健康と美容

三温糖と上白糖の違いは?甘さ・カロリーの違いも検証!

皆さんの身近にある砂糖。料理やお菓子、様々な場面で活躍してくれる調味料ですよね。

上白糖、グラニュー糖、三温糖、てんさい糖等々、スーパーや食品店でよく見かけますが、同じ砂糖でも種類は様々ですね。その違いについてご存知ですか?実はなんとなく使ってたりしていませんか?

今回は上白糖と三温糖の違いに注目してみました。同じ砂糖でも何がどのように違うのでしょうか?なんとなく知っているようで意外と知らない砂糖の製法や使い分けについて、調査してみました。

この記事では三温糖と上白糖の違いは?甘さ・カロリーの違いも検証!題しまして、そんな砂糖にまつわる素朴な疑問や種類についてご紹介します。

SponserdLink

三温糖と上白糖の違いとは?

三温糖とシナモン三温糖と上白糖この二つの違いは、実は「精製過程」で違ってくるんです。

まず三温糖をみていきましょう。

三温糖とは

もう一方の三温糖を砂糖本来の色だと思っている人も多いかもしれませんが、三温糖は純度が高いグラニュー糖や上白糖を精製した後に残った糖蜜を数回加熱したもの。

数回(三回くらい)温めて作る砂糖、だから「三温糖」というのだそう。この加熱によりカラメル成分が形成され、薄茶色になるのです。意外と知らなかったという人もいるのではないでしょうか。

つまり、一見ミネラルを豊富に含んでいるような印象がありますが、実は違うようです。また、最もショ糖の糖度が低いのが三温糖で濃厚な甘さと独特の風味を感じさせます。その為上白糖との一番の違いはやはり甘みの強さと香りとコクです。

上白糖とは?

上白糖はショ糖を主成分としていて、その結晶に濃厚な転化糖液(ブドウ糖と果糖の混合物)を少しコーティングしています。

そのため、他の砂糖よりしっとりしています。また、不純物が取り除かれたことで、無色透明な砂糖結晶が光の反射によって白く見えているのです。

上白糖は日本のどこの家庭ににもある一般的に使われている砂糖です。クセがなくお菓子やお料理、飲み物など幅広く使えて水に溶けやすく、甘みを強く感じさせます。ただ、精製されているので、良くも悪くも消化が早いと言われています。

それでは、それぞれの違いがわかったところで、次に上白糖と三温糖の甘さの違いについて具体的に紹介していきましょう。

三温糖と上白糖の甘さの違いは?料理ごとに分けるべき?

砂糖の甘さをはかる糖度計砂糖の話といえばどの種類もやはり甘さが気になりますよね。上手に使い分ければ、料理やお菓子がさらにおいしくなります。

では、上白糖と三温糖の甘さの違いを比べてみましょう。

シンプルに製法などの観点からみると三温糖の方が甘みが強いようですが、糖度を比較してみると三温糖は96度前後で、上白糖は97.8度前後と三温糖のほうが少し低いという結果がでています。

三温糖は和食にピッタリの砂糖

三温糖は特有の雑味がありますが、風味が増してまろやかでやさしい味にしあがるので、和食に使われることが多いようです。例えば肉じゃがやかぼちゃの煮物、鳥の照り焼きなど素材の甘みを生かしたいお料理に向いているのでおススメです。

上白糖は一般的に一番なじみのある砂糖ですから、先述の通りオールマイティーに使えるので大変便利ですよね。

こだわりが無ければ、使い分ける必要もないので代用する事もできます。味の好みや仕上がりの色を気にする場合は、使い分けるのがいいでしょう。

SponserdLink

三温糖と上白糖のカロリーの違いは?糖質量も調査!

パンケーキ見た目や味の印象から、上白糖より三温糖の方が体に良さそうなイメージがありますが実際はどうなんだろう?と気になりますよね。カロリーの違いも比較してみましょう。

カロリーは100gあたりでみてみると、三温糖は382kcal、上白糖は384kcalでたいして差はありません。スプーン一杯はほぼ一緒と考えて良さそうです。

ついでに栄養価に関しても同様で、前述しましたが、三温糖は最後に残った糖液を使って精製しているので、上白糖に比べると若干ミネラルなどの栄養素が多く残っていますが、微々たる差でほぼ違いがありません。

糖質量の違いは?

さらに糖質量も気になるところですが、砂糖は食物繊維やタンパク質、脂肪も含まないので、糖質の固まりといっても過言ではありません。ドキッとしてしまいますね。

でも三温糖と上白糖だけでみると糖質量は大さじ1に対して約8.9gで違いはなく、どちらも同じなんです。一番糖質が多いのが13gでグラニュー糖でした。

・コクのある煮物を作りたい
・コーヒーに砂糖をたっぷりいれたい
・ヨーグルトには必ず砂糖をいれる

など普段の食生活に何気なく使っている事も多いのではないでしょうか。その習慣は肥満や病気の原因になるので要注意です。隠れ砂糖はさまざまな料理に潜んでいるということを頭にいれておくといいかもしれませんね。

まとめ

今回は三温糖と上白糖の違いについて色々比較してみましたが、いかがでしたか。意外と知らなかった事もあったのではないでしょうか。

・上白糖と三温糖の一番の違いは甘みとコク
・料理に使う時は味の好みや仕上がりの色で使い分けるのがおススメ
・上白糖と三温糖どちらが体にいいというわけではない

ということが分かりました。健康志向の高まりで使うならできるだけ体にいい物をと思ってしまいますが、上白糖も三温糖も扱いやすい砂糖なので、どちらを使うか色々試してみるのもいいですね。いつもと違った風味や味を楽しんでみてください。

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました♪