料理

ゆでうどんをレンジで袋のまま何分温める?おすすめレシピも紹介!

うどん

さっと使えて便利なゆでうどん。電子レンジで袋のまま温めることもできるので忙しい主婦にはもってこいの食材の1つですが何分温めればいのでしょうか。

電子レンジの操作でうっかりしていると、伸び切ってしまったおいしくないゆでうどんができてしまった…なんてこともあるので、上手く時間を把握して美味しく仕上げたいですよね!

今回は、ゆでうどんをレンジで袋のまま何分温める?おすすめレシピも紹介していきます。

ゆでうどんをレンジで袋のまま温める時のは何分温める?

煮込みうどんゆでうどんを袋のまま温めるとき何分温めればいいのかと言うと、お使いのレンジのワット数によっても異なってきますが。

ただ、一般的な家庭用電子レンジには500Wの機能があるのでそちらをメインにお伝えしていきますね。

ゆでうどん1袋、電子レンジ500Wで1分~2分、状態を確認しながら時間を調節してみましょう。

ゆでうどんの個数を増やすときは、加熱する分数を倍にして様子を見てみて下さいね!

また、湯でうどんを袋のまま電子レンジで温めるときのポイントは、こちら。

①ゆでうどんの袋が重ならないようにターンテーブルにおく。
②ワット数は変えない。
③冷凍のゆでうどんの場合は、袋から取り出して水にくぐらしてラップをかけてチンする。

袋のまま温めたいけど、ビニールが溶けたりしないのか心配だわと気になる人もいるのではないでしょうか?

でも、ポイントさえしっかり押さえておけば、そんな心配いらいないのです。袋のままのコツを掴むと、あら便利!ってなってしまいますよ。

レンジのワット数を上げないように注意!

まず、ゆでうどんの袋が重ならないようにターンテーブルにおきます。

1袋につき500Wで1分から2分ぐらいがちょうど良いのです。電子レンジによっても多少変わってくるので、様子をみて分数を増やすと良いでしょう。

ゆでうどんを2袋同時に電子レンジで温めるときは、倍の時間の2分から4分にしてみると良いですよ。

また、早く解凍させたいからと言って、ワット数はあげないで下さいね。熱い温度にしすぎると、麺がくたっとなってゆですぎてしまったり、ビニールが溶けてしまったりすることもあるので注意してください!

ゆでうどんの冷凍されているタイプの場合は、袋から取り出して、水にくぐらせてからお皿にのせて、ラップをかけて500Wの電子レンジで3分温めましょう。

冷凍の場合は袋のまま温めることができないので注意してくださいね。

どちらの場合も500Wがちょうど良いですよ。それ以上にすると熱くなりすぎたり、ビニールが溶けてきたりすることもあるので気をつけて下さい。

ゆでうどん以外にも麺類ならレンジで袋のまま加熱調理できる?

サーモンクリームパスタゆでうどん以外の袋麺は基本、残念ながらそのまま電子レンジで調理することはできません。

ただ、メーカーによっては、袋のまま調理可能なものも売っているので、表示を確かめてから調理するようにしましょう。

乾麺やパスタなどは専用の容器に移し替えてからなら電子レンジで調理することも可能です。専用の容器にお水と一緒に入れるだけで簡単に湯がけるので急いでいるときにとても便利で重宝しますよ。

主婦としては、袋のまま簡単に時間も短く調理できるのならこれはこれでとてもありがたいですよね。

洗い物も減るし。なんて思いもありますが。すべてが袋のまま電子レンジをかければ良いということはないのでしっかりチェックしてみてください。

うっかりやってしまうと、余計時間がかかってしまうなんてことにもなりかねないので注意してくださいね。

SponserdLink

ゆでうどんをレンジで袋のまま調理!おすすめレシピ①

カレーうどんゆでうどんを袋のまま調理して簡単に作れるレシピをご紹介いたします。

ゆでうどんの簡単かけうどん

材料: ゆでうどん1袋、めんつゆ60ml(好きな濃さで)お湯400ml、揚げ玉、刻んだネギ、乾燥わかめ、かまぼこ 七味、好みでゆで卵など

作り方

電子レンジでゆでうどんを袋のまま500wで1分加熱します。
どんぶりにめんつゆ、お湯、乾燥わかめを入れてその中に温めたうどんを入れてさらに1から2分電子レンジでチンします。
刻んだネギ、かまぼこ、揚げ玉を乗せたら出来上がり。

好みで七味もかけると美味しいですよ。

たった2分から3分で美味しいかけうどんができますよ。時間がない時などもさっと作れて便利です。めんつゆは好みの濃さで調整して下さいね。

また、ゆで卵などがあればのせたらボリュームUPになりますよ。子供も大人も大好きな1品になります。

おあげがあったら、それをのせれば、簡単にきつねうどんにも。お夜食で食べたいときにも胃にもたれないし、消化が良いのでもってこいのレシピです。

私もよく作るのですが、電子レンジで作ることができるので、洗い物も少なくてすむのでとても良いのですよね。ちょっと小腹が空いたなんてときにもさっと作れるので便利です。

子供ってお腹が空くと待った無しなので、急いで作りたいときにとても重宝しますよ。

具材を一切入れないで食べるのもまたOKですよ。好みに合わせて、具材をトッピングしてみて下さい。

ゆでうどんをレンジで袋のまま調理!おすすめレシピ②

私もよく好きで作るのですが、辛いのが好きな人にとても良いキムチ納豆うどんです。

キムチと納豆の相性が抜群でついつい食べすぎてしまうほど。

キムチ納豆うどんのレシピ

材料: ゆでうどん1袋、納豆1パック、キムチ(好きなだけ)、ごま油小さじ1、だし醤油大さじ1、いりごま

作り方

キムチを食べやすい大きさに切っておく。
納豆をあらかじめ混ぜておく。(タレ入れません)
だし醤油とごま油を混ぜておく。
ゆでうどんを袋のまま電子レンジで温めます。
4の温めたゆでうどんを袋から出してお皿にのせ、その上に納豆とキムチをのせます。
上から3で混ぜておいただし醤油とごま油をかけて、最後にゴマを散らしたら出来上がり。

よく混ぜて食べて下さいね。

私は納豆にタレを入れないで作るのですが、濃いめの味が欲しいときは、タレを混ぜておくと良いですよ。納豆とキムチがとても良い味を出していて、食がすすみます。

スタミナをつけたいときにももってこいのレシピですよ。好みで、刻みネギをさらにトッピングしても美味しいですよ。簡単にできるので是非試してみて下さいね。

まとめ

今回の記事では、ゆでうどんをレンジで簡単に調理する方法をお伝えしました。

袋のまま500Wで1分から2分温めるだけで美味しいおうどんが食べられるのです。疲れているときや、忙しい時などすごく重宝する食材の1つですよ。

ゆでうどんは食べ応えもあって、コシもしっかりあるのでお家に常備させておくととても便利です。

時間も短縮でき、コスパも良いゆでうどん、お家でぜひ使ってみて下さいね。