レシピ

鍋具材おすすめ16選!変わり種や余った時のアレンジ方法も紹介!

鍋の具材

寒くなってくると食べたくなるのが「鍋料理」ですよね!鍋と言っても色々な種類がありますが、いつも定番の具材ばかりだと飽きてしまいますよね。

また、子供がいるご家庭では「また鍋?」なんて言われてしまわないように、具材を変えて楽しませてあげたいですよね!

今回は、キムチ鍋、ちゃんこ鍋、豆乳鍋、トマト鍋、カレー鍋、牡蠣鍋、寄せ鍋、きりたんぽ鍋に鍋具材おすすめ16選!変わり種や余った時のアレンジ方法も紹介していきます!

スポンサーリンク

キムチ鍋の変わり種

おもち

餅私の好きなキムチ鍋の変わり種の具材は・おもちです。その理由はキムチ鍋にとても会うと思っているからです。食べ方のポイントはキムチ鍋の具材が温まってから最後にお餅を入れるという事です。

そうすることによりお餅が出来上がることにみんなで食べることが出来てとても美味しく召し上がることが出来ます。私は今までキムチ鍋にはお持ち入れなかったのですが主人が好きでよく入れるようになっていこう毎回入れるようになりました。

まだ入れたことがない方はぜひ入れてみてください。とても美味しいと思います。ピリッとしたお餅はとても良いですよ。おすすめします。

しめじ

しめじキムチ鍋の私のおすすめ具材はしめじです!キムチ鍋にキノコってなかなかない考えだと思うんですよね。でなぜキノコを入れたのかについては私が大のキノコ好きだからです!鍋に入ってるキノコってめちゃくちゃ美味しいんですよ!

ぷりっとしたキノコってなんとも言えない食感でそれがちゃんこ鍋に入ってたら進む進む!!でも、鍋にキノコを入れると傷みやすいとかなんとか言われてたので入れたらキノコはちゃんと全部食べとかないと残って次の日食べようもんなら危ないと昔母に言われてました。

だから、食べ方としてはキノコはひとパックの半分だけを入れるようにして食べるのがおすすめです!

キムチ鍋
キムチ鍋の具材変わり種10選!余った時のアレンジ方法も紹介!ピリッと辛いキムチが入ったキムチ鍋は、加える具材によって旨味が変わってくるので様々な味を楽しめることから、鍋料理の中でも人気が高いですよ...

ちゃんこ鍋のおすすめの具材

鱈・長ネギ・じゃがいも

鱈の切り身私がちゃんこ鍋でおすすめしたい具材は、鱈と長ネギ、あとジャガイモです。鱈と長ネギはどんな鍋にも合いますが、こってりしたちゃんこ鍋でももりもり食べられます。

どちらも口触りがさっぱりしているからと思います。うちではあまり魚料理をしないのですが、子供たちは鍋に鱈が入っていると取り合いになるので、何時も沢山入れています。鱈の代わりに稀に鮭が入っているときもありますが、美味しいです。

ジャガイモは、私個人が好きなので入れていますが意外と合う具材です。男爵だと煮ていると崩れてしまいますが、それもまた美味しいです。うちでは男爵や新じゃがを二つ分輪切りにして入れています。

お餅

スライス餅ちゃんこ鍋の中でも変わり種の具材としておすすめできるのが、お餅だと思います。最近ではお餅の中でも薄っぺらい板状のお餅が売っているため、このお餅をしゃぶしゃぶして食べると非常に手がかからず食べることができます。

お餅は鍋に中に入れると丸餅や角餅ですと少し時間がかかってしまったり、また時間がかかるため放置しすぎて鍋の外側にこびりつき、土鍋と一体化してしまい、溶けてしまったりして食べる時期を判別するのに少々手間がかかるのです。

板餅ですとしゃぶしゃぶして食べれますので、食べるころ合いを逃すことなく美味しくいただけるのでおすすめします。

スポンサーリンク

豆乳鍋の変わり種

はんぺん

はんぺんおすすめの豆乳鍋の変わり種の具材は、ハンペンです。ハンペンは味がサッパリしていて、スープを吸い込むと膨らんで柔らかくなります。豆乳鍋の優しい味に溶け込んで、フワフワの優しい味のハンペンになります。

食べ方のポイントは、ハンペンがスープを吸って大きくなるので、少し小さめにカットして入れることと、豆乳鍋のスープとハンペンをよそったら、キムチを自分でトッピングすると、味にアクセントがついて、また違う味わいを楽しむ事ができます。

豆乳鍋のスープとキムチの辛味は、スープがまろやかなので、マイルドな味になります。ハンペンとも、よく合います。

キムチ

キムチ豆乳鍋は大豆の栄養がたっぷり含まれているので、美肌効果が高く、まろやかな味わいの鍋物です。私の好きな豆乳鍋の変わり種の具材はキムチです。

キムチと豆乳鍋は一見するとミスマッチのイメージがありますが、キムチの辛さが和らいで、まろやかになるのでとても美味しいです。食べ方のポイントは、他の具材に火が入ってから最後にキムチを入れるのをお勧めします。

キムチは韓国などでは定番の漬物ですが、発酵食費なので乳酸菌が豊富に含まれています。豆乳鍋に入れるととても美味しいので試して下さい。豆乳鍋にキムチを入れると、適度な辛さになるので辛い鍋物が好きな人にお勧めです。

豆乳鍋
豆乳鍋の具材│変わり種10選と余った時のアレンジ方法も紹介!優しい味わいの豆乳をベースに出汁を加えた豆乳鍋は、野菜をたくさん食べられるだけでなく、大豆に含まれるイソフラボンも豊富で女性に人気の鍋で...

トマト鍋の具材のおすすめ

餅巾着

餅巾着トマト鍋の変わり種のおすすめ具材は餅巾着です。餅巾着と言うとおでんの具材として一般的ですが、意外とトマト鍋にも合うんです。油揚げからは旨味がスープに染み出る代わりに油揚げがスープを吸って中身の餅にもしっかりと味が染みます。

我が家では油揚げと切り餅を買ってきて自分で餅巾着を作ります。その時に一緒にチーズを入れたり、細かく切ったきのこを入れたりしていろんな餅巾着を作って楽しんでいます。
簡単に作れるので、子供と一緒に楽しみながら作れます。

餅が入っているので、鍋の締めまで食べきれない子供達にはオススメです。

トマト鍋
トマト鍋具材おすすめ10選!余った時のアレンジ方法も紹介!近年女性から高い人気を集めている「トマト鍋」。トマトにはビタミンやリコピンなど様々な美容成分が含まれているだけでなく、鍋料理にすることで...

カレー鍋の具材の人気

とろけるチーズ

とろけるチーズカレー鍋の時に我が家で必ず入れる具材は、鍋の最後になりますが、とろけるチーズを投入します。カレー鍋には豚肉か鶏肉、キャベツや白菜などの野菜もいれますが、最後にやはりご飯をいれてぞうすいのようにして食べたくなります。

鍋の具材をほとんど食べてしまった後に、余った白飯を鍋へ投入して、再度火をつけてぐつぐつさせたら、ピザ用のとろけるチーズをたっぷりと入れます。

寒い冬にはとてもあたたまって、美味しくご飯がいただけておすすめです。我が家でもとても人気のある鍋です。チーズはたっぷりと入れたほうが美味しいです。

餅カレー鍋の具材で人気は餅(モチ)、小学生の子供がいる私の家では毎月1度は必ず行うカレー鍋、作るのは日頃家事をしていないサラリーマンの私。麺類やライスも腹持ちしますが、茹でたり炊いたりするのが面倒、モチは焼くと形が崩れにくいですが、焼かなくてもグツグツ煮込むと軟らかくなり小学生の子供でも食べやすくなります。

ただし、幼い子供や高齢者などは餅が喉に詰まらないように注意が必要です。子供が幼いと辛いカレー鍋は苦手ですが、餅を入れることで味がなめらかに、また普通のカレー鍋を食べるより餅を入れたほうが体が温まると思います。

餅を入れると鍋全体がドロっとするため、餅はシメ(最後に)のタイミングで入れる、スープが少ないと鍋底に餅がへばり付き洗うのが大変なため、白菜の上に餅を置いて煮込むと良いでしょう。

カレー鍋
カレー鍋具材人気10選!余った時の美味しいアレンジ方法も紹介!子供から大人までみんな大好き!カレー風味の「カレー鍋」はスパイス効果で体がポカポカ温まるだけでなく、野菜もたくさん食べることができてヘル...

カニ鍋の具材のおすすめ

鱈と豚肉

鱈の切り身私のおすすめのカニ鍋の具材ですが魚は鱈で、肉は豚肉です。理由は白身の中でも旨味が詰まった素材なので、カニ以外で旨味を感じれて邪魔にならない素材だと思います。

肉については、鍋には大多数の人が白菜を入れると思います。白菜に合う肉と言ったらやはり「豚肉」です。

食べ方については特にこだわりはないのですが、最後にうどんを入れて素材から出た味を楽しむ、またはご飯を入れて雑炊にして食べるのが好きです。うどんを入れて食べた後残った汁を取っておき、翌日にご飯を入れて雑炊にして食べると最後まで無駄なく鍋を全部食べれます。

鶏ひき肉団子と白身魚

つみれカニ鍋の時入れるお肉は鳥挽肉団子を入れることが多いです。いわゆるつくねです。そしてカニ鍋の具材は白菜大根水菜にんじんを入れてお魚は白身魚を入れることが多いです。カニと喧嘩しないように淡泊なお魚など入れることが多いです。

最後の締めに鮭を入れて雑炊にして食べるのが我が家の定番ですが、最初は鳥つくねや白身魚など入れて食べることが多いです。また、刺身をしゃぶしゃぶにして食べるのもオススメです。

カニのダシが出るまでは、あっさりした具材を入れますが、カニのダシが出てきてからは、鮭や牛肉など味の濃い具材を入れて最後は味噌味にして雑炊で食べることが多いです。

カニ鍋
カニ鍋具材│魚と肉のおすすめの組み合わせ6選!美味しい食べ方も紹介!冬のご馳走鍋といえば真っ先に思いつくのが「カニ鍋」ですよね!かには高級食材なので、滅多に食卓には並ばないご家庭も多いですし、カニだけだと...

牡蠣鍋具材おすすめ

キムチ

キムチおすすめの牡蠣鍋の具材はキムチです。醤油や塩ベースのスープで作った牡蠣鍋に、キムチの素を入れたり、キムチを入れたりするとアクセントになって美味しいです。

牡蠣鍋はサッパリしたスープか、味噌味の土手鍋で頂く事が多いと思いますが、キムチをトッピングする場合はサッパリしたスープがおすすめです。味噌味に合わせるとコッテリとした濃厚な味わいとなり、醤油や塩ベースのサッパリしたスープにトッピングすると、キムチの味が引き立ちます。

牡とキムチの相性もよいので、牡と一緒に頂くと美味です。スープをキムチベースのスープを混ぜても、ピリ辛風味の美味しい味わいとなります。

牡蠣鍋
牡蠣鍋具材おすすめ10選!美味しく食べれるアレンジ方法も紹介!冬の旬を迎えるプリプリな身がたまらない牡蠣は、栄養価も豊富で「海のミルク」とも呼ばれていますよね。 そんな美味しい牡蠣を使った「牡...

寄せ鍋具材おすすめ

ちくわぶ

ちくわぶ鍋物の季節になり、スーパーマーケットには色々な鍋のツユや具材が並ぶようになりました。特に寄せ鍋は何を入れても美味しく楽しめます。寄せ鍋もいいけれどおでんも食べたいと思う事もあります。

そんな時は、家では寄せ鍋の定番、鶏肉・鶏肉の団子・豚肉・魚介類や野菜の他に、おでんのネタを入れることがあります。寄せ鍋の具材の変わり種のおすすめは、おでんのちくわぶです。

もっちりとしているので、お餅やきりたんぽの感覚もありますが、何といっても煮込んでいても崩れない事です。切り方も小さくしたり、歯ごたえが好きな方は大きめにカットしてください。

寄せ鍋
寄せ鍋具材変わり種10選!余った時のアレンジ方法や美味しい食べ方も色々な具材を寄せ集めて作る「寄せ鍋」は具材に何を入れるという定義はないものの、鍋の具材の定番である白菜・ねぎ・きのこ・肉などのなってしま...

きりたんぽ鍋のおすすめ

鶏肉

鶏肉きりたんぽ鍋の具材には鶏もも肉は欠かせないと思います。きりたんぽ自体はご飯なので、美味しいスープをなじませて食べたいですよね。鶏もも肉はジューシーでとても相性がいいです。鍋全体に鶏もも肉の出汁と脂でコクがでます。

鶏肉は、豚肉や牛肉より旨味成分が多いそうです。なので比内地鶏が用意できなくても、鶏肉の出汁は外せないと思います。

鍋に入れるとききりたんぽに焼き色がついていると思いますが、鶏もも肉も鍋に入れる前に一回フライパンで焼いてこんがり焼き色をつけてから使うと風味が増します。何よりこのひと手間で、格段に美味しそうに見えるのでおすすめです。

せり

せり私はきりたんぽの本場、秋田に住んでいます。県内を転居し、いろいろ回りましたが同じ秋田県内でもきりたんぽは様々なバリエーションがあります。また、県外でもきりたんぽ鍋を食べたことがありますが、県外で食べたきりたんぽ鍋に違和感を感じることがあります。

それはある具材になります。秋田県内だと、バリエーションは違えど、その具材を大概の場所で使用していますが県外だと供給があまりないのか「水菜」を使用していることが多いです。前置きが長くなりましたが、その具材は「セリ」になります。

私にとってはなくてはならないおすすめの具材になります。セリは水菜と異なりクセのある具材になります。ほんのり苦味、風味がありますが、これがこの鍋には良いのです。きりたんぽ鍋はどちらかというとマイルドなクセのない鍋です。

水菜を使った場合、印象の少ない鍋になるのですが、セリを加えことによって良い意味でクセを生んでくれます。(味にメリハリが出ます)セリのないきりたんぽ鍋しか食べたことがない人にはぜひ入れて食べてもらいたいです。

きりたんぽ鍋
きりたんぽ鍋具材おすすめ9選!美味しく食べるコツも紹介!秋田県の郷土料理の「きりたんぽ鍋」ですが、最近は秋田県以外のスーパーでも鍋の季節になるときりたんぽ鍋が販売されるようになり、認知度がぐっ...

赤から鍋のおすすめ具材

豚肉私がおすすめする赤から鍋の具材は、豚バラ肉です。その中でもなるべく脂が多く入っているものがいいと思います。ロース肉でも十分美味しくいただけるのですが、あっさりしすぎてしまい、少し物足りなく感じてしまうかもしれません。

豚バラ肉ですと、赤からの甘辛いスープに豚の脂が溶け出し、脂の甘みがスープによく合います。脂たっぷりでもしつこくなく、最後まで美味しくいただけます。

変わり種の具材としては、チーズをおすすめします。量を気にせず、たっぷりと入れてみてください。チーズを入れることによって、スープの辛みが落ち着き、とてもまろやかな味に変化します。

子供が好きな鍋の素

ミツカン 〆まで美味しいごま豆乳鍋つゆストレート

子供が好きな鍋の素は、ごま豆乳鍋です。豆乳をそのまま飲むのは苦手な子供が多いですが、ゴマの香ばしさと豆乳のクリーミーでまろやかな味が人気です。

また食べ進めると飽きてしまったり、野菜をたっぷり入れると水分が出て出汁が薄くなってしまうので、追加で市販のコーンクリームスープの素を投入するのもおすすめです。甘い香りと、とろみが子どもの食欲をそそります。

最後はこれまた子どもに大人気のパスタでコーンクリームスパゲッティにします。あらかじめパスタを茹でておき、自分で好きなだけ鍋の出汁をかけます。途中で味変をすることで最後まで椅子に座って食べてくれるので嬉しいです。

カゴメ 完熟トマト鍋スープ

うちの子供が好きな「鍋の素」は、カゴメ完熟トマト鍋スープです。トマト鍋スープは、甘味とコクがあり酸味もまろやかなので子供が食べやすいからです。

キャベツ、玉ねぎ、人参、ウインナー、鶏肉、きのこをいれて野菜かやわらかくなるまで煮込んで食べるのがおすすめです。鍋だけではなくパスタをいれてトマトパスタにしたり、鍋の締めに、ごはんとチーズをいれてリゾットにして食べるのも大好きです。

野菜とお肉の栄養が詰まったトマトスープなので、リゾットにしてスープまで使ってしまえば子供に必要な栄養が簡単にとれるのでおすすめです。週に1度は必ず作っています。

しろくま鍋
子供が好きな鍋の素おすすめ8選!美味しく食べるアレンジも紹介!寒くなってくると家庭の食卓に登場する頻度がアップする鍋料理ですが、素さえあれば材料を着るだけで手軽に作れるのでママにとっては大助かりです...

子供が喜ぶ鍋の具材はウインナー!

ウインナー我が家の子供が喜ぶ鍋の具材は、ウインナーです。基本的に朝食に出す事が多いウインナーですが、鍋に使用すると一味違った味わいになるので気に入っているようです。焼いた時とは違った触感や味が楽しめておすすめですよ。

我が家では皮付きのウインナーを使いますが、皮が苦手なお子さんの場合は皮無しでも十分美味しいと思います。また、普段は割引の安いウインナーを使用しますが、鍋に入れる時には少しランクアップしたウインナーを使用します。

ジューシーな肉汁がさらに味を引き立ててくれるので、鍋の場合良いお肉よりも喜ばれています。

しろくま鍋
子供が喜ぶ鍋の具材のおすすめ9選!食べ方のポイントも紹介!野菜をたっぷり入れてグツグツ煮込めばいいだけ!の鍋料理は、ママも楽ちん♪しかも美味しい冬に食卓に登る回数が多いメニューですよね。 ...

まとめ

今回は今回は、キムチ鍋、ちゃんこ鍋、豆乳鍋、トマト鍋、カレー鍋、牡蠣鍋、寄せ鍋、きりたんぽ鍋に鍋具材おすすめ16選!変り種や余った時のアレンジ方法も紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

定番の具材と変り種を混ぜることで、いつもの鍋に変化を付けて美味しく食べることができますよ!

また、子供には食べやすい鍋の素と具材を使ってあげることで、喜んで鍋を食べてくれると思うので、是非試してみて下さいね。

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事:  キムチ鍋の具材変わり種10選!余った時のアレンジ方法も紹介!