和食に合うおかず・副菜10選

おにぎりに合うおかずと献立10選!付け合わせと簡単な作り方も紹介!

おにぎり

おにぎりは、さっと作れて美味しく食べられるの家庭料理の定番の1つとして食卓に登る機会が多いですよね!

でも、おにぎりだけだと寂しい…そんな時に、どんなおかずや副菜を合わせて献立を立てたらいいのか?悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、おにぎりに合うおかず10選!副菜・献立と簡単な作り方とレシピも紹介!と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね☆

甘い卵焼き、唐揚げ

卵焼きおにぎりに合うおかずは運動会のお弁当に入っていそうなおかずがあうように思います。

甘い卵焼き、唐揚げ、肉団子、ほうれん草の胡麻和え、たこさんソーセージなどがノスタルジックで嬉しいおかずです。

おにぎりに合う副菜は味噌汁など汁物を合わせるとそれだけで一食になるし合うと思います。

あり合わせの野菜、白菜キャベツほうれん草わかめなどと油揚げ、豆腐の普通の味噌汁。肉団子や豚肉、つみれなど肉類と野菜の入ったボリュームのある味噌汁。

中華風のワンタンスープ、卵とトマトの酸味のあるスープも合うと思います。ただしミルクスープやシチュー類はそれほど合わない気がします。

豚汁/だし巻き玉子

豚汁我が家で人気のおにぎりに合うおかずは、だし巻き玉子です。だし巻き玉子はお砂糖を少し多めに入れて、ほんわか甘い玉子焼きが子供たちに人気です。

どんなおにぎりの具にも合うので定番となっています。そしてもう一つ、おにぎりに合う副菜は具だくさん豚汁です。

豚肉とキャベツを先に軽く炒めてから、他のお野菜もたっぷり煮込んで豚汁にすると、キャベツが甘くなってそれでいてたくさんの野菜もとれる豚汁ができ、子供たちがあっという間に朝食を食べてくれて助かります。夫も具だくさん豚汁があるとお腹にたまるようで満足してくれます。

SponserdLink

なめこのお味噌汁/卵焼き

おにぎりに合うおかずは卵焼きです。私はだし巻き卵が好きでよく作ります。顆粒だし、水を入れてレンジで加熱し、そのあと醤油やみりん、卵を入れます。

そして、卵液を少しずつ卵焼き器に流し入れ、巻いていき、卵液がなくなるまで繰り返していきます。私は焦げないように弱めの中火で作っています。

おにぎりに合う副菜は、なめこのお味噌汁です。他にもたくさんお味噌汁の種類はありますが、冷めたおにぎりに熱々のなめこが入ったお味噌汁が合うと思います。

鍋に水と出汁をいれて煮立ててからなめこを入れます。その後味噌を溶きほぐします。

焼き味噌お味噌汁/大根ときゅうりとなすのもみづけ

漬物おにぎりに合うおかずと言えば、「焼き味噌お味噌汁」です。材料は、赤みそ、削り節とワカメとネギだけ。

作り方は、ボールなどに入れた大さじ1杯ぐらいの赤みそに、大さじ1ほどの削り節を混ぜて丸く団子状にして、フォークなどに刺して表面だけ直火焼きにして焼き色を着けます。

ワカメはざく切りにしてください。お椀などに焼いた団子味噌とワカメを入れ、お湯を注ぎ、ネギを入れ、箸などで団子味噌を崩し溶きながら頂きます。

おにぎりに合う副菜は「大根ときゅうりとなすのもみづけ」がお勧め。

作り方は皮を剥いた大根ときゅうりを短冊状に切って、なすはヘタをとって縦状に薄切りをする。大根ときゅうりとなすを合わせて塩を振ってもんで、上に重しなどを置いて約1時間野菜がしんなりするまで待ちます。

野菜がしんなりしたら水洗いあと手で絞って水けをきってからお皿などにもりつければ出来上がりです。マリネのような浅漬けのようなシャキっとした食感とあっさりした味でおにぎりにとっても合いますよ。

筑前煮/山ぐらげときゅうりの和え物

筑前煮おにぎりに合うおかずのおすすめは筑前煮です。

作り方
好きな根菜(大根・レンコン・にんじん等)、椎茸、鶏もも肉を一口大にきる。鍋で鶏もも肉を炒める。表面が焼けたら、根菜・椎茸も鍋に入れる。少し炒めたら、具材が隠れるくらいに水を入れる。

沸騰してきたら、灰汁をとる。醤油・みりん・酒・砂糖を2:2:1:1くらいの割合で入れる。こんにゃくは一口大に手でちぎり入れる。根菜に爪楊枝が刺さるくらいまで煮えたら完成。盛り付けの彩りに絹さやを添えてもok。

おにぎりに合う副菜は、山ぐらげときゅうりの和え物がおすすめです。

作り方
きゅうりを一口大のぶつ切りにし、ポリ袋に入れる。
袋の口を押さえながらきゅうりを潰す。袋に市販の山ぐらげを入れ混ぜる。盛り付けて完成。

鶏の唐揚げ/いんげんの胡麻和え

唐揚げおにぎりに合うおかずとして紹介したいのは、鶏の唐揚げです。今どきですと買ってきても十分美味しいですが、自分で作るとさらに美味しさが増します。

作り方は鶏肉を適当な大きさに切り、ニンニク、ショウガをおろした醤油、お酒ベースのタレに染みこませ、あとは薄力粉、片栗粉に塗して揚げるだけです。

またおにぎりに合う副菜としては、インゲンのゴマ和えが良いと思います。作り方はインゲンを塩水で茹でて、すりごまと醤油で和えればできます。これらおかず、副菜で、ピクニックに行ければお弁当の時間がとても楽しみになり、仲間と楽しい時間も共有できます。

ハンバーグ/ほうれん草の胡麻和え

ハンバーグおにぎりに合うおかずはたくさんあります。卵焼きはもちろん、から揚げやハンバーグなどお弁当のおかずとしてあるものは全部合うと思いますが、わが家はハンバーグを合わせることが多いですね。

から揚げも醤油べースにしてもよいし塩味にしてもいいと思います。好きな味にして衣をつけて揚げるだけです。ハンバーグは和風でも洋風でも合うと思います。

ミンチと玉ねぎのみじん切り、パン粉を混ぜて焼くだけです。おにぎりに合う副菜はほうれん草の胡麻和えやピーマンの雑魚炒めが合うと思います。ほうれん草の胡麻和えは茹でて胡麻と白だしであえるだけです。ピーマンの雑魚炒めはピーマンと雑魚、鰹節を炒めて白だしで味付けするだけです。

キャベツとキュウリの塩昆布和え/卵焼き

きゅうりの塩昆布和えおにぎりに合う副菜は『キャベツとキュウリの塩昆布和え』です。

キュウリを薄く輪切りにし、キャベツは手でちぎっていきます。それらをポリ袋へ入れてから、塩昆布を入れていきます。全体へ塩昆布が行き渡るようによく振ったり、揉み込みます。その後冷蔵庫で少し寝かせたら完成になります。

私がオススメする、おにぎりに合うおかずは『卵焼き』です。

卵3個を割り、砂糖、出し汁を入れ、よく混ぜます。フライパンに油を引き、薄く焼いたものを丸めていくという行程を繰り返して完成です。また、卵焼きに間にほうれん草とチーズを入れて焼いたものもオススメです。

豚肉の細切れをと玉ねぎの甘辛炒め

ナスと豚肉炒めおにぎりに合うおかずは、豚肉の細切れをと玉ねぎの甘辛炒めです。フライパンにごま油と市販のチューブにんにくを入れて軽く熱し、そこに豚肉の細切れを入れます。

色が変わってきたら、切った玉ねぎを入れます。玉ねぎが透き通ってきたら、醤油と砂糖を入れて完成です。

おにぎりに合う副菜は、人参と小松菜のレンジで作るレシピです。人参を千切りにして、小松菜は洗って適当な大きさに切ります。

お皿に軽くふんわりラップをしレンジで600ワットで2分半温めます。温め終わったら、温かいうちに白だしと市販の中華の素を入れてあえて完成です。

浅漬け/唐揚げ

浅漬け私のおすすめのおにぎりに合う副菜は、キャベツとキュウリの浅漬けです。

作り方は、キャベツとキュウリを適当な大きさに切り、スーパーなどで販売している浅漬けの素、ミョウガと袋の中で混ぜ、少し置かせるだけです。とっても簡単で、サッと作れてすぐに食べられるというのが大きな利点かなと思います。

私のおすすめのおにぎりに合うおかずは、子供から大人まで大人気の唐揚げです。

作り方は、醤油みりんなどの調味料と鶏肉を混ぜて10分ほど寝かせます。その後、小麦粉をまぶし、きつね色になるまで油で揚げます。小麦粉ではなく米粉を使ってもとても美味しく仕上がります。

まとめ

今回はおにぎりに合うおかずと献立10選!付け合わせと簡単な作り方も紹介!と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

おにぎりは意外にもどんなおかずとの相性もいいですが、やっぱりおにぎりがシンプルな故、ガッツリ系のおかずや副菜と合わせると献立がまとまりやすいですよね。

おにぎりを作る時のおかずに迷ったら、是非こちらの記事を参考にしてくださいね。

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!