の記事に詳しく書いてありますので是非参考にして下さいね。

>>ココアパウダー賞味期限切れはいつまで使える?開封済みのもの、2年過ぎたものも調査!

チョコレートはココアパウダーの代用として使える?

チョコレートココアパウダーがないとき、代用品としてまっさきに思いつくのはチョコレートですよね!

ココアパウダーもチョコレートも原材料は同じカカオですし、ブラウンの色合いもほぼ同じなので、ココアパウダーの代用品として使えそうですが、実際の所は代用として使えるのか?見ていきましょう。

結論から先にお伝えすると、ココアパウダーの代用としてチョコレートを使用することはできます。

ただし、チョコレートをココアパウダーの代用として使用してお菓子作りをするのであれば、クッキーやパウンドケーキの様な生地に練りこんで使うお菓子がおすすめです。

例えば、こんなレシピはいかがですか?

チョコカップケーキ♡

材料
チョコレート  100g
卵       2個
(黄身と卵白分ける)
バター     70g
砂糖      30~50g
薄力粉     90g

(coockpad.com/recipe/5699437)

作り方
➀まずはお湯を沸かし湯煎でチョコレートを溶かします。
➁➀が溶けたら、バターも加えて溶かし黄身を加えきれいに混ぜます。
(溶けたら湯煎から外します。)
➂メレンゲを作ります。砂糖は3回に分けて入れ、角がピンと立つまでしっかりとしたメレンゲにします。
➃チョコレートの生地に、➂の1/3を入れハンドミキサーで混ぜます。
➄薄力粉をふるって加えて、ゴムベラに持ち替えさっくりと混ぜます。少々粉っぽくてもOKです。
➅残りのメレンゲを入れて、泡をつぶさない様にムラなく混ぜます。底からすくい上げる様にさっくり。
➆生地をカップに入れ、180℃オーブンで約20分焼きます。

ココアパウダーの代用としてチョコレートを使う場合、ココアパウダーよりも甘めに仕上がるので甘さ控えめがいい方は砂糖を調整したり、カカオマス70%など甘さ控えめな板チョコを使ってみてもいいかもせれませんね。

コーヒーはココアパウダーの代用になる?

珈琲では、ココアパウダーもなければ飲むココアもない!そんな時は他に代用品として何が使えるのでしょうか?レシピにもよるのですが、インスタントコーヒーもココアパウダーの代わりに使える事も。

朝やブレイクタイムに大活躍のコーヒー。このコーヒーがどのようなお菓子に向いているのでしょうか?

例えば・・・ガナッシュなどチョコレートベースのお菓子作りにおすすめなんですよ!

コーヒーを代わりに使うことで、少しほろ苦い大人の味わいのスイーツに変身です。カフェインが気になるなという方は、カフェインレスのコーヒーも試してみてはいかがでしょうか。

クッキーなどに代用は不向き…

インスタントコーヒーでココアパウダーの代用は可能ですが、先程紹介した通り代用に不向きなお菓子もあります。例えばクッキーなどで代用してしまうと、コーヒーが主張してしまいます。

コーヒーが好き、という方はココアパウダーの代わりにインスタントコーヒーを使って大人のお菓子にチャレンジしてみてくださいね。

インスタントコーヒーを使う場合は、潰してサラサラ状にしたものを使うといいでしょう。

では、コーヒーを使ったお菓子レシピを少しご紹介します。

□生チョコタルト

材料
市販のタルトカップ  6個
板チョコ       60g
生クリーム      大さじ2
インスタントコーヒー 小さじ1

(coockpad.com/recipe/3007206)

作り方
➀板チョコを刻みます。
➁耐熱ボウルにすべての材料を入れ、レンジ500Wで1分加熱します。
➂取り出し、ゴムベラで混ぜ、再びレンジで20秒。
➃滑らかになるまで混ぜて、タルトカップに入れます。
粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やし固めます。

いかがですか?簡単で美味しいお菓子です。バレンタインなどにもおすすめレシピですよ。

まとめ

今回はココアパウダーの代用品は?チョコレート・飲むココアが代わりに使えるかも調査!と題してご紹介してきました。

ココアパウダーが手に入らない、今家にないという時にはチョコレート、飲むココアやコーヒーを代用して使ってみてください。どの材料を代用するかで風味や仕上がりは少しずつ変わってきてしまいますが、それぞれの特徴を活かしたお菓子を作ってみるといいですね。

また、ココアパウダーの代用としてコーヒーを使えば、大人なスイーツに早変わり。それぞれの風味を活かして、ぜひ美味しいお菓子を作ってみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる