卵が腐る時の見分け方!期間・匂いと、食べたらどうなるかも調査!

お皿に割った生卵

卵焼き、目玉焼き、オムライスにお菓子やパンなど和洋中いろんな料理に使われている卵ですが、腐った卵はどんな感じになるのか知っていますか?

賞味期限が切れているかいないかだけでは判断も難しいですよね。調理してから気づいた時には遅い。もったいないと腐った卵を食べてお腹を壊してしまったことも…。

腐った卵をうっかり口にしてしまわないよう、今回は卵が腐る時の見分け方と、腐るとどうなるのか、食べるとどうなってしまうのかを調べてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。
目次

卵が腐る時の見分け方!

新鮮な卵
冷蔵庫に入れて置いたら安心と思っていた私は卵を腐らせてしまった経験もあります。特売で安さに惹かれ、多めに購入し、食べきれなくて腐らせたなんてことも…。

大丈夫かな?食べられるのかな?と不安に思いながらも、もったいないから使っちゃおう!という気持ちが強めなのです。見た目だけではなかなか見分けが難しいですね。

見分ける方法は4つあります。まずは卵が腐るとどうなるのかで見分け方を解説していきたいと思います。

卵が腐る時の見分け方

  1. 割ってみたら異臭がするかどうか
  2. 卵の黄身がすぐ崩れるかどうか
  3. 卵の黄身と白身が混ざってしまっているかどうか
  4. 水に浮くかどうか

卵が腐ってしまったり、時間が経ちすぎて傷んでいると上記のような状態になります。

また、腐った状態がもっと進んでいくと、卵の殻を割る前に爆発してしまうことも…。原因は卵の中にガスが発生してそのガスが卵の中で充満してしまい、ガスの衝撃により爆発してしまうようです。

爆発してしまうと、異臭がすごいですしそのような状況は避けたいですよね。

まずは見分け方を一つずつ見ていきましょう。

卵が腐る時の見分け方:①割ってみたら異臭がするかどうかで判断

傷んだり腐っている卵は割ってみると異臭がするようになります。どんな臭いがするのかというと

  • アンモニア臭
  • 硫黄のようなにおい
  • トイレのようなにおいがする

明らかに不快なにおいですよね。このにおいがする卵が冷蔵庫の中で爆発したらと思うと、怖いです。このようなにおいを放つ卵を口に入れるのは大変危険ですので廃棄しましょう。

卵が腐る時の見分け方:②卵の黄身がすぐ崩れるかどうかで判断

卵を割って簡単にすぐに黄身が崩れてしまっている場合はその卵が腐っている可能性大です。

菌による腐敗は卵の細胞膜が破壊されているので、少しの衝撃が加わっただけで卵の黄身が崩れてしまいます。

しかし、卵を割る時に黄身を傷つけてしまっていることも考えられますので、卵が腐っているのかどうかを判断する時は気を付けて丁寧に割ってみてくださいね。

卵が腐る時の見分け方:③卵の黄身と白身が混ざっているかで判断

黄身が崩れやすい卵は腐っている可能性があるとお伝えしましたが、卵を割ったら、すでに黄身と白身が混ざった状態も卵が腐っている時のサインです。

卵が古くなって殻の中で混ざってしまった状態です。卵は冷蔵庫のドアの近くにある卵入れに入れて保存しているご家庭が多く、開け閉めするときのドアの動きの振りや温度の上がり下がりなどで腐敗のスピードも上がってしまい、黄身と白身が混ざってしまいます。

ドアの近くのポケットに卵を収納する場所がついている冷蔵庫が多いと思いますが、少しでも衝撃などを避けるためには、そこに収納することは避けた方がいいかもしれませんね。

卵が腐る時の見分け方:④水に浮くかどうかで判断

割る前の卵を、ボウルなどに水を張った状態でそっと入れてみます。卵が水に浮いている状態は腐っている可能性があります。

卵は傷んでくると殻の小さい小さい穴から空気が入っていくので、水に浮かべると浮いている状態になります。新鮮な卵には二酸化炭素がつまっているので、重くて水の中に入れると沈むのです。

割らずに判断できる見分け方ですので、私も時々確認しています。ちょっとわかりにくいなという方は、食塩水(10%くらい)を使うとよりはっきり分かると思うのでぜひ試してみてくださいね。

浮いたからと言って必ず腐っている状態とは限らないので、見分け方を参考に総合的に判断しましょう。

卵が腐る期間はどれくらい?

並んだ赤色卵
卵のパッケージには賞味期限という日付が記載されています。これはこの日までは「生で食べれますよ」という日付です。

この日が過ぎてしまったからと言って、必ずしも腐っているという訳ではありません。賞味期限はパックに詰められてから約2週間くらいの賞味期限がついています。

ですが実は実際の賞味期限よりも設定されているのは短めです。卵の食中毒はほとんどがサルモネラ菌が原因

そのサルモネラ菌が卵の中に入っているとしても一定の期間は繁殖することは少ないので食中毒になってしまうという可能性は少なくなります。その一定の期間に合わせて賞味期限を決めているのです。

卵が腐るまではどのくらいの期間なの?

様々な保存状態があるので決定的な期間は言えないのですが、多くのご家庭での保存条件は冷蔵庫での保管ですよね。低温で保存する場合の目安を調べてみました。

冷蔵庫内(低温)で保存した場合

  • 4月~6月(春)→1ヶ月くらい
  • 7月~9月(夏)→3週間くらい
  • 10月~11月(秋)→1ヶ月くらい
  • 12月~3月(冬)→2ヶ月くらい

これは卵が産卵されてからの目安期間なので購入した日からを考えたら、もう少し短くなります。

でもこの目安期間だけではなく判断するのがおすすめです。

卵が腐ると匂いはどうなる?

卵を割った中身の写真

見分け方①でもご紹介しましたが、卵が腐ると異臭がします。割って初めてわかる場合もあれば、少しひび割れていて匂いがすることもありさまざまです。

腐った卵のにおいは誰しもが不快と感じるにおいなので、多くの人がすぐに判断できるレベルだと思います。異臭を感じたら、口にするのはやめて廃棄するようにしましょう。

サルモネラ菌が繁殖しないようにするには?保存方法

サルモネラ菌が繁殖して、菌が増殖し腐るという流れを考えると、繁殖させないことがベストです。その時に自宅で保存する場合に気を付けたいポイント4つご紹介します。

  • 購入して帰ったらすぐに冷蔵庫に入れる
  • 生食するときは、賞味期限内に消費する
  • 卵の保管は10℃以下がいいので、冷蔵庫内の温度もチェックする
  • 割りおきは×

上記のポイントに気を付けて、怖い食中毒を防ぎたいですね。

腐った卵を食べたらどうなる?

卵かけご飯
腐った卵を食べてしまった場合、どうなってしまうのでしょうか。ずばり、食中毒を引き起こす可能性があるので大変危険です。

卵の食中毒のほとんどの原因が、牛や豚や鶏などの腸内細菌のサルモネラ菌が増殖してくることによる腐敗で引き起こされます。症状は次の通りです。

  • 腹痛
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 発熱
  • 悪寒

8時間~最大4日程度の潜伏期間があり、1週間くらい症状が続くことも…。

免疫力が低いお子さんやお年寄りの方などは、重症化してしまうリスクもあり気を付けなくてはなりません。症状が出てきて、水分を取ることも難しい場合は、かかりつけの病院に行くことが大切になってきます。

まとめ

今回は、卵が腐る時の見分け方や腐ったときの状態などをまとめてみました。

  1. 割ってみたら異臭がするかどうか
  2. 卵の黄身がすぐ崩れるかどうか
  3. 卵の黄身と白身が混ざってしまっているかどうか
  4. 水に浮くかどうか

4つの見分け方を頭に入れて腐っているかそうか、総合的に判断してみてくださいね。腐った卵を食べてしまうと、サルモネラ菌による恐ろしい食中毒を引き起こす可能性があるので気を付けましょう。安心安全な卵で、美味しい料理を作りましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる