賞味期限

バターの賞味期限切れはいつまで食べられる?開封後は加熱すれば大丈夫?

バター

私たちの食生活の中にとっても必要なバター。常に常備しているお家が多いと思います。毎朝トーストにつけて食べている方も多いと思いますが、いろいろな料理にも使ったとしてもなかなかあの四角い塊のバターを使い切ることってむずかしくありませんか?

冷蔵庫で保存していたら、気づいた時にはすでに賞味期限が切れていた…なんてこともありますよね。

そんなバターの賞味期限切れはいつまで食べても大丈夫なのでしょうか?開封後のものは加熱すれば大丈夫なのでしょうか?

今回はバターの賞味期限切れはいつまで食べられる?開封後は加熱すれば大丈夫?と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね☆

SponserdLink

バターの賞味期限切れはいつまで食べれる?

早速ですが、バターの賞味期限切れはいつまで食べても大丈夫なのかと言うと、未開封なら賞味期限切れ半年位なら食べても大丈夫です。開封後のものは、賞味期限切れ後だいたい2週間ぐらいが目安になっています。

バターの場合は消費期限ではなく、賞味期限が書かれているので、この期間がすぎてもすぐに傷むということはないのです。

賞味期限はこの日まで美味しく食べられる日程のことなので、賞味期限切れ2週間すぎたとしても大丈夫です。ただ、この賞味期限は未開封の場合に有効で、冷蔵庫でちゃんと保存されていたものに限ります。

開封後は傷みやすいので注意!

開封したバターは空気に触れるので、賞味期限に関わらず雑菌もつきやすくなります。腐りにくいと言われているバターですが、保存状態が悪ければ傷んだり腐ったりもします。

このことから、開封後は賞味期限は無効なので、なるべく早めに食べきることをオススメします。

また、バターを使う時にパンくずとかがバターについていたり、バターが溶けちゃって分離したりしていたらカビが生えたりもします。カビがはえたり、酸化していなかったら、バターにパンくずが混ざったとしても食べ続けて大丈夫ですよ。

でも、賞味期限切れたときは特に、食べる前に傷んでいないか、いつもと違っていないかなど今一度確認してから食べるようにしてくださいね。

余りそうなら冷凍保存が◎

もし、バターを開封しても食べ切れなさそうな場合は、冷凍することも可能なので使う分に小分けして冷凍しておきましょう。

開封前のバター1年、開封後のバターなら賞味期限切れ後2ヶ月ぐらい持ちます。ただし、一度解凍したものを再度冷凍するのはダメですよ。冷蔵庫で保存するときは、匂いが移ったり酸化しないように密封容器に入れて保存するのが良いですよ。

賞味期限切れのバターが1年以上経っていたときはバターの脂肪分が酸化して過酸化脂質に変わっていることもあるので食べない方が良いです。この物質は発ガン性があると考えられています。

基本は、未開封なら賞味期限切れ後2〜3ヶ月以内に、開封後なら賞味期限に限らず2週間以内になるべく食べ切るように心がけましょう。美味しいうちに使うことをオススメします。

賞味期限切れのバターは、開封後のものは加熱すれば大丈夫?

開封後のもので正味期限切れているバターは、加熱すれば大丈夫です。ただし、多少味が落ちている可能性があります。

傷んでいないかちゃんと確認して見た目でも大丈夫だったとしても、パンにそのまま塗って食べるなど直接バターを食べるのは控えておいたほうが安全ですよ。

賞味期限切れの場合は、必ずバターを加熱して食べるようにしてくださいね。

あらかじめパンに塗ってから焼くなら、バターを加熱することになるので良いです。お野菜を炒める時に使ったりお肉を焼く時に使ったりすれば良いですよ。

風味が落ちているのでお菓子作りには向かない…

また、賞味期限切れのバターを加熱すれば問題なく食べられますが、風味や味が落ちているのでお菓子などには賞味期限切れのバターを使うのはあまりオススメしません。

でも、簡単なスコーンなどを作る時に使って朝食に食べたりするのは良いかもしれませんね。

バターの賞味期限切れ1年すぎたものは、見た目は傷んでいなくても体に悪い物質に変わっていることがあるので加熱しても食べないほうが良いです。もったいないけどそのまま捨てましょう。

賞味期限切れのバター、加熱して食べることは可能ですが、でも無理してまで食べるのではなく健康のことを優先的に考えて食べるようにしてくださいね。勿体無くて食べたけど、そのあと体調が悪くなってしまったらもともこうもないですものね。

SponserdLink

バターが腐るとどうなる?

バターバターが腐るとどうなるのか?気になりますよね。

1.いつもと違う匂いがあって、古くなった油のような臭いがある時。
2.黄色く変色している。
3.変な汁が出ている
4.カビが生えている

のような状態になっていたら、食べないで捨ててください。

バターは水分が少なくてほとんどが油でできています。だから、腐りにくいので「腐る」という表現の状態にはなりにくいのも特徴です。

ただし、パンを塗った時にパンくずが入ってしまったり、使ったバターナイフを一緒に入れて保存していたり、空気に触れて酸化してしまったり、保存状態が悪くて分離してしまっていたりすると腐ることがあります。

バターが乾燥してしまって濃い黄色に変わっていることがあります。この場合は、バターが酸化してしまっているので、この濃い黄色い色の部分は絶対食べてはいけませんよ。ただし、この黄色い色の部分だけ取り除けば他は食べても大丈夫です。

まとめ

今回はバターの賞味期限切れはいつまで食べられる?開封後は加熱すれば大丈夫?と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

バターは腐りにくく保存も効くものですが、それは未開封のものに限ります。賞味期限に関わらず開封後は2週間を目安になるべく早く食べ切りましょう。もし食べ切れない場合は、小分けにして冷凍しておけば長く保存できて便利ですよ。

また、賞味期限切れていても食べることは可能ですが、必ず傷んでいないかチェックしてくださいね。あとは自己責任の元食べてくださいね。美味しいうちに食べ切れるように冷凍保存を利用するなどして使うようにしましょう。

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

こちらの記事もおすすめ