冷麺に合うおかずと献立15選!付け合わせと簡単な作り方も紹介!

冷麺

冷麺は、韓国料理の定番料理の1つとして焼肉の後などに食べたくなりますよね!また、夏はサッパリとたべられるのも嬉しいメニューです。

でも、冷麺をメインにした時に、どんなおかずや副菜を合わせて献立を立てたらいいのか?悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、冷麺に合うおかず15選!副菜・献立と簡単な作り方とレシピも紹介!と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね☆

目次

鶏胸肉の唐揚げ/ほうれん草とちくわのごま和え

唐揚げ冷麺に合うおかずは、鶏胸肉の唐揚げがおすすめです。
〈作り方〉
1、鶏胸肉を小さめで食べやすい大きさに切る。
2、鶏肉に塩麹、白だし、すりおろした生姜をもみこんで、半日置く。
3、鰹節を混ぜて、片栗粉をつけて油で揚げる。

冷麺に合う副菜は、ほうれん草とちくわのごま和えです。
〈作り方〉
1、よく洗ったほうれん草を、さっとゆでで食べやすい長さに切る。
2、砂糖、醤油、すりゴマを混ぜる
3、1と2と切ったちくわをよく混ぜ合わせて完成

冷麺は、トッピングにハム、きゅうり、トマト、錦糸たまご、などを使うので、おかずには、ガツンとお肉系のおかずとして、ひとくちサイズの唐揚げか合うとおもいます。

また、副菜には脂っこくないものが合うと思うので、ほうれん草とちくわの和え物がいいと思いました。

カルビ/もやしのナムル

焼肉冷麺に合うおかずはカルビがおすすめです。
<作り方>
1、牛肉の肩バラを薄切りにします。
2、塩、醤油、塩胡椒、おろしにんにく、おろししょうが、砂糖を混ぜ合わせカルビ液を作ります。
3、1を2の液に半日つけ置きます。
4、半日たったらフライパンにごま油を引き、3を焼いてお皿に盛りつけて白ごまをふりかけてできあがり。
(カルビは意外と簡単に自作できます)

冷麺に合う副菜はもやしのナムルがおすすめです。
<作り方>
1、もやしは水にさらして水気を切っておきます。
2、ごま油、塩、醤油、鶏ガラスープを混ぜ合わせます。
3、2と1をタッパーに入れ一晩寝かせます。
4、一晩たったらお皿に盛りつけて白ごまをふってできあがり。
(ちょっと時間はかかりますが、絶品です)

餃子/大学芋

餃子冷麺に合うおかずは、餃子がおすすめです。

1.白菜、ニラ、しいたけをみじん切りにして、塩でしんなりさせ、水分を切ります。
2.豚ひき肉と1を合わせ、醤油、塩、酒をして、良く混ぜます。
3.餃子の皮につつみ、フライパンで蒸し焼きにします。

冷麺に合う副菜は、大学芋です。
1.さつま芋を乱切りにし、水にさらします。
2.揚げ油を用意し、さつま芋をペーパーナプキンで良く拭き、水気を取ります。
3.揚げ油で中心まで火が通り軟らかくなるまで揚げます。
4.水に砂糖を入れ、カラメルを作ります。
5.3を4の中に入れ、絡めます。ゴマをふって出来上がり。

冷麺だとすぐにおなかがすきそうなので、がっつり系の芋と揚げ物にしました。調理法と味付けに重なりがないようにしましたが、作る人は大変だと思います。

焼肉/トマトサラダ

焼肉冷麺に合うおかずは、焼肉がおすすめです。

1.焼き肉用の豚のバラ肉に塩胡椒をかけ少し時間わおきます。
2.茹でて水気をしっかりきったもやし、千切りしてサッと茹でたにんじんを、ボールに入れて、ポン酢、ごま油、生姜チューブ、塩胡椒で味付けします。サラダ菜を盛り付けたお皿に、もやしとにんじん、お肉を盛り付けます。
3.焼肉につけるタレを用意します。レモン汁、ポン酢、市販の焼き肉のタレを用意して、お野菜と一緒に好きな味で頂きます。

冷麺に合う副菜は、トマトサラダです。
1.トマトを厚めの輪切りにします。玉ねぎはみじん切りにし、水でさらし、よく水気をとります。
2.お皿にトマトを盛り付け、その上に玉ねぎをちらします。
3.市販の中華ドレッシングを2にかけて、出来上がりです。

簡単にできる、冷麺に合うおかずと副菜です。

ハムとネギの炒飯/ほうれん草の胡麻和え

チャーハン冷麺に合うおかずはハムとネギの炒飯がおすすめです。

<作り方>
1.ネギはみじん切り、ハムも小さめに切る。卵はボウルに溶いておく。
2.フライパンに油を熱し、ネギ、ハム、
温かいごはんを入れて炒める。卵も入れてさらに炒める。
3.塩、胡椒、中華スープの素で味付けし、
最後に醤油で味を整える。

冷麺は冷たくてサッパリしているので、炒飯を合わせたら満足感が増すと思いました。

冷麺に合う副菜はほうれん草のごま和えがおすすめです。

<作り方>
1.ほうれん草は綺麗に洗って、葉と茎を
それぞれ3等分に切る。
2.耐熱容器にほうれん草を入れて500Wの電子レンジで3分加熱する。
3.余分な水気をしぼり、すりごま、砂糖、醤油で味付けする。

すぐに出来て、野菜も採れるので、よく作る副菜です。

ツナとチーズの青紫蘇春巻き

春巻き冷麺に合うおかずはツナとチーズの青紫蘇春巻きがおすすめです。
<作り方>
1、春巻きの皮に青紫蘇、ツナ、チーズをお好みの量置き、巻く
2、フライパンに油を2cm程度入れ、十分に温める
3、油が温まったら春巻きを入れ、こんがりと色がつくまで揚げ焼きにする
4、食べる際、お好みで塩や醤油などにつける(つけなくてもOK)

熱々の揚げ物のこのレシピは、さっぱりかつひんやりとした冷麺に合う副菜です。揚げ物はこってりとしている印象がありますが、中に入れた青紫蘇が揚げ物でも食べやすくしてくれます。

また、中の具に特に味付けが必要ないのでどんな方でも簡単に作る事ができます。

火の通りを心配する食材も入っていないので、揚げ焼きでもOK!揚げ時間も気にせず作る事ができます。

チヂミ/からあげ

チヂミ冷麺に合う副菜は「チヂミ」です。
1,ボウルにキムチ、もやし、5センチ幅のニラ、千切りにしたじゃがいもを入れる。
2,玉子、片栗粉、中華味、水、ごま油を入れて混ぜる。
3,フライパンで焼く
4,醤油、酢を1:1、ラー油を少々入れチヂミのタレを作る
少しピリ辛のチヂミは冷麺によく合います。
ご飯と冷麺はちょっと重いですし、カロリーも気になります。そんなときにピッタリの1品です。

冷麺に合うおかずは「からあげ」です。

1.鶏肉を味が染みやすいようにフォークでブスブスと身を刺し、一口サイズにカットする。
生姜、にんにく、醤油、酒、胡椒で下味をつけ、15分ほど寝かせる。
2.ポリ袋に鶏肉、玉子、片栗粉を入れてよくまぜる
3,鍋に油を入れ170度になったら鶏肉を入れ揚げる。

暑い時期においしい冷麺ですので中華風のあったかいおかずがおすすめです。

人参しりしり/餃子

人参しりしり冷麺に合う副菜は人参しりしりがおすすめです。
<作り方>
1、人参を千切りにする。
2、ごま油をひいたフライパンで1を炒め、しんなりしてきたらツナ缶を入れる。
3、めんつゆで味付けし、溶き卵でからめる。
冷麺は甘酸っぱい味つけなので、人参の甘みとツナの旨味が効いた人参しりしりがぴったりです。

冷麺に合うおかずは餃子がおすすめです。
<作り方>
1、豚ミンチ、キャベツのみじん切り、ネギ、生姜、ニンニク、醤油、ごま油、塩胡椒を混ぜ合わせる。
2、餃子野皮で1を包む。
3、フライパンに油を引き焼き目が軽くついたら、蒸し焼きにする。
冷麺は冷たいメニューなので、冷たいおかずより温かいおかずの方が合うと思います。餃子は大葉やチーズなど好みの具材に変えることができるので楽しく食べられます。

豚の角煮/キムチ奴

豚の角煮冷麺に合うおかずは豚の角煮です。
1、豚ブロックを焼き色が付くまで焼く。
2、水に1、しょうが、ネギの青い部分、砂糖を入れて火をつける。
3、2をザルにあげて切る。
4、しょうゆ、砂糖、酒、みりん、にんにく(チューブ)を煮たたせ、3を入れる。
5、弱火で煮込む。

我が家は冷麺には合えて叉焼を入れずにささ身を茹でた物を入れて、豚の角煮をおかずにして食べます。

冷麺に合う副菜はキムチ奴です。
〈作り方〉
1、絹豆腐を切る。
2、キムチを刻む。
3、1に2を乗せ醤油とごま油をかける。

醤油はかけてもかけなくてもお好みで大丈夫です。冷麺にかぎらずに、色々な料理の副菜やお酒のあてにもなるので、安くて簡単だけれどあと一品というときによく作ります。

チーズ焼きおにぎり/ツナとコーンの揚げ餃子

焼きおにぎり冷麺に合うおかずはチーズ焼きおにぎりです!
1.白ごはんの中におつまみチーズ(丸い一口チーズ)を入れておにぎりの形にします!
2.フライパンで焼きます!
3.醤油と砂糖を混ぜたものを焼いているおにぎりに塗ってさらに焼き上げます。

チーズ焼きおにぎりは、子供ウケ間違いなしです。

冷麺に合う副菜はツナとコーンの揚げ餃子です。
1.ツナ缶ととコーン缶をたっぷりのマヨネーズで和えます。
2.1をあんにして餃子の皮でつつみます。
3.揚げます!揚げる温度は180度で皮が狐色になるまでです。フライパンに少しの油で揚げ焼きしてください。
4.スイートチリソースをつけて召し上がれ。

ツナコーン揚げ餃子はビールにめちゃくちゃ合います!

肉味噌/フルーツヨーグルト

肉味噌冷麺に合うおかずは肉味噌がおすすめです。
<作り方>
1、豚ひき肉をよく炒める
2、味噌、醤油、酒、砂糖を混ぜ合わせておく
3、ひき肉とに絡める
冷麺のようなあっさりとした主食にはガツンとくる肉味噌がおすすめです。ごはんに乗せるのもいいですか冷麺に乗せてもおいしいです。

冷麺に合う副菜はフルーツヨーグルトがおすすめです。
<作り方>
1、好みのフルーツを一口大にカットする
2、ヨーグルとマヨネーズを混ぜ合わせる
3、1と2を絡める
冷麺でせっかくさっぱりとした口を副菜で台無しにしてしまわないように、同じようにさっぱりと食べられるフルーツヨーグルトをおすすめします。マヨネーズがアクセントになっていて、デザート感を感じずに食べることができます。

ネギ油冷や奴/トマヨ(トマトマヨネーズ乗せ)

冷奴冷麺に合うおかずは、ネギ油冷や奴です。
1.ネギ1本を粗めのみじん切りにします。
2.フライパンにごま油大さじ2を入れて熱します。
3.フライパンにネギ、しょうがチューブ5センチを入れて少し焦げ目がつくくらいに加熱し、仕上げに醤油を入れます。
4.一口大に切った豆腐にフライパンの中身をかけ、カツオ節をかけたら出来上がり。
冷麺自体たんぱく質が少な目なので、豆腐でたんぱく質を補えます。

冷麺に合う副菜は、トマヨ(トマトマヨネーズ乗せ)です。
1.トマトをスライスし、お皿にトランプカードのショーのように斜めに乗せます。
2.マヨネーズを全体にかけます。
食べると甘みを感じます。止まりません。夏の暑い時期にトマトを無限に食べられます。

生春巻サラダ

生春巻き冷麺に合うおかずは生春巻きサラダがおすすめです。
<作り方>
1、胡瓜、人参を細切りにします。
2、エビを湯がきます。
3、レタスを水で洗います。
4、ライスペーパーを水で戻します。
5、水で戻したライスペーパーにレタスをひき、1、2を彩りよく並べまきます。

冷麺に合う副菜は、生春巻きサラダがオススメです。生春巻きはサラダは、野菜を沢山食べれライスペーパーに巻くだけなので、とても手軽です。

海老と一緒に薄切りの豚をを茹でて一緒に巻いたりするのもオススメです。片手で手軽につまめ、皆で食べれるので何個でも食べれてしまいます。

暑い時にはサッパリ野菜などと海老や豚を食べることができるので、とてもオススメです。スイートチリソースでお子様もしっかり食べてくれる一品です。

ゴーヤのみそ炒め/きゅうりのキムチ和え

ゴーヤ冷麺に合うおかずはゴーヤのみそ炒めがおすすめです。
<作り方>
1、豚小間切れ肉を細かく切る
2、ゴーヤを塩でもみ、熱湯で下茹でする
3、ナスと玉ねぎを薄切りにする
4、フライパンで豚肉、ナス、玉ねぎ、ゴーヤを炒める
5、おろしにんにく、砂糖、みそ、酒、みりんを加えて炒め合わせる
みそで炒めると、苦みがなく子どもでも食べられます。
さっぱりした冷麺とゴーヤのみそ炒めがとても合います。

冷麺に合う副菜はきゅうりのキムチ和えがおすすめです。
<作り方>
1、きゅうりを板ずりして水で洗い、ひと口大に切る
2、酢醤油をからめる
3、器に盛り、キムチをのせる
とても簡単に作れて、冷麺にも合います。
夏にぴったりのおすすめのメニューです。

キュウリとささみのピリ辛和え

きゅうりの塩昆布和え私が思う冷麺に合うおかずはキュウリとささみのピリ辛和えです。作り方は簡単なので初心者も簡単にできますよ。

作り方は、きゅうりを1本くらい適当な大きさに切って塩もみしておきます。鳥のささみの筋を取って塩コショウをして酒を振り、ラップをかけて電子レンジで加熱します。中までしっかりと火を通して(2分くらい)、加熱できたら冷まして手で適当に割きます。

ボールにごま油、豆板醤、醤油を少し、入れてきゅうりとささみをあえて出来上がり。

ピリ辛で食感も良く、夏の暑い日にはぴったりです。ビールに合うおつまみで、冷麺に合う副菜だと思います。

冷麺にも具材がたくさん乗っていることが多いので、量は少しでも味にパンチがあるおかずはピッタリ合うと思います。

まとめ

今回は冷麺に合うおかずと献立15選!付け合わせと簡単な作り方も紹介!と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

冷麺は意外にもどんなおかずとの相性もいいですが、やっぱり韓国料理やさっぱりと食べれるのおかず・副菜と合わせると献立がまとまりやすいですよね。

冷麺を作る時のおかずに迷ったら、是非こちらの記事を参考にしてくださいね。

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる