レシピ

ホワイトシチュー具材おすすめ10選!作り方のポイントと美味しい食べ方も!

ホワイトシチュー

冬のあったか定番料理として大人気のホワイトシチューですが、具材がいつも鶏肉・にんじん・じゃがいも・たまねぎになってしまいがちですよね。

たまには他の具材をいれて、いつもとは変えてみたい!だけど、ホワイトシチューにはどんな具材が合うのがわからない…そんな人も多いのではないでしょうか?

そこで今回はホワイトシチュー具材おすすめ10選!作り方のポイントと美味しい食べ方も!と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね☆

スポンサーリンク

鮭私のおすすめのホワイトシチューの具材は、鮭とブロッコリー・マッシュルームまたはぶなしめじです。

鮭は、鶏肉がはいっているため不要では…と思う方も多いと思いますが、ホワイトソースと鮭の相性は最高です。また鶏肉はがっつりしていてあまり食べれないという小さいお子様や高齢者の方も、タンパク質をとることができます。

ブロッコリーは別に茹でておき、シチューを盛り付けたあと最後に上にのせます。緑色が映えるので、美味しそうにみえます。

マッシュルームやぶなしめじのきのこ類は他の具材にない食感を出してくれるためおすすめします。いくつか具材が入っていると飽きることなく味わうことができます。

チーズ

とろけるチーズわたしのおすすめしたい「ホワイトシチューの具材」又は変わり種の具材は、「チーズ」を入れることです。

その理由は私の家族は「チーズ」が大好物で、毎日のように食べているからです。この間は鍋もチーズ鍋にしました。シチュー自体がチーズが入っているかもしれませんがさらに濃厚にするために、我が家ではとろけるチーズの一番安いものを買ってきてそれを入れて食べています。

ただ、とろけるチーズがとろけている感じは味わえないと思います。でも味自体がもっと濃厚になっているというか、チーズ好きにはたまりませんのでぜひ一度試してみてください。とても美味しいと思います。

スポンサーリンク

パプリカ

パプリカホワイトシチューはスープが白系なので、具材としては赤や黄色のパプリカを入れると彩りがキレイです。

パプリカは唐辛子の仲間ですが、主に日本で食べられているパプリカは辛くありません。肉厚で甘くてビタミンCが豊富です。加熱してもジューシーさを保ちますので、ホワイトシチューには欠かせません。

他には、やはりエビがおすすめです。エビが入るだけで、ワンランク上のホテル・シチューが味わえます。小さいエビより大きめのエビを1尾ずつお皿に入っていると、家族中が大喜びです。

変わり種の具材としては、いももちが美味しいです。名前の通り、じゃがいもとおモチの合わさったような食感が、シチューの濃くとよく合います。じゃがいもと片栗粉を練って作るのですが、自分で作るのが大変なら、冷凍食品でも冷凍いももちがありますよ。

マッシュルーム

マッシュルームホワイトシチューの具材でおすすめなのは、まずマッシュルームです。マッシュルームは、デミグラスソースにも、トマトベースのシチューでも合う、万能きのこです。

ホワイトシチューにももちろん合います。ホワイトシチューが絡まったマッシュルームは、口の中でぷにゅと嚙み応えがあると思います。マッシュルームが入ると、シチューがおしゃれな感じになるのも気に入っています。

もう一つはきのことブロッコリーとカリフラワーです。キノコは、えのきだけやシメジよりも、大振りなものがよいと思います。キノコやブロッコリーやカリフラワーと合わせて、鶏肉と一緒に供すると、アレンジが効きます。

キノコがたくさん入っていると、なんだか体がほかほかする気がします。寒い時期に嬉しい食材だとお思います。私はブロッコリーやカリフラワーもホワイトシチューに合うと思っていますが、なぜか苦手な人が多いようです。

ブロッコリー

ブロッコリー2ホワイトシチューのおすすめの具材はブロッコリーです。ホワイトシチューは、野菜から摂れるビタミン、お肉や牛乳から摂れるたんぱく質や脂質など一皿で栄養満点です。

そして、クリーミーで濃厚な味わいは子供受けも抜群です。ルーが白いからこそ色の綺麗な野菜がより一層映えます。ブロッコリーは、加熱しても鮮やかな緑色のままなので視覚的に楽しめる上にボソボソとした食感もシチューのとろみでカバーできるので、一石二鳥です。

ブロッコリーの他には、にんじんやかぼちゃ、ほうれん草、とうもろこしもホワイトシチューによく合うお野菜です。

さつまいも・かぼちゃ

さつまいも寒くなると暖かい食べ物が恋しくなる季節、秋・冬。特に冬場は台所で料理する作業でも足元から冷えるので短時間でぱっとできて、かつ栄養もとれるメニューがいい。そこで我が家の定番化しているのはホワイトシチューです。

我が家は具材として、さつまいもとかぼちゃ、しめじなどのキノコ類をおすすめします。それは、自家栽培しているさつまいもカボチャを消費するために。

キノコ類は安い割には、しっかりと便通を整えてくれるからです。そして意外ですが、果物の「柿」。これもいい味だします。熱でとろっと溶けてしまう柿ですが甘さが増して美味しいです。いつもフランスパンにディップして食べています。

きのこ

きのこホワイトシチューにおすすめの具材は、やはり「キノコ」ですね。しめじ・干しシイタケ(普通のしいたけ)・エノキ・マイタケなんでもキノコはあいます。

干しシイタケを使う場合は、干しシイタケの戻し汁も一緒に使うといいですね。きくらげを入れても食感がよくおいしいですよ。あとブロッコリーやホウレン草もいいとおもいます。

あらかじめ塩でゆでて、シチューには食べる直前に混ぜるくらいで煮込み過ぎない方が色が変わらずおいしいと思うしおいしそうに見えると思う。コーンもおすすめ。ジャガイモを使わず、さつまいも・さといも・かぼちゃで作ってもおいしいです。

ほうれん草

ほうれん草私のおすすめのホワイトシチューに合う具材は、ほうれん草です。うちの子どもはほうれん草が苦手なのですが、煮込んで甘くなったほうれん草とホワイトシチューの組み合わせは子どもも気に入っているようで、たくさん食べてくれるからです。

また、白いソースの中に緑色が映えてきれいです。ほうれん草は加熱すると小さくなるので、あまり主張しすぎず、他の定番の野菜とは食感が違うので、食感の違いを楽しむことも出来て美味しいです。

ほうれん草に多く含まれる葉酸は特に妊娠中の方などは積極的に摂取した方がいいと言われていますが、水に溶けやすい性質のため、茹でてから茹で汁を捨ててしまうと摂取できません。しかし、生のままホワイトシチューに入れて煮込めば、溶け出た葉酸もホワイトソースと一緒に食べることが出来るので、栄養もしっかりとれて良いと思います。

お麩

麩私がおすすめするホワイトシチューの具材又は変わり種は、「お麩」を入れるという事です。「お麩」は味噌汁に入れると思うのですが私はあまったらシチューにも入れてしまいます。

シチューとオフって結構相性がいいんですよ。ぜひ一度試してみてください。オフって言われてわからない方は、あの水とかに入れると汁気をすってふくらむやつです。

オフの種類は色々ありますが私はいつも安いものを入れています。そしてかさましして具材を多く見せていますよ。具材が足りないなと思ったときとか冷蔵庫を掃除したい時とかにおすすめだと思います。

すいとん

小麦粉小麦粉と片栗粉を7:3で合わせ、水でモタッとするように混ぜます。それを500円玉大の団子のようにスプーンですくって、適当にホワイトシチューに落として煮込みます。オリジナルなので名前はついていないのですが、すいとんのようなものです。

おすすめ理由としましては、もちもちしているので、それが良いアクセントになり、おいしいです。家族の評判も良いです。もちもち加減も、片栗粉を増やせば個人で好きなように帰られるので、おすすめです。

ホワイトシチューにもその他色んなスープにも私は入れています。クリーム系にもしょうゆや味噌ベースのスープにも合う、万能な具材だと思います。

まとめ

今回はホワイトシチュー具材おすすめ10選!作り方のポイントと美味しい食べ方も!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

濃厚なコクのあるホワイトシチューに合う具材は、彩りを添えてくれる緑の野菜や、さらに濃厚さをプラスしてくれるチーズ、食感と風味を楽しむことができるきのこ類など意外と様々な食材が合いますよ!

今度ホワイトシチューを作る時の具材選びの参考にして下さいね!今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事:  ビーフシチュー具材おすすめと変わり種10選!美味しく作るポイントも!