レシピ

ちゃんこ鍋具材の変わり種10選!余った時のアレンジ方法も紹介!

ちゃんこ鍋

どんな具材でも入れてOK!力士の食事としても知られている「ちゃんこ鍋」ですが、どんな具材でも入れていい、といつも定番の具材ばかりになってしまいますよね。

たまには変り種の具材をちゃんこ鍋に入れてみたいけど、どんな食材が合うのかわからない…そんな人も多いのではないでしょうか

そこで今回はちゃんこ鍋具材の変わり種10選!余った時のアレンジ方法も紹介!と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね☆

スポンサーリンク

お餅・牛肉・柚子

餅ちゃんこ鍋の具材には、スタンダードな白菜、お豆腐、きのこ、うどんなどがよく合います。味に癖がないので小さい子供にもお年寄りにも好まれると思います。

友人のお宅で出てきた変わり種で、おすすめしたいのは、柚子とおもちと牛肉です。おもちは少しやわらかめに、牛肉はしっかりアクをとりながらぐつぐつと火を通します。えのきなどのきのこ類も一緒に、柚子をギュッと絞っていただきます。

牛肉って合うのかしら?と思いましたが、これがなかなかおいしいです。柚子の香りもさわやかで素敵です。おもちをとろっとさせると、おいしいです。

がんも

がんもどきちゃんこ鍋に入れる変わり種の具材でおすすめなのが「がんも」です。がんもといえばおでんや煮物に入っているイメージが強いですが、ちゃんこ鍋にも意外と合うんです。

多くの場合ちゃんこ鍋には油揚げが入っている場合が多いですが、それをがんもに変えてみるだけでかなりイメージが変ります。たっぷりとスープを吸い込んだがんもは口の中で噛んだ瞬間にじゅわ~とスープが染み出してきます。

いくつでも食べたくなってしまうやみつきの具材です。ちゃんこ鍋に入れるがんもを選ぶときは具がたっぷり入ったがんもがおすすめです。注意点としてはがんもの中はアツアツなので火傷には注意してくださいね。

スポンサーリンク

水餃子

餃子私がおすすめするちゃんこ鍋の具材は、水餃子です。変わり種で高野豆腐を入れるのですが、水菜など野菜もたくさん入れて味を染み込ませ、水餃子と一緒に食べることでご飯が止まらなくなります。

タンパク質も豊富で代謝が上がるので、アスリートにもピッタリです。また、高野豆腐や豚肉は減量中にもお腹が満たされるので大満足です。もっとヘルシーにしたい時には、餃子の皮だけを入れて、ワンタンの様にして食べています

。ワンタンのモチモチふんわりな食感と同じ感じなので、満たされます。高野豆腐は糖質が低く、ダイエットにも優秀な食材です。

じゃがいも

じゃがいも私のおすすめのちゃんこ鍋の具材は、じゃがいもです。ちゃんこ鍋にじゃがいもを入れるのは珍しいのかもしれませんが、塩や醤油ベースのちゃんこ鍋にも味噌や豚骨ベースのちゃんこ鍋にも合う具材です。

煮込めば煮込むほど、じゃがいもはホクホクに味が染み込んでとろけていきます。肉じゃがやじゃがいものお味噌汁が好きな人にはとてもおすすめの具材です。

ちゃんこ鍋には何を入れたらいいのかわからないと悩んだ時に、冷蔵庫にあったじゃがいもを思いつきで入れてみたのがきっかけで、今では欠かすことのできないちゃんこ鍋のおすすめ具材となりました。

きりたんぽ

きりたんぽ鍋わたしのおすすめのちゃんこ鍋の具材はきりたんぽを入れることです。その理由はきりたんぽはちゃんこ鍋の味にとてもマッチするからです。

食べ方はきりたんぽ鍋と一緒できりたんぽを食べるだけなのですがポイントはしっかりとちゃんこ鍋の汁にしっかりときりたんぽをなじませるというところです。一番最後に入れてしまうとなかなかなじませてしみこませることが出来ないため私の場合は始めから入れてしまっています。

まだ試したことがない方はぜひ試してみてください。美味しいと思っています。私は一番ちゃんこ鍋をよく作りますが、一番おいしいと思っています。

切り餅

焼き餅ちゃんこ鍋の具材でおすすめなのは、切り餅です。もちは雑煮に使うので、しょうゆベースの汁と相性は良いです。もちがちゃんこの汁を吸ってとても美味しくなります。もちは、大きめだと火が通るのに時間がかかるので、小さめに切ってから入れると良いと思います。

食べる人が大人や高齢者の場合は、より小さく切って誤嚥を防ぎます。もちは、炭水化物なのてお鍋のときにご飯を食べなくても良いですが、もちをとおかずにご飯を食べるのもおすすめです。

これからの季節で、切り餅の食べ方のバリエーションとして使えますし、余った際もお鍋に入れると良いと思います。

黒胡麻油で表面に焼き目を付けたきのこ

きのこちゃんこ鍋では、出汁に注意します。出汁が決め手になるのです。生姜を強く効かせた醤油ベースの甘めのスープを作ります。そのため、生姜は生のものと、香りの強い乾燥したものを使います。

具材としては、キノコ類は絶対に入れます。肉と一緒にキノコ類だけ黒胡麻油で表面に焼き目を付けることをおすすめします。また、ナメコは大ぶりのものを一かご分入れます。

寒い季節なので、とろみがついていると、暖かい気持ちになれます。とろみが足りなかったり、なめこなどのとろみの出る食材がなかったら、片栗粉でとろみをつけましょう。

まとめ

今回はちゃんこ鍋具材の変わり種10選!余った時のアレンジ方法も紹介!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

定番の具材になりがちな「ちゃんこ鍋」ですが、たまには変わった具材で楽しみたい!そんな時は今回ご紹介した変り種を入れてみて下さい。新たな発見があるかもしれないですよ~

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事:  子供が好きな鍋の素おすすめ8選!美味しく食べるアレンジも紹介!