レシピ

子供が喜ぶ鍋の具材のおすすめ9選!食べ方のポイントも紹介!

しろくま鍋

野菜をたっぷり入れてグツグツ煮込めばいいだけ!の鍋料理は、ママも楽ちん♪しかも美味しい冬に食卓に登る回数が多いメニューですよね。

でも、あまりに楽なあまり子供に「ママ、また鍋!?」なんて言われることも…汗

そんな時は、子供が喜ぶ鍋の具材を入れて、「やったー鍋だ!!」と言わせちゃいましょう!!

今回は子供が喜ぶ鍋の具材のおすすめ9選!食べ方のポイントも紹介!とと題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね☆

スポンサーリンク

肉団子と厚揚げ

肉団子鍋我が家の子供が喜ぶ鍋の具材は肉団子と厚揚げです。食感が柔らかい方が食べやすいようで、そのまま鶏肉を入れるよりも肉団子が人気です。

厚揚げは普通の豆腐を入れるよりも鍋自体にコクも出るため、おすすめです。また、もやしは子供が嫌がることなく食べてくれる数少ない野菜の一つで、価格も安いためよく入れています。

食べ方のポイントは野菜をクタクタになるまで煮ることです。子供は野菜の食感がわからない方が食べてくれるため、敢えてしっかり煮込むようにしています。また、一緒に糸こんにゃくを入れると、ラーメン感覚で面白がって食べてくれますよ。

ピザ用チーズ

とろけるチーズ我が家の子供はトマト鍋が好きなのですが、その具材として一番おすすめなのは、ピザ用チーズです。子供たちに大人気のチーズは、トマトとの相性も抜群です。

最初からチーズを入れてももちろんおいしいのですが、わが家ではあえて最初は入れずにさっぱりとしたトマト鍋をひとしきり味わいます。そのあとで途中からチーズを追加するとチーズから出たうま味で、鍋が一気に濃厚になります。

味に変化をもたらしてくれるので、1つの鍋で2度おいしい!他の鍋料理ももちろん作りますが、子供の箸が一番進むのはトマト鍋です。一番子供が喜ぶわが家の冬の定番メニューです。

スポンサーリンク

くずきり

くずきり子供が喜ぶ鍋の具材は、『くずきり』です。なぜかうちの子はくずきりや糸こんにゃくが好きでよく食べます。中でもくずきりはぷるぷるしてモチモチの食感がお好みのようでつるつるっと食べれるのも好きなようです。

うちでは乾燥のくずきりをよく使っています。先に戻さずにそのまま鍋で他の具材と一緒にぐつぐつ煮込みます。お好みですが、袋に書いてある表示時間より少し長めに似た方がぷるぷるっとなるような気がします。

ウィンナーもよく子供が好きでいれていましたが、今は乾燥くずきりが大好きで自分で進んでくずきりを入れるお手伝いもしてくれるので、おすすめです。

ウインナー

ウインナー子供が喜ぶ鍋の具材はウインナーです。どんな鍋にも合うウインナーは出汁が出て、とても美味しいです。またチーズが入ってるものもあるので洋風の鍋にはおすすめです。

我が家ではウインナーに一工夫して、カニさんにしてみたりタコさんにしてみたりしています。それだけで子どもは大喜びです。鍋の中からウインナーを発掘しては楽しんでいます。

また子供に手伝ってもらい、油揚げの中にウインナーや細切り野菜を詰めて入れておきます。何が入っているかはお楽しみ。自分で詰めたこともあって、野菜嫌いな子供でも喜んで選んで食べてくれます。

牛肉

牛肉子供が喜ぶ鍋の具材は、やはり王道の牛肉です。家で食べる鍋に牛肉が入っていると、いつもより少し高級な鍋に見えますよね。普段は豚肉や鶏肉が食卓に並ぶのが一般的ですが、それが牛肉に変わることで気持ちも上向きます。

実際、私が子供の頃もすき焼きなどに牛肉が入っている日は大喜びでした。余程牛肉が苦手なお子さんでなければ鍋で他の具材と煮込むことで臭みも減っていますし、まず喜んでもらえる具材だと思います。

とくに、育ち盛りの子供やスポーツをしている男の子などには滋養強壮が期待できる具材ですので、子供が喜ぶという面だけでなく、健康面でもおすすめです。

マロニー

かにすき子供が喜ぶ鍋の具材はマロニーです。好きな具材は鍋にはじめから入れるのではなく最初に野菜類を食べさせてから投入するのがおすすめです。

また子供は野菜が嫌いなのですが鍋が好きなので野菜を食べさせるチャンスだと思っています。しかしこれも普通に入れてしまってもなかなか食べてくれません。食べてくれるのは春菊や豆苗、えのきなどです。なぜそうなのかよくよく考えてみました。くずきりやマロニーに形状が似ているからだと分かりました。

同じように麺をすするように食べられ猫舌の子どもには熱さが冷めやすい形状なので食べやすいようです。子供に食べさせたい食材を他に好きな具材の形状に合わせてカットするのも一つの方法です。

はんぺん

はんぺんうちの子供が喜ぶ「鍋の具材」は、はんぺんです。はんぺんのフワフワした食感と何にでも合うシンプルな味が好きです。うちでは、みそ鍋、しょうゆ、キムチ鍋、ちゃんこ、いろんな鍋の素に入れています。

また合わせる具材は、魚介類だけではなく、鶏もも肉にも合います。おすすめは、カレー鍋の素にいれるのがおすすめです。子供の好きなカレーとはんぺんで食欲も上がります。

はんぺんを使うポイントは、はんぺんは具材に火が通ったあとの最後にいれること。はんぺんの形崩れを防ぎ、食べながらでも味が染み込むので早くいれなくても大丈夫です。

餅巾着

餅巾着我が家の子供が喜ぶ鍋の具材は、おでんに入れる餅巾着です。揚げに鍋の味がよくついているので美味しいのと純粋に餅が好きだからだそうです。また、餅は正月か鍋でしか食べないから特別感があるんだとか。笑

食べ方についてのポイントですが、餅巾着を買ってきてそのまま鍋に入れ味が付くまで煮込んでしまうと中から餅が出てきてしまいます。我が家では鍋に入れる前に分解してあげだけ鍋に入れて鍋だしで味付けして餅を再度閉じ込めて鍋に投入します。

すると餅が鍋の中に溶け出すこともなく美味しく食べられます。少し面倒なのですが綺麗に餅巾着を食べれて味が染みているのでおすすめです。

ねぎ

ねぎ子供が喜ぶ鍋の具材でおすすめなのはネギです。少し意外かもしれませんが、鍋だからこそネギが食べたくなるものです。ネギの絡みやシャキシャキ感が苦手なお子さんは多いですが、鍋にはいることでネギがくったりして食べやすい食感になります。じっくり火を通すことで、ネギ本来の甘味も引き立ちますよね。

私の友人の子供もネギが嫌いでしたが、鍋の具材として細かめの乱切りにして長めに煮込んだところ、美味しそうに食べてくれたそうです。今では鍋をつついて具材と一緒についネギを絡めてしまうようで、他の具材と楽しむ上でもなくてはならないものだそうです。

食べかたは基本どの鍋にも合いますが、火が通りやすいかつ甘味を感じるためにも、一口大の乱切りがおすすめです。

まとめ

今回は子供が喜ぶ鍋の具材のおすすめ9選!食べ方のポイントも紹介!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

子供は「辛いもの・固いもの・独特の風味があるもの」が苦手な事が多いので、柔らかくて、まろやかな風味の具材を喜んで食べてくれますよね!

子供の好きなスープの素と合わせて、野菜もたっぷり食べてもらいましょう♪

*関連記事:  子供が好きな鍋の素おすすめ8選!美味しく食べるアレンジも紹介!

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆