赤ちゃん

新生児スリング使い方は横抱き?縦抱き?抱っこ紐との違いも検証!

赤ちゃん

スリングは生後2週間の新生児期から使用可能な、大変便利なアイテムです。

使い勝手がよく人気のアイテムですが、首がすわる前の新生児の赤ちゃんに使用して大丈夫なのか?本当に安全なのかな?と感じて使うのを躊躇しているママもいるかもしれませんね。

もちろんスリングは使い方をきちんと守っていれば安全ですが、ただ誤った使い方をしてしまうと、まだ首がすわらず体が柔らかい新生児の赤ちゃんの体に負担がかかってしまう場合もあるので、使い方のポイントを押さえ、注意して使用することが大切です。

また、スリングを首がすわる前の赤ちゃんに使うのは不安という方には、新生児期から使える抱っこ紐(ベビーキャリー)の使用をおすすめします。

今回は、ス新生児スリング使い方は横抱き?縦抱き?抱っこ紐との違いも検証していきたいと思います☆

スポンサーリンク

新生児のスリングの使い方は横抱き?縦抱き?

赤ちゃん首がすわる前の新生児の赤ちゃんをスリングで抱っこする時に、どんな抱き方・使い方をしたらいいのか?気になりますよね

実はスリングが出始めたころには、横抱きが推奨されていたたので、先輩ママはスリング=横抱きのイメージがある方が多いかもしれませんね。

スリングで横抱きが推奨されていた理由は、新生児の首への負担を考えてのことだったのですが、横抱きをしていたことが原因で股関節脱臼してしまう事故が増えたことから、新生児をスリングで抱く時も縦抱きが推奨されるようになりました。

スリングは国内・国外のさまざまななメーカーから色々なタイプの製品が販売されていますが、商品には必ず使い方を詳しく書かれた説明書がついているで、それをしっかり読み使い方を守ることが安全に使うためにはとても大切です。

スリングで縦抱きをする時使い方と注意点

首がすわる前の新生児をスリングで抱く場合の使い方は、横抱きではなく縦抱きが推奨されていることはわかったけど、縦抱きをするのは不安に感じるママも多いですよね。

次に、スリングで赤ちゃんを縦抱きをする際のの注意点について紹介していきたいと思います。

スリングで首がすわる前の新生児の赤ちゃんを縦抱きにする時の使い方は、まずスリングを肩に掛け、中央部分に手で赤ちゃんを入れるためのスペースを小さめに作っておきます。

そして、赤ちゃんの足はM字型に開脚した状態を保つように抱っこしてそっとスリングの中に入れます。

抱っこする時に気をつけないのは、首はまだ柔らかくガクンとなりやすいので必ず手で支えること、そしてスリングの中に入れた時に、背中はまっすぐになるように布を少しずつ動かして調節してあげましょう。

まだ首すわり前の新生児を抱っこするのでさえ怖いと思うかもしれませんが、このようなポイントを抑えたスリングの使い方をすれば、縦抱きも安心してすることができますよ!。

鏡を見ながら赤ちゃんの位置を確認しよう!

スリングで首がすわる前の新生児のベビーを縦抱きにする際に、首や背中が曲がっていないか?を一番注意する必要があります。

新生児の赤ちゃんはまだ自分で首を動かすことができないので、スリングの中で姿勢が悪いと最悪の場合窒息してしまう恐れがあるので十分気をつけましょう。

新生児の赤ちゃんの安全を第一に考えるなら、股関節脱臼だけでなく、スリングの中で赤ちゃんの姿勢が悪くなりがちな横抱きは避け、首がすわり始める生後3ヶ月頃までは縦抱きにすることをおすすめします。

またスリングで抱いた時の赤ちゃんの市場、お母さんの胸の位置の高さで、赤ちゃんにキスができる距離が最適ですが、スリングの使い方に慣れないうちはなかなか位置が定まらず難しく感じることも多いと思います。

そんな時は、鏡を見ながら位置の確認や、スリングのねじれなどを確認しながら調整していきましょう☆[アドセンス]

抱っこ紐とスリングの使い方の違いは?

まだ首がすわる前の新生児の赤ちゃんにとって、抱っこ紐とスリングは寝かしつけの際やお出かけなどにはなくてはならない必須アイテムです。

しかし、スリングと抱っこ紐をどう使い分けたらいいの?と悩んでいるママも多いのではないでしょうか?

今は新生児から安心して使えるベビーキャリーもあるので、新生児の赤ちゃんをスリングで抱っこすることが不安がある方は、不安を抱えながらスリングを使わなくても大丈夫ですよ!

さまざまな場面により抱っこ紐とスリングを使い分けるとよいでしょう。

そこでここでは、抱っこ紐とスリングの使いわけとその際の注意点について詳しく述べていきたいと思います。

インサートを使用すれば首すわり前からOK!

色々なメーカーの抱っこ紐がありますが、ここではその中でも一番人気の高いエルゴベビーを例にあげて説明していきたいと思います。

エルゴベビーは、専用のインファントインサートを使用すれば生まれたばかりの新生児の赤ちゃんにも使うことができます。

インファントインサートの使い方はとても簡単で、まずは自分の腰にバックルをしっかり留めて装着し、赤ちゃんをインサートの上に載せそのままエルゴベビーに装着すればOKです!

エルゴベビーは新生児期から体重18キロ位まで長く使え、おんぶもできるのでとても便利なアイテムで世界中から人気を集めていて、スリングと併用しているママも多いですよ!

また、近年ではインサートなしで新生児期の赤ちゃんも使用できる、エルゴベビーでいうと「アダプト」のような製品が多くなってきたので、ベビーキャリーとスリングの使用をためらっている方はまずこちらを試してみてもよいかもしれませんね。

スリングは赤ちゃんの寝かしつけに最適!

スリングの中はママのお腹の中の環境と似ていると言われています。新生児の赤ちゃんの寝かしつけはなかなか苦労しますが、スリングなら首がすわる前の赤ちゃんでも安心して使えますし、ゆらゆら揺らしているだけで赤ちゃんも安心して自然と眠ってしまいます。

スリングは使い方さえきちんと守れば安全に使えますし、抱っこしたままおっぱいを与えることも出来るので、新生児期の育児には大変役立つアイテムです。

実はスリングを使うにはある程度にコツが必要がですが、一度コツを掴めば寝グズリしてしまう赤ちゃんも抱っこすればすぐに寝てしまうので、スリングはおすすめですよ。[アドセンス2]

スポンサーリンク

まとめ

今回は新生児スリング使い方は横抱き?縦抱き?抱っこ紐との違いも検証!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

抱っこ紐もスリングもどちらも首すわり前の新生児から使える便利なアイテムですが、さまざまな場面によって多少使い分けが必要となります。

例えば抱っこ紐で赤ちゃんを抱いたりおんぶした時は両手があきますが、スリングは赤ちゃんを片手で支えなくてはなりません。またコンパクトに持ち運びでき値段もリーズナブルなのはスリングの方ですか、長期間使ことができるのは抱っこ紐です。

使い方やそれぞれの好みもあるので一概にどちらの方がいいとは言えないですし、実際に使ってみないとわからないことも多いものです。

また赤ちゃんによっては、抱っこ紐だと泣くけど、スリングだとよく寝てくれる場合もあれば、逆の場合もあります。

両方持っていても損はないアイテムなので、スリングと抱っこ紐の両方を使ってみて、ママと赤ちゃんにとって良い方を選んでみるのもおすすめですよ!

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事:  夏もベビーカーにブランケットは必要?おすすめの紫外線・暑さ対策!