レシピ

子供が好きな鍋の素おすすめ8選!美味しく食べるアレンジも紹介!

しろくま鍋

寒くなってくると家庭の食卓に登場する頻度がアップする鍋料理ですが、素さえあれば材料を着るだけで手軽に作れるのでママにとっては大助かりですよね!

でも、スープによっては子供が「この味、好きじゃない!」と食べてくれない事もあり、どんな味の鍋の素が子供は好きなんだろう??と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、子供が好きな鍋の素おすすめ8選!美味しく食べるアレンジも紹介!と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね☆

スポンサーリンク

ミツカン 〆まで美味しいごま豆乳鍋つゆストレート

子供が好きな鍋の素は『ミツカン 〆まで美味しいごま豆乳鍋つゆストレート』です。辛い鍋はまだ食べられないし、かといって水炊きや昆布で出汁をとり、つけだれで食べる鍋は手間がかかるし子供には味気ない。

簡単に美味しく食べれる鍋の素はないかぁと思って買い始めたのがきっかけです。食べ方はいたって普通。鍋の素の袋に書いてあるとおりにだいたい作ります。多少具材はその日によって変化しますが、基本的な食べ方は普通の鍋と一緒です。

最後の締めで、うちではうどんを入れてごま豆乳鍋うどんをすることが多いです。寒い日には簡単に作れて、温まる、そんな鍋がいいですよね。大人も子供も家族みんなで食べられる『ごま豆乳鍋』はとてもおすすめです。

カゴメ 完熟トマト鍋スープ

うちの子供が好きなトマトベースの鍋の素の「カゴメ 完熟トマト鍋スープ」です。鍋の素を使えばしっかり味がついているので、それ以上の味付けは不要なので、楽チン。

あたたかい鍋は、お肉も野菜もどちらもたっぷりとれて、体を芯から暖めてくれるから、寒い冬におすすめです。しかも、具材を切って煮込むだけの簡単レシピは、忙しいママの強い味方です。

私もゆっくり何品も作っている時間がない日は、カレーかトマト鍋のどちらかにいつもお世話になっています(笑)1日で食べきれないときは、翌朝にご飯を入れれば、あっという間にトマトリゾットの完成!

スポンサーリンク

プチッと鍋の寄せ鍋の素

うちの子供が好きな鍋の素は「プチッと鍋の寄せ鍋の素」です。うちの子達は変わった味の鍋は警戒して食べてくれません。寄せ鍋味はオーソドックスな味なので、嫌がることなく食べてくれるため、そういったお子さんにはおすすめです。

プチッと鍋なら少量だけでも作れるため、大人は別の味の鍋を食べたい時はそれぞれ小鍋で食べる分だけ作ることができるので助かります。食べ方のポイントとしては、野菜の歯ごたえが残ったままだとあまり食べてくれないので、敢えてクタクタになるまで煮て柔らかくしてから食べさせています。

また、キノコ類は独特の風味が出てしまうのが嫌なのか椎茸やしめじを入れると食べてくれなくなるため、癖のないえのきを一口幅に切って入れています。

ダイショーの豚うま鍋スープ

鍋の素なら、ダイショーの豚うま鍋スープがおすすめです。だしスープはありきたりなイメージがありますが、ほっとする優しい風味なので、子供が好きな味わいです。

鰹・鯛・エビなどを使用した合わせだしなので本格的。しかも、3、4人前で300円代なのでコスパも良いです。家計に優しい鍋ですよ。

おすすめの食べ方は、豆腐やネギなどの和風鍋らしい具材を入れること。そこに必ず豚ロースのうすぎりを加えます。うすぎりを選ぶと臭みもなくなるので、出汁の旨みと相まってご飯が進みます。シメはあえてかために炊いたご飯と溶き卵をまぜて雑炊風にいただきます。

コク旨スープがからむ ごま豆乳鍋用スープ

子供が好きな鍋の素はコク旨スープがからむ ごま豆乳鍋用スープです。理由は豆乳のミルキーさが好きなんだと思います。また子どもは出汁がしっかり出ている料理が好みなので豆乳のミルキーさにプラスされた出汁の隠し味も味覚として捕らえているのだと思います。
もともと牛乳は好きではないのですが豆乳自体は好きです。

私たち親子は食の味覚や好みに大きな差があり子供が好きなもののポイントがよくは把握できていないのですが豆乳は嫌がらずに飲んで習慣化されていますので鍋でも豆乳系を試してみましたら喜んでしました。

食べ方としては、しめをパスタにすること。鍋の具がある程度なくなったらパスタ麺を乾麺のまま投入します。麺がやや茹で上がったらそのまま溶けるチーズと卵の黄身、塩コショウ、オリーブオイルを入れてかきまぜるとカルボナーラの出来上がりです。

鍋の状態で腹8分目だとこのカルボナーラはちょうどよく満腹になりますのでおすすめです。

〆まで美味しいキムチ鍋つゆストレート

我が家の子供が好きなのは、ミツカンの「〆まで美味しいキムチ鍋つゆストレート」です。お湯で辛さを調節できるので、初めてキムチ鍋を食べるお子さんでも安心して食べられます。

わが子は生まれて初めてのキムチ鍋でしたが、とても美味しく気に入ってくれました。また、新しい味に対する苦手意識もあったため、それからはずっとこの鍋の素を使っています。

一般的には〆にラーメンを食べると思いますが、我が家ではうどんを〆に楽しみます。うどんが好きな方には是非おすすめしたい食べ方です。小さなお子様であれば、最初から入れると辛さが緩和されるのでそちらもおすすめです。

すき焼きの素

我が家の子供が好きな鍋の素は「すき焼きの素」です。ほかの鍋の素に比べて甘いのが人気の理由です。また、鍋の後の〆に何を入れても美味しいと言うことで我が家の子供たちはすき焼き鍋の素が好きです。

普通のすき焼き鍋でも喜んでくれますが、我が家ではあえてすき焼きの素を鍋に使うのではなく炒飯に使うのも好きです。すき焼き鍋の素を1;13で薄めた白だしと4(すき焼き鍋の素);6(白だし)の割合で薄めできたての炒飯にかけて食べます。

すき焼き風でかつお茶漬けの様にサラサラと食べれるのでとてもおすすめです。また、鍋素に鶏肉を1時間ほどつけて焼き、焼き鳥丼にして食べるのも我が家では大人気です。

まとめ

今回は子供が好きな鍋の素おすすめ8選!美味しく食べるアレンジも紹介!とと題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

子供と大人の味覚は違うので、チゲ鍋やキムチ鍋は苦手というイメージが強いのですが、キムチ鍋でも薄めたり、豆乳を混ぜてまろやかにすると子供でも食べられるようですよ!

ご紹介した内容を参考に、子供に新しい味の鍋の素を挑戦してみるのもいいかもしれないですね♪子供の喜ぶ鍋の具材もたーっぷり入れてあげてくださいね!

*関連記事:  子供が喜ぶ鍋の具材のおすすめ9選!食べ方のポイントも紹介!

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆