MENU
グルメニュース

バケットで紹介!インフルエンザ・肺炎予防のビタミンDレシピ!

きのこ

2020年2月6日のバケットで、インフルエンザにビタミンDが効果的!ということが放送され話題となっていますね!

最近は新型コロナウイルスで影が薄くなっているインフルエンザですが、まだまだ流行しているシーズンが続いているので、ビタミンDを効果的に摂取して、インフルエンザを予防しましょう!

ビタミンDを効果的に摂取する方法は、
①太陽の光(紫外線)をあびることで生成される。
②食事で摂取する方法
この2つの方法があります。

ビタミンDを多く含有している食材は、しらす、さけ、さば、卵黄、ほしいイタケ、きくらげ、舞茸です。1日5.5マイクログラムのビタミンDが成人に必要な量と言われていますので、是非食事でビタミンDを摂取してインフルエンザ・新型肺炎を予防しましょう!

今回は、バケットで紹介されたインフルエンザ・肺炎予防のビタミンDレシピ!をご紹介します!

SponserdLink

しらすTKG

しらす、たまごかけごはんがビタミンDを効果的に摂取できる料理の1つです。これを食べていただくだけで、1日分のビタミンDを摂取することができますよ!

作り方
①炊いたご飯の上にしらすを乗せる
②真ん中に卵黄をのせる
③周りに刻んだ生の小松菜を乗せる
④醤油を適量かけてお召し上がり下さい!

きのこをビタミンDを量が増える!

ビタミンDの含有量が豊富なきのこですが、あることをするだけでビタミンDの量を増やすことができます。

その方法とは…天日干しすること!

天日干しすることで、ビタミンDが増えるだけでなく、旨味おアップ!

天日干しの方法は、きのこをほぐしてザルに乗せ、天日干しで2時間干すだけでOKなんですよ♪

SponserdLink

Wきのことセロリのスープ

■材料
・まいたけ:1パック
・えのきだけ:1/2パック
・セロリ:40g
・にんじん:20g
・鶏ガラスープのもと:大さじ
・オリーブオイル:小さじ1/2
・パセリ:10g
・水:3カップ

①オリーブオイルをひいた鍋にきのこを入れ、セロリ・にんじん・水を入れて炒める。
②スープを入れて煮込む
③完成!

サバ缶炊き込みご飯

■材料(3-4人分)
・米:2合
・サバ缶:1缶(150g)
・しめじ:1パック
・刻み昆布:15g
・しょうが:10g
・三つ葉:1束
・煎りり胡麻:大さじ1
・水:米の分量のラインまで

鯖の水ににはビタミンDが豊富に含まれているので、炊き込みご飯にすることで簡単にビタミンDが摂取できます。

①洗米したお米にサバ缶を汁ごと入れてきのこ・生姜を入れる。
②お米の分量の水を入れて、炊飯スタート!
③炊きあがったら、三つ葉をちらして混ぜればできあがりです。

まとめ

今回はバケットで紹介!インフルエンザ・肺炎予防のビタミンDレシピ!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルス肺炎・インフルエンザ。マスクも売り切れ続出なことから、料理でビタミンDをしっかり摂取して肺炎・インフルエンザを防ぎたいですよね!

バケットで紹介されたレシピはどれも簡単な料理でしたので、是非毎日の食事に取り入れて新型コロナウイルス肺炎・インフルエンザを防ぐようにしましょう!

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆