中華丼に合うおかず20選!副菜・付け合わせの献立メニューも紹介!

たっぷりの野菜と海鮮・豚肉などを炒めてあんかけにし、アツアツのご飯に乗せた「中華丼」は、中華料理の定番料理の1つとして食卓に登る機会が多いですよね!

でも、中華丼をメインにした時に、どんなおかずや副菜を合わせて献立を立てたらいいのか?悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、中華丼の献立に合うおかず20選!副菜・付け合わせメニューも紹介!と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね☆
目次

中華丼に合うおかず5品

それでは中華丼、に合うおかずを5品ご紹介していきます!

焼売

中華丼の献立に合うおかずは焼売が良いと思います。

■ こんがりジューシー焼き焼売
【材料】
・シュウマイの皮:12枚
・豚ひき肉:400g
・玉ねぎのみじん切り:1/2個
・サラダ油:適宜
・練り辛子、しょうゆ:各適宜
○A
・しょうがのすりおろし:1かけ分
・しょうゆ:大さじ2
・ごま油、酒:各大さじ1
・片栗粉:大さじ2
・砂糖:小さじ2

出典:Koh Kentetsu Kitchen

副菜は、三色野菜ナムルをオススメします。材料は人参、もやし、ほうれん草、にんにく、ごま、醤油、ごま油です。

作り方は人参を細切りにして適当な大きさに切ったほうれん草、もやしを熱湯で茹でます。ザルにあげたらすりおろしニンニク、醤油、ごま油をあえて炒りごまをふりかけたら完成です。

餃子

中華丼の献立に合うおかずとしてお勧めは、餃子です。餃子は中華の副菜の定番ですが、酢胡椒などでもおいしく食べれる餃子はあっさりとしておススメです。

■王道焼き餃子
【材料(20個分)】
・餃子の皮:大判1袋(20枚・厚めがおすすめ)
・豚ひき肉:180g
・キャベツのみじん切り:180g
・にらの小口切り:30~40g
〇A
・しょうがのすりおろし:1かけ
(好みでにんにくのすりおろし1かけを入れても)
・酒、ごま油、しょうゆ:各大さじ1
・塩:1~2つまみ
・サラダ油、ごま油:各大さじ1
○たれ
・酢、しょうゆ、ラー油:各適宜

出典:Koh Kentetsu Kitchen

餃子の焼き方は、十分に温めたフライパンの上にごま油を引き、餃子を並べていきます。

一旦フライパンに蓋をし、そのまま中火で5分程度焼いたら水をフライパンの底全体にギリギリ広がる程度の量を投入し、再び蓋をし中火で蒸し焼きにします。10分程度したら蓋を開けて、餃子の皮が透き通っていたら出来上がりです。

唐揚げ/中華スープ

中華丼の献立に合うおかずでしたら、「唐揚げ」がおすすめです。

【至高の唐揚げ】
鶏モモ肉  1枚(320gほどのもの)
醤油    大さじ3強
みりん   大さじ1
酒     大さじ1
味の素   8振り(小さじ1/3)
にんにく  1片
ナツメグ  5振り
サラダ油  適量
(鍋によって変わりますが揚げた際に
鶏肉が半分浸かるほどの量が目安になります)
片栗粉   適量

出典:料理研究家リュウジのバズレシピ

中華丼に汁物でしたら「卵スープやワカメスープ」がおすすえです。鶏がらスープの素と塩胡椒、醤油、みじん切りにした葱を鍋に入れて火にかけて、ベースとなるスープを作ります。卵スープでしたら、沸騰したところに溶き卵を少しずつ加えてふわっと仕上げます。

ワカメスープでしたら、戻したワカメを食べやすい大きさに切って加えて一煮立ちさせます。ポイントは、塩漬けのワカメでしたら塩を完全に流水で流すと、味が濃すぎてしまうという事を防げますよ。

春巻き

中華丼の献立に合うおかず は春巻きがおすすめです。

春巻き*分量
(10本分)
豚ひき肉   200g
にら     1束
もやし    1/2袋
はるさめ   50gを茹でておく

砂糖     大さじ2
醤油     大さじ2
お酒     大さじ2
鶏ガラスープの素  適量(味を見ながら調節してください)

春巻きの皮   10枚
大葉      10枚

揚げ油(170度)    適量

出典:はるあん

とろっとした中華丼にパリっとした春巻きは食感のコントラストがはっきりし食が進みます。中華同士なので相性も抜群です。

中華丼を具沢山にするのであれば、春巻きの中身はハムチーズ大葉や、エビとチーズ等具を減らしたアレンジレシピでも美味しく食べられます。お酒を飲む方には酒の当てとしてもお楽しみいただけます。

手羽元のグリルチキン

中華丼に合うおかずは手羽元のグリルチキンがおすすめです。

■おかずにおつまみに!柔らかコク旨!バーベキューチキン
【材料(2~3人分)】
・鶏手羽元:8本
●A
・塩:小さじ1/3
・粗びき黒こしょう:少々
・おろしにんにく:1かけ
・カレー粉(=キャレー粉):小さじ1/2〜1
●バーベキューソース
・ケチャップ、ウスターソース:各大さじ3
・砂糖、酢:各小さじ1
・オリーブオイル:大さじ2
・酒:大さじ2
・おろし玉ねぎ:大さじ2

出典:Koh Kentetsu Kitchen

中華丼に合うおかずに選んだ理由は、あさっりとしていて中華丼のボリュームを更に追加するのにに合うからです。中華丼だけでは足りないタンパク質を補えるのもいいですね!

中華丼に合う副菜5品

次に、中華丼に合うもう一品欲しい時の副菜を5品ご紹介していきます。

棒々鶏

私がおすすめする中華丼のの献立には鶏ささみのごまだれがけがとてもよく合います。

【至高の棒棒鶏】
※長ネギ
→白い部分大体1/4本(5センチ)をタレに、青い部分を肉を蒸すときに使います
=お肉=
鶏もも肉320g
塩小さじ1/3
生姜5g
長ネギの青い部分
=タレ=
お酢小さじ2
砂糖小さじ4
味の素3振り
ねりごま大さじ2
醤油大さじ2
鶏の蒸し汁大さじ半
ごま油小さじ1
長ネギ5センチ
にんにく3g
生姜3g
=トッピング=
きゅうり1本
トマト1個
☆仕上げにラー油、糸唐辛子
★味変で花椒もオススメ!

出典:料理研究家リュウジのバズレシピ

きゅうりやトマトなどごまだれに合う野菜を切り、お皿に盛り付けます。その上に覚ました鶏のささみを手で食べやすい大きさにちぎって盛り付けます。その上から市販のごまだれをかけると、中華丼に合う副菜が出来上がります

焼豚

中華丼の献立に合うおかずは、焼豚がおすすめです。

材料
豚肉 欲しい分だけ
ネギ(青いとこ) 5〜6本分
玉ねぎ 2玉
にんにく 1房
しょうが 1個(約50g)

※お肉の量に関わらず野菜類は上記の量

出典:COCOCOROチャンネル

ポン酢などの柑橘系の酢醤油を少しつけると、あっさりとした味わいになります。中華丼の風味とよく合います。

蒸し鶏のきゅうり和え

サラダチキン中華丼の献立に合うおかずは蒸し鶏キュウリ和えがおすすめです。作り方は、鶏胸肉を塩コショウで味付けします。少し深さのある耐熱容器にいれ、お酒を肉の三分の一くらいの高さまでかけます。

レンジで三分熱したら、ひっくりかえし再び三分チンして、放置して粗熱をとります。その間にキュウリを斜め切りにしておき、粗熱のとれた鶏肉を削ぎ切りにしていきます。
胡麻油と塩を混ぜておきます。

キュウリと鶏肉を合わせて胡麻油と塩を混ぜたものをかければ完成です。キュウリはたたきキュウリにしても美味しいです。暖かいままより、冷蔵庫で冷やしたほうが中華丼の副菜として合います。

イカとセロリのバターポン酢

いか和え中華丼の献立に合うおかず は「イカとセロリのバターポン酢」がおすすめです。
<作り方>
1、イカ1ぱいを皮・内臓・軟骨を取り、1センチ幅くらいに切っておきます。
2、セロリ1本は筋を取ったら、斜め薄切りにします。セロリの葉は捨てないでスープ等に使ってね。
3、フライパンにバター15グラムを入れて、先にセロリを少し炒めてイカを入れます。
炒めすぎるとイカが固くなるので、透明だったイカの色が白くなるくらいが目安です。
4、ポン酢大さじ1と胡椒お好みの量をふって出来上がりです。

中華丼に使って残ったイカやエビ、冷凍のイカでもエビでもOKです。
きゅうりが冷蔵庫に残っていたら、イカと同じくらいの大きさに切って入れても美味しいです。
コクがあるのにポン酢でさっぱり!夏にお箸がすすむおかずです。

さつまいもメープル焼き

大学芋中華丼の献立に合う副菜 はさつまいもメープル焼きがおすすめです。

<作り方>
1、さつまいもの皮をむき(少し残っていても○)、太めの千切りにする。切ったら10分くらい水にさらす。
2、水気をきり、適量のバターをひいたフライパンにさつまいもを入れて炒める。
3、さつまいもが少しやわらかくなったら(歯ごたえが残る程度)、適量のメープルシロップと塩少々を入れて味をつける。

簡単に作れる我が家の定番メニューです。メープルシロップで味付けをするので、甘過ぎずすっきり食べられます。我が家では子供も大好きなメニューで、おやつに作ることもあります。日持ちするので、ストックにしようと沢山作っても、つまみ食いや味見ですぐになくなってしまいます。

中華丼以外の中華料理の献立に合うおかず・副菜・スープのメニュー一覧はこちらでご紹介しています!

>>中華料理の献立に合うおかず20選!おすすめの副菜・付け合わせ・スープも紹介!

中華丼に合う簡単な付け合わせ5品

次に、中華丼に合う簡単に作れて箸休めにもなる、付け合わせを5品ご紹介します。

チョレギサラダ

チョレギサラダ中華丼に合う簡単な付け合わせはチョレギサラダがおすすめです。

<作り方>
1、きゅうりを細切りにし、レタスはちぎる
2、ごま油、おろしにんにく、醤油、鶏ガラをいれ1と混ぜ合わせる
3、白胡麻、海苔、トマトなどお好みでトッピングして完成

味の濃くなりがちな中華丼にはさっぱりとしたサラダを添えてバランスよく食べたいですよね。チョレギサラダは韓国料理ですが、鶏ガラやごま油等で味付けされるため中華との相性も抜群です。

また黄色や茶色に見えがちな中華丼の隣に緑のサラダを添えると色合いが綺麗になり、見た目も良く、食欲が増します。お好みでトマトや細切りのにんじん等で赤を添えたり、豆腐や白髪ネギで白を添えるとさらに色鮮やかになり、栄養も満点、食べ応えも増します。

▶kurashiruのチョレギサラダレシピ一覧はこちら

中華サラダ

豆腐サラダ中華丼に合う簡単な付け合わせは中華サラダです。

キャベツを少し太めの千切り。玉ねぎとらっきょうは薄切り、生姜の甘酢漬けを適当に食べやすい大きさに刻みます。玉ねぎは切ったら辛味を抜くために少し水にさらします。キャベツの千切りも水にさらして、玉ねぎとキャベツの水気を取ります。

この時しっかりと水気を取った方がいいのでキッチンペーパーも使って水気をとります。ボールに水気を取ったキャベツと玉ねぎとらっきょうと生姜の甘酢漬けを入れてオリーブオイルと塩胡椒を掛けて混ぜます。これだけで完成です。

中華丼のまったり温かな美味しさと副菜の薬味が効いた中華サラダは味のバランスが取れてとても相性がいいと思います。

春雨サラダ

春雨サラダ中華丼に合う簡単な付け合わせは、春雨サラダです。

<作り方>
1。鍋に400ccの水を入れ沸騰したら春雨80グラムを入れます。はじでかき混ぜながら春雨が透明になったらザルにあげて冷水で洗います。
2、薄焼き卵を作り千切りにして錦糸卵を作ります。、きゅうり1本も千切りにして軽く塩を振り。水気を搾ります。ロースハム3枚も千切りにします。
3、器に春雨を入れ、その上に、せん切りにした錦糸卵と、きゅうりとハムを三色分けて盛り付けます。酢大さじ3、サラダ油大さじ1、塩小さじ1、粒古城少々のドレッシングを作り、上からかけます。

スタミナたっぷりの中華丼にも、この春雨サラダは酢が効いていて、さっぱりとした味わいで、ますます食欲が進みます。

トマトときゅうりのレモン和え

トマト和えサラダ中華丼に合う簡単な付け合わせは「トマトときゅうりのレモン和え」がおすすめです。
<作り方>
1、きゅうり1本は薄切りにして塩少々をしてしんなりさせておきます。
2、トマト1個は種を取り、食べやすく1センチ角くらいに切ります。
レモンは半分に切り、果汁を絞っておきます。
3、レモン果汁大さじ2・砂糖小さじ1・しょう油大さじ半分で調味液を作っておきます。
4、きゅうりの水けをキッチンペーパーなどで切り、トマト、調味液で和えて出来上がりです。

生レモンがなければレモン果汁でも。もっと簡単に作りたい方は、すし酢や調味酢で和えても簡単美味しいです。

もっとボリュームが欲しいなという時には、モッツアレラチーズをトマトと同じ大きさにカットしてエキストラバージンオリーブオイルを適量かけ、胡椒少々をふります。

無限きゅうり

きゅうりの漬物中華丼に合う簡単な付け合わせは無限きゅうりです。

作り方
材料
きゅうり、2本
ウェイバー、小さじ1
ごま油、小さじ1
胡麻、小さじ2
のり、1枚

1.キュウリを水洗いしたら乱切りにしてボウルに入れます。
2.ウェイバーとごま油と胡麻を入れてよく混ぜます。
3.味が整ったら海苔をちぎって加えてさらに混ぜ合わせできあがり

レシピはクックパッドを見てアレンジしたものです。いつも私が作っているものです。韓国キムチも合うと思いますが中華丼と食材が似ているのできゅうりにしてみました。

肉や魚系の副菜も考えましたが、中華丼を作るだけでもいろんな食材を切ったり炒めたりで時間がかかって大変なのに更に何か作るなんて考えられないのですぐに作れるものを選んでみました。

中華丼に合うスープ5品

最後に、中華丼に合うスープを5品ご紹介します。

酸辣湯

酸辣湯中華丼の献立に合うスープは酸辣湯がおすすめです。

<作り方>
1、豚肉を細切りにし、冷蔵庫にある野菜(人参、玉ねぎ、きのこなど)も同じように細切りにする。
2、油をひいたお鍋に1を入れ炒める。あとで煮るので豚肉に火が入ればいい。
3、中華スープを入れ、2を煮る。野菜が柔らかくなればOK.
4、野菜に火が入ったら醤油、酒で味をつけていく。おいしいと感じる濃さにする。
5、味が整ったら、水溶き片栗粉を4の鍋に入れてトロミをつけていく。あんかけのような硬さではなくトロトロ柔らかいトロミがつく程度に。
6、少し煮立たせて片栗粉にきちんと火を入れ、溶いた卵を流しいれていく。
7、器に盛って、ラー油をかける。食べるときに、酢をいれ各々が好みの酸味をつけていただく。

中華スープ

卵スープ中華丼に合うおかずと聞いて、真っ先に思い浮かぶのは中華スープです。焼肉屋さんの卵スープのような物をよく組み合わせて作ります。作り方も、味覇や創味シャンタンのような中華出汁をお湯に溶かして塩胡椒で整えて、適当な野菜と卵を入れるだけという簡単な料理です。

中華丼が一品料理として完成しているので、組み合わせるなら副菜よりも汁物のが向いていると思います。中華丼と中華スープで寒い時も温まるのが大変良いです。

作るのも結構簡単で一人分だけでも直ぐに出来るのが良いです。面倒な時は野菜無しの卵スープにしても美味しいです。

ふんわりたまごとキャベツのスープ

ふんわり卵スープ中華丼に合う副菜はふんわりたまごとキャベツのスープがおすすめです。
<作り方>
1、キャベツを千切りにする。
2、鍋に水とキャベツを入れる。
3、キャベツかやわらかくなったら、コンソメと塩こしょう少々、ニンニクで味付けをする。
4、たまごにかたくり粉、水を入れ、鍋にいれてふんわりかき混ぜる。

お味噌汁に飽きてしまった時によく作ります。
水分の量でスープにもなるし、煮物っぽくもなるので、季節によって使い分けています。キャベツは水から煮ると甘くなるのでおすすめです。簡単にできるし、お腹にもたまるスープなので我が家の定番メニューです。
子供も大人も食べるとほっこりするスープです。
残ったら、牛乳をいれてシチュー風にしたり、トマト缶を入れてなどアレンジも簡単です!

卵コーンスープ

コーンスープ中華丼の献立に合うおかずは卵コーンスープがおすすめです。

<作り方>
材料
卵、 1〜2個
冷凍コーン、好きなだけ
コンソメ、1キューブ
醤油、小さじ2ぐらい
塩、少々

1.14センチぐらいの鍋に水と冷凍コーンを入れて火にかけます。
2.沸騰してきたらコンソメキューブを入れて溶かします。そのあとに醤油と塩を入れて味を整えます。
3,煮立ってきたら卵を入れて卵の黄身を崩しながら混ぜます。
できあがり

食物繊維とタンパク質が摂取できます。ワカメや豆腐やえのきを入れても美味しいかもしれません。ただ豆腐だけあればあとは常備されているもので作れるので、買い物に行く前の食事とかとても助かると思います。包丁とまな板もいらないのですぐ作れます。

ベーコンの入ったコンソメベースのスープ

スープ中華丼に合うスープは、ベーコンの入ったコンソメベースのスープがおすすめです。
(作り方)
1.白菜を食べやすい大きさにカットし、玉ねぎはスライスします。ベーコンは短冊切りにします。
2.鍋に水と顆粒コンソメを加え強火で煮立たせます。煮立ったら、1の具材を加えて再び中火で煮立たせる。
3.2をあくを取りながら食材が柔らかくなるまで煮立たせ、塩・黒コショウで味を整えたら完成。最後にクルトンを入れる。

コンソメスープには香りも良く旨味の出るベーコンを使うことによって美味しく仕上がります。

まとめ

今回は中華丼の献立と合うおかず20選!副菜と簡単に作れるレシピも紹介!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

中華丼に合うおかずは、しっかりと食べたい時は焼売や春巻き・餃子などを合わせ、ヘルシーな献立にしたい場合は、サラダやスープなどの野菜を使った副菜がおすすめです!

中華丼に合うおかず・副菜選びに迷った時は、是非今回の記事を参考にして下さいね。今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる