レシピ

カニ鍋具材│魚と肉のおすすめの組み合わせ6選!美味しい食べ方も紹介!

カニ鍋

冬のご馳走鍋といえば真っ先に思いつくのが「カニ鍋」ですよね!かには高級食材なので、滅多に食卓には並ばないご家庭も多いですし、カニだけだと鍋の具材として足りない…なんて事もありますよね!

そんな時は、カニ鍋の具材として魚と肉を追加するのがおすすめですが、果たしてどんな組み合わせが蟹鍋と合うのでしょうか?

今回はカニ鍋具材│魚と肉のおすすめの組み合わせ7選!美味しい食べ方も紹介!と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね☆

スポンサーリンク

鱈と鶏肉のつみれだんご

鱈の切り身カニ鍋の具材におすすめの魚は、タラです。白身でほろほろと美味しいお魚です。
お鍋のだしによく合うので、冬によく食べています。カニや他の具材のだしも染みて、とてもおいしいです。お魚からも良いダシが出ます。

カニ鍋の具材におすすめのお肉は、鶏肉です。鶏肉ミンチのおだんごを作って入れています。市販のものよりも、自分で作ったほうが断然美味しくできます。

鶏肉のミンチとしょうがや卵、片栗粉、ねぎ等と混ぜ合わせて沸騰したお鍋にスプーンで入れます。手作りでお安く仕上がりますし、本当に美味しいです。おだしにぴったりです。

鶏肉と鱈

鶏肉カニ鍋の具材は鶏肉です!牛肉は癖が強すぎるのでカニの味を引き立てるのには向きません。豚もいいのですが油が多いためどちらかと言うと不向きです。となると鶏肉が一番だと私は思っています!

1番カニの味を邪魔せずなおかつ存在感があるので我が家では鶏肉を入れます!!!鍋を食べ進める時に鶏肉メインな感じでカニを気持ち残すように食べ進めて最後にカニ雑炊にするとカニの身が多く入っているのでカニ雑炊を食べている。という実感が湧いていいです!!

おすすめの魚はタラですかね!魚にしても肉にしてもクセが強くないものを選ぶようにしてます!

スポンサーリンク

つくね団子と鱈

つみれ冬の贅沢品、カニ鍋。カニのうまみとお出汁がたっぷりが絶品ですよね。ただ、カニは高級品なので家族の夕食には量が足りないところが頭の悩ませ所ですよね。そこでおすすめなのが、他のお魚や肉との寄せ鍋にしてしまうこと。ボリュームたっぷりの寄せ鍋を楽しみましょう。

例えば、肉の具材は鶏肉を使ったつくね団子、魚の具材には鱈などがおすすめです。つくね団子はふわふわとしていて、魚はしっかり身がしまっていて食感の違いも楽しめます。

魚介とお肉の色々な具材のうまみが相まってスープもよりいっそう美味しくなります。さまざまな具材を楽しんでみてください。

鰤と鶏肉

ぶりしゃぶカニ鍋はカニのだしがよく出るので、肉は具材として鶏肉しか入れません。つみれにすることが多いです。味噌系のスープにする場合は豚肉でもいいかもしれませんが、豚肉の匂いがカニの風味と喧嘩しがちなので個人的に鶏肉が好みです。

魚は基本的に淡白な白身であれば特にこだわりはないですが、季節的にも鰤が1番使っているかもしれません。鮭では少し香りの主張が出るので、それならばちゃんちゃん焼きや鮭主体の石狩鍋などにしたいです。

蟹の出汁でぶりしゃぶなどで食べても美味しいですよー。

鱈としゃぶしゃぶ用の豚肉

豚肉 しゃぶしゃぶ用私のおすすめのカニ鍋の具材の魚はタラで、肉はしゃぶしゃぶ用の豚肉です。タラはどんな鍋にも合うのでおすすめですが、特にタラの白子が絶品です。用意ができるようであればタラと白子両方入れるとうまみも満足度も一気に高まります。

お肉は断然しゃぶしゃぶ用の豚肉がおすすめです。カニからいい出汁が出ているスープでのしゃぶしゃぶは本当においしいです。

カニは高級なので年に一回くらいしか鍋で食べられないので、カニ鍋の時はタラとタラの白子、豚のしゃぶしゃぶ肉を全て用意して贅沢を楽しんでいます。鍋のおいしい季節になってきたのでこれからが楽しみです。

魚のすり身(かまぼこ)と豚の薄切り肉

かまぼこカニ鍋は、カニばかりが主役となって他の具材があまり目立たないことが多いです。特にカニの量が少ないとカニが終わってしまうと寂しくなりますね。そんなカニ鍋におすすめのお肉は、カニの味を壊さないような豚肉が良いと思います。

材料は、豚肉の薄切りとお鍋の定番白菜です。白菜は軽く茹でて水気を切り豚肉と同じくらいの大きさにカットしてください。豚肉の薄切り1枚を広げて、白菜を1枚乗せて端からクルクルと巻いていきます。巻きながらカニ鍋に投入しても良いですが、時間がある時は巻き終わりを楊枝などで留めておきましょう。

楊枝の代わりにパスタやマロニーでもいいです。カニの他に魚で入れるのであれば、カニの味を邪魔しない鯛やエビのすり身が良いと思います。すり身の団子をカニ鍋にポンポンと乗せるととても美味しそうでよけいに食欲が増します。かまぼこも美味しいですよ!

鶏肉と生姜風味のつみれ

生姜カニ鍋の具材としては、魚はタラがお勧めです、味が淡白なのでカニの味を邪魔しません。
切り身で売られてる場合が多いですが、塊だったら骨やちあいの部分を取り除いて食べやすい大きさに切って、お酒を少々振っておきます。皮は付けておいた方が崩れにくいと思います。

肉は生姜風味の鶏つくねがお勧めです。鶏ミンチにお酒、生姜、塩、醤油、卵、ネギのみじん切りを入れてよく混ぜる。スプーンで丸めながらカニ鍋の中に入れるだけ。

ミンチをよく冷やしておいて、すごくよく混ぜるのがコツです。丸めるときは大きすぎると火が通りにくくなるので、食べやすい大きさにしてくださいね。

まとめ

今回はカニ鍋具材│魚と肉のおすすめの組み合わせ7選!美味しい食べ方も紹介!とと題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

蟹鍋は美味しいけれど、高級食材なので沢山は入れられないから、魚とお肉を入れて満足感をアップさせたい!そんな時は今回の記事を参考にかに鍋に追加して入れる具材を選んでみてくださいね!

あっさりして濃厚な蟹の出汁には、淡白な風味の食材がよく合うので色々試してみるのも楽しいですね♪

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事:  寄せ鍋具材変わり種10選!余った時のアレンジ方法や美味しい食べ方も