食材

ブロッコリーの栄養価の高い食べ方は?最強の調理法と冷凍との違いも!

ブロッコリー2

みなさんが大好きなブロッコリー。みなさんはどのように食べていますか? そのまま茹でて食べたり、サラダにしたり、シチューに入れたり, 炒めたりといろんな食べ方ができますよね。

では、実際にこのブロッコリーの栄養価の高い食べ方はどれか?最強の調理方法など知っていますか?

また、ブロッコリーを冷凍保存しても生のものでも栄養価は同じなのか?普段食べていた方法が実は、栄養が逃げちゃってた!?なんてこともあるかもしれません。

あまり深く考えずに食べてたブロッコリー、今回はブロッコリーの栄養価の高い食べ方は?最強の調理法と冷凍との違いも!と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね☆

スポンサーリンク

ブロッコリーの栄養価の高い食べ方とは?

ブロッコリー スムージーブロッコリーの栄養価の高い食べ方のお話の前に、まずはブロッコリーの栄養素と選び方のポイントについてご紹介しますね。

ブロッコリー、ビタミンC, マグネシウム、鉄分、たんぱく質、などのたくさんの栄養素が含まれている野菜、緑黄色野菜です。栄養価の高いブロッコリー、お店で買うときに良く見分けて一番良い状態のものを選んできましょう。

まず、色を見て一番濃い緑のものを選んでくださいね。

次につぼみをみてください。つぼみがしっかり密集しているものを買いましょう。ちょっと蕾の部分を触って見て固くなっているものを選んでくださいね。

茎の下を見て空洞がないか確認しましょう。空洞があると固くなってしまっていて味も落ちてしまいます。一番状態の良いものを選べば、それだけ栄養もしっかり含まれています。

さぁ、次にこの栄養を逃がさないで食べる方法を見ていきましょう!

生のブロッコリーを食べるのが◎

一番栄養価の高い食べ方は、生のままブロッコリーを食べることです。

「え!?生で!?」と思うかもしれませんが、加熱せずにそのまま生で食べることにより、熱により壊れやすいビタミン類などの栄養素が逃げることなく体内に取り込むことができるのです。

ただ、調理したものより生の方が癖があるので、この独特な味が嫌じゃなければ良いと思いますよ。

私自身、ブロッコリーが好きなのですが、初めて生で食べられることを知った時は、衝撃的でしたし、いくらブロッコリーの栄養価の高い食べ方であっても「生はちょっと…」という人も多いと思います。

そんな時は、他の野菜や果物とスムージーにすれば、ブロッコリーの生の独特の味が他のフルーツと一緒に取れるので、摂取しやすくなりますよ!

またそのまま細かくしてサラダにして食べればとても美味しいですよ。生のブロッコリーは硬いので細かくすることをオススメします。

皮の部分をとって芯も忘れずに食べましょうね。実はブロッコリーの芯の部分には一番栄養がたくさん含まれているのです。食べないで捨てちゃってたそこのあなた、捨てちゃうのはもったいないですよ。ゴミ箱じゃなく自分の体の中へ入れてくださいね。

ブロッコリーの最強の調理法はこれ!

ブロッコリー料理ブロッコリーの栄養価の高い食べ方がわかったところで、ブロッコリーを美味しくいただくための最強の調理法を見ていきましょう。やっぱり生だけで食べてたらつまらないですよね。

一番良い方法は、きったブロッコリーをさっと洗って、蒸し器に入れて蒸す方法です。茹でるより蒸すほうが栄養価も高いです。ビタミン類の栄養素が溶けてゆで汁の中に流れることを防げるし、味も凝縮されて美味しく仕上がります。

時間も短縮でき栄養もそのまま残ります。好みによって蒸し時間を変えれば硬さも調整できますよ。

また、ブロッコリーをあらかじめ固く蒸して置いて、他のお料理に使うことも可能です。

シチューやスープにブロッコリーを使う場合は、栄養素がとけても、汁ごと食べることができるのでそのまま体に取り込むことができるから大丈夫です。

またそのまま炒めて食べる方法も良いですよ。水に入れないので、水に溶ける栄養素が逃げることなくそのまま食べることができます。

栄養たっぷりの芯も忘れずに調理しよう!

また、ブロッコリーの芯の部分は栄養が一番多く含まれている部分です。外側の硬い皮を取り除けばとても美味しいので忘れずに調理してくださいね。

ここも同じく、蒸したり、炒めたり、焼いたりして食べればたくさんの栄養を損なわずに体に吸収できますよ。

時間がないときや、忙しい主婦の味方は、電子レンジでチンすることです。ブロッコリーをさっと水にくぐらせてラップや蒸し器のような容器に入れて電子レンジで2、3分。はい美味しいブロッコリーのできあがり。

この方法も栄養を逃さず高いまま食べることができちゃいますよ。私個人的には、ブロッコリー最強の調理方法は、蒸し器で蒸す方法と、電子レンジをオススメします!

スポンサーリンク

ブロッコリーの生と冷凍との栄養価の違いは?

ブロッコリーブロッコリーいつも新鮮な生のものを買うことができれば良いですが、時には冷凍のブロッコリーを使うこともありますよね。

実際、ブロッコリーの生と冷凍では栄養価がどれくらい違うのでしょうか?それとも両方とも同じだけの栄養価があるのでしょうか?みなさんご存知ですか?

実は、生のブロッコリーの方が栄養価が高いのです。というのは、市販の物は、一度加熱処理してから冷凍してあるので、ブロッコリーの中に含まれている栄養素たちは熱に弱いのでどうしても少なくなってしまいます。

冷凍でも栄養素を保つ方法!

お家で冷凍保存する場合は、新鮮なブロッコリーを生のまま小さく切り、切った生のブロッコリーを少量づつラップで包み、密封できるタイプのフリザーバックに入れて冷凍すれば、栄養価が少なくならず、生のものと同じ栄養価を保てますよ。

お店で冷凍のものを購入する場合、製造日付を確認すると良いですよ。旬の時期に作られたものならば、それだけ栄養価が高くなります。

生のブロッコリーも冷凍のブロッコリーも加熱処理をした時点で栄養価は減ってしまいます。そしてどちらにしても、生のブロッコリーをそのまま食べることが一番栄養価が高いのです。いくら栄養価が高いからといっても食べ過ぎには注意してくださいね。

まとめ

今回はブロッコリーの栄養価の高い食べ方は?最強の調理法と冷凍との違いも!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ブロッコリーの栄養価の高い食べ方と最強の調理方法そして、冷凍と生の栄養価をみてきました。みなさんが既にしっていたことや、新たに発見したことなどあったのではないでしょうか?

栄養素がたくさん詰まったブロッコリー、できるだけ全ての栄養をそのまま体内に吸収できるようにしましょう。

ブロッコリーを生のままで美味しくいただくか、蒸して食べるかいろいろな方法を試して、ブロッコリーを美味しく食べてくださいね。

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事:  酒粕の効果的な食べ 方10選と調理法!期待できる健康・美容効果も紹介!