ステーキに合うおかずと献立20選!付け合わせと簡単な作り方も紹介!

ステーキは、お肉をガッツリ食べたいの定番料理の1つとして食卓に登る機会が多いですよね!

でも、ステーキをメインにした時に、どんなおかずや副菜を合わせて献立を立てたらいいのか?悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ステーキに合うおかず20選!副菜・献立と簡単な作り方とレシピも紹介!と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね!
目次

ステーキに合うおかず5品

それでは、ステーキに合うおかずからご紹介していきます!

エスカベッシュ

エスカベッシュステーキに合うおかずは「エスカベッシュ(小魚の南蛮漬け)」がおすすめです。

<作り方>
1、きびなごに片栗粉をまぶして油で揚げます。
2、玉ねぎは薄切り、パプリカは細切りにします。
3、砂糖、酢、しょうゆ、オリーブ油で甘酢を作ります。
4、揚げたきびなごと野菜を3、の甘酢に漬けます。

ステーキがガッツリメニューなので、さっぱりとした魚のおかずを考えました。甘酢に漬ける野菜は玉ねぎやパプリカの他にも、ピーマン、にんじんもおすすめです。

出来立てを食べるよりも甘酢に長く漬けた方がおいしいです。漬ける時間は30分以上あると、よりおいしくなります。

オムレツ

オムレツステーキに合うおかずは、オムレツがおすすめです。
<作り方>
1、保存容器に卵3ヶ、マヨネーズ大1を混合する。
2、1の中に、一口大にカットしたブロッコリーとプチトマトを入れる。
3 、 電子レンジ500Wで1分半加熱する。
4、電子レンジで加熱後、スライスチーズ3枚のせて、250度のオーブンに7〜10分焼く。

※今回はブロッコリーとプチトマトの食材を入れておりますが、冷蔵庫に残っている野菜やハム、ベーコン、竹輪、しらすなどもおすすめです。しらすとベーコンを入れて、カルシウムが摂れるようにするのもおすすめです!

オイルパスタ/じゃがいものバジル風味

サーモンクリームパスタステーキに合うおかず シンプルなオイルパスタ パスタをゆでて、ツナやコーンなどを入れて、オリーブオイルで炒めます。

味付けは塩胡椒位で、パセリを散らすと彩りも良いと思います。パスタは、3分で茹で上がるタイプなどを使うと、時短になります。

ステーキに合う副菜 じゃがいものバジル風味
じゃがいを適当な大きさに切り、竹ぐしが通るくらいにゆでて、パスタ用のレトルトのバジルソースをからめます。

バジル以外にも、タラコソースなど、パスタ用のソースを調味料として使うと便利です。どちらも色味が加わるので、見た目も良いです。

じゃがいものグリル

グリル料理ステーキに合うおかずは、じゃがいものグリルや、カルパッチョなどで、ステーキに合う副菜はサラダでしたら、ベビーリーフのサラダや、汁物でした、コーンポタージュのサラダなどが良いかと思います。

こってりとしたお肉料理メインとなるので、付け合わせるものはさっぱりとした、食べやすいものがよいかなと思います。

同じ味が続くとしんどいので、酸味のあるもので口直しをしながら少し食感のあるナッツなどが入ったサラダなども自分がもし食べたり作るとしたらチョイスするかなと思いました。ライスではなくあえて、フランスパンなどの硬めのパンと合わせてもよいかもです。

鯛のアクアパッツァ

鯛のアクアパッツァ ステーキに合うおかずは鯛のアクアパッツァだと思います。彩り豊かでまるごとの鯛で見た目にも楽しく、大人数でシェアできるのでおすすめです。

作り方は、オリーブオイルににんにくを入れたフライパンを熱し、鯛を焼き色が付く程度に焼きます。ミニトマトは半分に切りアサリなどの貝類を加えます。

水1/2カップ、白ワイン少々を加え蓋をして火が通るまで弱火でじっくり蒸し焼きにします。スープを味見をしてお好みで塩コショウで味を整えます。お気に入りの大皿に盛り付け、イタリアンパセリで彩りを添えます。

ステーキに合う副菜5品

次に、ステーキに合う副菜をご紹介していきます!

ほうれん草のソテー

ほうれん草ソテーステーキに合う付け合せはほうれん草のソテーがおすすめです。

<作り方>
1、ほうれん草を熱湯に入れて、さっと湯がきます。
2、ザルに上げ、すぐに氷水で冷やします。
こうする事で、ほうれん草の鮮やかな色を保つ事ができ、
また、アク抜きもできます。
3、しっかり水気を切ってひと口大に切ります。
4、フライパンにオリーブオイルとバターを入れて、3のほうれん草を投入します。
5、塩こしょう、醤油で味を整えて完成です。

※最後にチーズを、絡めても美味しいですよ。

のり塩バターポテト

ジャーマンポテトステーキに合うおかずは、「のり塩バターポテト」です。じゃがいもを一口大に切り水に晒した後、レンジで温めて(500W5分)、バターを溶かしたフライパンで炒めます。

その後、塩少々と青のりを入れ、全体に絡まったら完成です。

また、ステーキに合う副菜として、「コンソメスープ」もおすすめです。小さな賽の目状に切った大根や人参、玉ねぎ、その他冷蔵庫にある半端な葉野菜等と、薄切りにしたウインナーやベーコンを煮て、コンソメスープの素を入れ、塩で味を整えます。お好みでケチャップを入れて、トマト風味にしても美味しいです。

ジャガイモのバター炒め

じゃがいものガレットジャガイモのバター炒めのステーキです。サラダは、簡単に作れさっぱりもしていて、栄養もあり、ステーキに合うおかずのような気がします。

キャベツ、サニーレタス、トマト、コーン、大豆、枝豆、なども入れるようにしています。ドレッシングかオリーブオイルをつけてよく食べています。

ステーキに合う副菜はジャガイモを茹でフライパンでバターと一緒に炒めるものをよく作ります。簡単に作れて、少し豪華になるような気がしてよく作ります。味付けも簡単で凄く美味しいのでよく作ります。彩りも華やかになり簡単に作れるのでよく作ります。

粉ふきいも

粉吹き芋ステーキに合うおかずと言えば、粉ふきいもです。粉ふきいもの作り方は皮をむいて水にさらしたじゃがいもを、一口大にカットします。そしてお鍋に入れてやわらかくなるまでゆでたら、そのお湯を捨ててしまいます。

お湯を捨てた鍋の中にゆでたじゃがいも戻し、表面の水分を飛ばすようにころがしながら火にかけます。味付けはシンプルなものがお好みであれば、塩とブラックペッパーを加えるだけ。

少し変化をつけたいときは、バジルやカレースパイス、ケイジャンスパイスなどお好みのスパイスを加えても楽しめます。

目玉焼き/じゃがいも

目玉焼きステーキに合うおかずは目玉焼きです。王道ですがメインのステーキを邪魔しないし、ステーキの茶色いイメージが華やかになるし、単品として楽しむのも一緒に食べて楽しむのも美味しいです。

ステーキに合う副菜はジャガイモをつかったサラダです。ポテトサラダのようなクリーミーな味つけは合いますし、見た目にも豪華になります。

ジャガイモを茹でたりレンジで蒸して、シンプルに塩胡椒したものもオススメです。味は薄めにして、ステーキのタレをつけて楽しめます。

フライにして外はカリカリ中はホクホクのポテトもとても美味しいです。じゃがいもを薄く切ってフライパンで塩胡椒で炒めても美味しいです。

ステーキに合うサラダ5品

次にステーキに合う付け合せ・サラダをご紹介します!

玉ねぎのマリネ

トマトのマリネ私のおすすめのステーキに合う付け合わせ・サラダは玉ねぎのマリネです。ステーキの油を玉ねぎのさっぱりした辛さでとても食べやすくしています。

食べたあと、油っぽさが残らずパクパクステーキを食べれます。ステーキに合う副菜は言わずと知れたマッシュポテトだと思います。茹でたジャガイモにたっぷりのバターと生クリームで作ったマッシュポテトはステーキのガツンとした味をまろやかにしてくれます。

アメリカでも定番の組み合わせなので、合うこと間違いなしです。やはりガッツリとしたステーキなどの肉には野菜系の組み合わせがとてもマッチすると思います。

トマトとモッツァレラのサラダ

トマトステーキに合う付け合わせ・サラダは、トマトとモッツァレラのサラダトマトとモッツァレラチーズを切って交互に並べてオリーブオイルと岩塩とレモン汁をかけるだけで出来上がりです。

ステーキに合う副菜は、キノコとほうれん草のソテー。キノコとほうれん草をガーリックとバターと岩塩かしょうゆでソテーするだけで出来上がりです。

キノコはまいたけ、シメジ、マッシュルーム、しいたけ、エリンギなどなんでもOKですが、2~3種類入っていると食感や味が変化して楽しめると思います。

物足りなければ、電子レンジでやわらかくした乱切りのじゃがいもも入れるとおなかにたまります。

スパゲッティサラダ

パスタサラダステーキに合う付け合わせ・サラダはスパゲッティサラダです。

1、きゅうり・人参・ハムを細切りにします。
2、スパゲッティを時間通りにゆで、冷水で洗って水気を切っておきます。
3、ボールに1と2を入れたら、マヨネーズ・牛乳・酢とともに混ぜ合わせます。
4、塩コショウで味を調えたら出来上がりです。

ステーキに合う副菜はハッシュドポテトです。
1、じゃがいもを半量はレンジでチンし、残りは粗みじんにします。
2、チンしたジャガイモを温かいうちにマッシュします。
3、マッシュしたじゃがいもに、みじん切りにしたじゃがいもと塩コショウ、片栗粉を入れて混ぜ合わせます。
4、小判型に成形し、両面きつね色になるまで揚げ焼きにして完成です。

クスクスのサラダ

クスクスのサラダステーキに合う付け合わせ・サラダはクスクスのサラダ仕立てがおすすめです。

<作り方>
1、セムール(クスクス)をボールに入れ、塩・オリーブオイル大匙1を加える。
2、セムールと同量のお湯を加えてふたをしておいておく。冷めたらフォークでほぐして冷蔵庫で冷やしておく。
3 、赤・黄色ピーマン・プチトマト・きゅうり・赤玉ねぎを同じ大きさになるようにみじん切りにして、セムールと混ぜ合わせる。
4 レモン汁とオリーブオイルが1:3になるように混ぜ合わせ、塩で味を整えドレッシングを作る。
5 好みでコーンの缶詰や刻んだパセリを加えてもおいしいです。

ポテトサラダ

ポテトサラダステーキに合う付け合わせ・サラダはポテトサラダでその時によって入れる具材は変わるのですが、新玉ねぎ、ハム、人参、きゅうり、コーン、などをいれます。ジャガイモは、全部潰す時と硬さを残すときもあります。

ステーキ合う副菜は、切り干し大根です。和風ですが昔からこの組み合わせが好きです。市販の切り干し大根を買い、人参、油揚げで煮ます。

だし、醤油、酒、みりんなどいれて味付けをします。切り干し大根のシャキシャキの食感が美味しく、煮込みハンバーグとも合います。美味しくてお気に入りです。

ステーキに合うスープ5品

最後にステーキに合うスープをご紹介します!

オニオングラタンスープ

オニオングラタンスープステーキに合うおかずとしては、オニオングラタンスープがおすすめです。

玉ねぎとバターをしっかり炒めたら、水とコンソメを入れスープを作り、お皿にスープ・バケット・チーズを入れてトースターで数分焼き色を付ければ完成。コクのあるスープはステーキにぴったりです。

ステーキに合う副菜は、大根とわかめのサラダがおすすめです。千切りにした大根にわかめ、コーン、カニかまぼこなどを合わせ、和風ドレッシングをかけたサラダです。主役が食べ応えのあるステーキなので、副菜はさっぱりと、箸休めになる味わい、触感のものがちょうどよくお互いを引き立たせてくれます。

具だくさんミネストローネ

ミネストローネステーキに合う副菜は具沢山ミネストローネがおすすめです。

<作り方>
1、ジャガイモ・セロリ・人参・玉ねぎを小さめの角切りに切りそろえる。
2、深鍋に小さくカットしたベーコンを炒め、油が出てきたら野菜を加えてしんなりするまで炒める。
3、野菜に油が回ったら、トマト缶と水・ローリエ・コンソメキューブを加えて野菜に火が通るまで煮込む。
4 豆の水煮を加えて、タバスコ・塩コショウで味を整える。

ステーキの献立にピッタリの美味しいスープです!

わかめときのこの味噌汁

味噌汁ステーキに合う汁物は「わかめときのこの味噌汁」がおすすめです。

<作り方>
1、お好きなきのこ類(しめじやえのき)、油揚げを食べやすい大きさに切る。
2、鍋に1の材料とわかめ、水、顆粒だしを加え中火にかける。
3 、 煮立ったら火を止め、味噌を溶き入れる。

ステーキに味噌汁って合うの?と思われるかもしれませんが、合います。ステーキに白ご飯、味噌汁は最高の組み合わせです。

具材は何でも良いですが、きのこや海藻は食物繊維も豊富なため、おすすめです。

トマトスープ

トマトスープステーキは脂っぽいメニューなので、さっぱりしたトマトスープもステーキに合う副菜のひとつです。缶詰のトマトを使えば、トマトの下ごしらえをする必要もなく簡単。

3~4人分であれば鍋の中に缶詰のトマトを1/2缶分入れ、水を600ml加えてひと煮たちさせます。具材は何でもOK。

特におすすめなのはピーマンやセロリといった、さっぱり感が際立つ野菜です。味付けはコンソメと塩、ホワイトペッパーで整えていきます。

酸辣春雨スープ

春雨スープステーキに合うスープは『酸辣春雨スープ』です。

1 春雨は水で戻し、食べやすい大きさに切る
2 鍋にお湯を沸かし、中華だし、醤油、にんにく、塩、酢でスープの味付けをする
3 1の春雨をいれて、水溶き片栗粉でとろみをつける
4 片栗粉を入れた溶き卵を回し入れ火を止める
5 四つ切にしたミニトマト、小口切りにしたネギを加える
6 器によそりラー油をかける

ステーキはボリューム感もあるため酸味そして辛さが食欲を誘う酸辣スープが合うと思います。具材は少なめに春雨、ミニトマト、たまご、ネギだけなのでサラッと食べられます。もちろん具材のアレンジは可能です。

スープを作ってから春雨を入れることで、春雨に余計な火が入らず、食感を残すことができます!

まとめ

今回はステーキに合うおかずと献立20選!付け合わせと簡単な作り方も紹介!と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

ステーキは意外にもどんなおかずとの相性もいいですが、やっぱりサッパリした口直しができるタイプののおかずや副菜と合わせると献立がまとまりやすいですよね。

ステーキを作る時のおかずに迷ったら、是非こちらの記事を参考にしてくださいね。

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる