健康と美容

生姜湯の効能効果は?便秘・ダイエットに効果的な飲み方のコツも!

生姜

肌寒い季節になってきましたが、この時期になると気になるのが「冷え」ですよね。特に女性を悩ませる冷えは、身体に様々な被害が及ぶこともありますよね。

冷え対策には様々な方法がありますが、温活の1つとして体を温める効能の高い「生姜湯」を飲むという方法があります。生姜湯の効能は血行を促進して体を温めることだけでなく、便秘を解消してダイエット効果も得られる魅力的な効能もあるんですよ!

そんな女性にとって嬉しい効能のたくさんある生姜湯ですが、飲み方を意識することでより高い効能効果を得られます。

今回は、生姜湯の効能効果は?便秘・ダイエットに効果的な飲み方のコツも!と題しましてご紹介していくので、是非冷え対策やダイエットの参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

生姜湯の効能で冷えを撃退!

生姜湯生姜湯に使われる生姜には、体を温める効能があるというイメージを持っている方が多いと思いますが、実はそれ以外にも様々な嬉しい効能があるのです。

生姜の効能は・抗炎症作用・鎮痛作用・血液サラサラ効果・血行促進作用・殺菌作用・健胃・整腸作用 など様々ですが、さらに生姜を加熱することで得られる成分もあるのです。

① ジンゲロール

こちらの成分の効能は、アンチエイジング、免疫向上及び風邪予防に効果あります。ジンゲロールは、生の生姜に含まれていてあの辛みのもとになる成分なのですが、これは抗酸化物質の一種なんだそうです。

このジンゲロールを取ることで、抗酸化作用が得られて、活性酸素を取り除きアンチエイジングや免疫向上また、風邪の予防にも効果が期待できます。さらに生で生姜を食べると、殺菌作用にもつながります。かつおのたたきに生姜などがついていることがあるのですが、殺菌作用があるためだったんですね。

また、このジンゲロールのすごいところは加熱すると他の成分に変化すること。次に、その変化した成分についてみていきますよ。

② ショウガオール

こちらの成分の効能は、冷えの改善とダイエット効果をもたらしてくれます。先程のジンゲロールが加熱されると、この「ショウガオール」に変化します。このショウガオールは、成分的にはジンゲロールと大体似ているのですが、大きな特徴としては、身体を芯から温めてくれるということ。

実は、ジンゲロールも身体を温めてくれるのですが、表面のみ温めるので冷え改善とまではいきません。なので、加熱してショウガオールとして成分を摂取することで、身体の中から温まり、冷えを改善してくれたり、痩せやすい身体づくりに役立ってくれるんです。

さらに、脂肪を燃えやすくしてくれる働きもあって、ダイエットにも効果が期待できる優秀成分のひとつなんです。

③ ジンゲロン

こちらの成分の効能は、血管の拡張、冷え改善効果があります。ショウガオールと同じく、ジンゲロールを加熱することで変化する成分「ジンゲロン」。効能は、血管の拡張です。血管が拡張されると、血流もよくなりますよね。

血流がよくなれば、身体中に血が巡るので身体がぽかぽかと温まってくるんです。

このように、生姜湯にすることで、生で摂取するよりも嬉しい効果が得られるんですよ。さらに、身体が温まると新陳代謝も促進され、脂肪を燃やしてくれるといった嬉しいプラス効果もあるんですよ。

どうでしょうか。生姜を生で食べるのと、加熱して生姜湯などで食べるのとではまた成分も効能も変化していきます。どちらの成分もとても嬉しいものばかりですよね。

生姜湯が便秘・ダイエットに効果がある理由は?

女性生姜を温めて生姜湯にして飲むと、生姜の効能に変化があることがわかりましたよね。

そんな生姜湯に、便秘解消やダイエットの効果があるんです。実はダイエットなどにいい理由が、3つほどあるのでみていきましょう。

① 代謝を上げてくれる

身体が冷えていると、血の巡りも悪くなり代謝にも悪影響が出るんです。そこで、生姜湯を飲んで、身体の芯から温まることで冷えが改善されます。すると、体温も上がるので代謝もアップしてくれるんです。

代謝が上がる=カロリーがたくさん消費されるなので、この体温が上がるという事は痩せやすい身体にしてくれるという事に繋がっていきます。

② 老廃物を出してくれる

むくみや便秘もダイエットの天敵です。悪い物を身体に溜め込んでいては、痩せるどころか健康にもよくありませんよね。なので、悪い物を身体の外へ出さなければいけませんよね。

生姜には、「カリウム」も含まれていて、生姜湯を飲むことで余分な水分を外に出してくれるのでむくみ解消にもいいですよ。代謝が上がっていくことで、排出もスムーズになります。

③ ミトコンドリアの働きを助ける

活性酸素は、私たちの身体の中で自然と増えていくのですが、増えすぎてしまうと身体に悪い影響を与えてしまいます。

この活性化酸素を抑えてくれる酸化作用を持っているのが、生姜湯の成分「ショウガオール」、「ジンゲロール」です。この2つの成分が働いてくれると、「ミトコンドリア」という成分が元気になるんですよ。

このミトコンドリアの働きが活発になると、代謝が高まって痩せやすい身体にしてくれますし、ミトコンドリアが元気じゃないと太りやすくなってしまうという弊害が起こってしまうのです。

体を温めて代謝アップがダイエットのガギ!

生姜や生姜湯に含まれる成分で身体が温まることで代謝が上がり、身体に嬉しい効果が発揮されることで痩せやすい身体になっていくんです。

実は身体が温まることで、便秘解消にもつながるんです。身体が冷えると、実は腸内も冷えてしまって腸の動きが悪くなってしまい、便秘につながる事もあるのです。

なので、生姜湯を飲み、冷えを改善することは腸内の温度も上げることになり、腸の動きも改善してくれます。便秘解消すれば、ダイエットにまた一歩つながりますし、ぜひ生姜湯を摂取していきたいですよね。

スポンサーリンク

効能をより高める生姜湯の飲み方のポイント

生姜湯女性に嬉しい効果が期待できる生姜湯ですが、1日のどのタイミングで、どのくらい飲めば効果的なんでしょうか?効果的な生姜湯の作り方も、一緒にご紹介しますね。

まずは、飲むタイミングについてですが、もし、身体を温める効果を1日中持続させたい、という場合は3時間おきに飲むといいそうですよ。きちんと3時間後と決めなくても大丈夫です。

例えば、朝ごはんに1回、昼ご飯に1回、おやつ頃に1回など食事のタイミングだと続けやすいかもしれませんね。

暖かい生姜湯をこ1日何回か飲むことで、ぽかぽか効果つまり代謝が上がった状態を1日中持続させることも可能ですよ。

実家の母がよく、帰省すると毎朝、生姜湯ならぬ生姜紅茶を作ってくれるのですが、今度から帰省中だけじゃなく我が家でも朝とおやつ時ならできそうなので、取り入れてみようかと思います。

運動前に飲むのも効果的!

又、運動前に飲むのも効果的なんです。特に、ウォーキングなどの有酸素運動の前に飲んでみてください。生姜湯で身体の中から温まって代謝が上がっている状態なので、ウォーキングを20~30分程行うとより脂肪を燃やしてくれやすくなります。

例えば、朝に一番忙しく動く主婦の方は、朝ごはん前にまずは生姜湯を飲み、家事をし、子ども達を送り出すだけでも生姜湯の効能でダイエット効果が得られるかも!?

特別、何か運動をするのは、という方もいるかと思うのでぜひ、朝から取り入れてみてはいかがでしょうか?

そして、そんな生姜湯の作り方はいたって簡単で、すりおろした生姜テースプーン1杯分にお湯を注ぐだけですよ。

より効能の高いしょうが湯の作り方

生姜湯ここにさらにひと手間かけて、更に効能の高い生姜湯を作ってみましょう。

先程紹介した様に、しょうがを加熱することで、ダイエットに嬉しい効能がプラスされますので、すりおろし生姜と適量の水をレンジで500w約4分で温めましょう。

また、料理で食べる生姜は食べれるけれど、生姜湯として飲むのは苦手という人もいるかもしれませんね。そんな方や、生姜湯初心者さんもいると思うので更に飲みやすくする方法もご紹介していきます。

生姜湯の独特の風味が苦手…という場合は、生姜湯に、ハチミツを入れて飲んだり、紅茶に生姜湯とハチミツを入れるだけでとても飲みやすくなりますよ!自分にあった分量を見つけてみてくださいね。

また、暖かいスープに生姜湯を入れても身体が温まるのでいいですよ。

まとめ

今回は生姜湯の効能効果は?便秘・ダイエットに効果的な飲み方のコツも!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今まで以上に、しょうがを「生姜湯」としてを積極的に生活に取り入れることで、様々な嬉しい効能を得ることができます。

生姜は生でも、チューブタイプでも手に入りやすい食材ですし、最近は粉末のものもあり手軽に摂取できるようになりましたが、生の生姜が一番効果はあるので極力生のしょうがを使うように心がけてくださいね。

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事:  花粉症へのにんにくの効果が凄い!効能とおすすめの食べ方も紹介!