赤ちゃん

授乳クッションはバスタオルで代用できる?手作りので簡単に作る方法も!

あかあかちゃん

出産直後は入院中に産院で必ずと言っていいほど、授乳クッションを使用して授乳指導がありますし、退院後も自宅でも使用することを勧められることも多いです。

ですが、授乳クッションは大きくて邪魔で、必要性をあまり感じない…という人も多いはず。

そんな授乳クッションですがバスタオルや他のもので代用できないか?手作りの簡単な作り方はあるのかな?など、出産準備をしている方などは悩んでしまいますよね。

そこで今回は授乳クッションはバスタオルで代用できる?手作りので簡単に作る方法も!と題してお送りしていきます!

スポンサーリンク

授乳クッションをバスタオルで代用する方法とは?

赤ちゃんを出産してから、毎日の授乳シーンで必ずと言っていいほど必要になってくる「授乳クッション」ですが、1人目の時は購入したけど、2人目以降は買わなくてもいいかな…と思っている人も多いですよね。

その理由は、大きくて邪魔なことと、他の物でも代用できるんじゃない?と思っているから!ですよね。私もそうでした!!

実際、バスタオルがあれば授乳クッションの代用品になるので、わざわざ授乳クッションを準備しなくても大丈夫でしたよ~

バスタオルなら赤ちゃんが授乳中に汗をかいても、吐き戻してしまってもさっと吸収してくれる!というメリットもあるんですよ!

柔らかいバスタオルが◎

バスタオルを授乳クッションの代用品として使う場合のコツは、まずは赤ちゃんのお肌に触れても安心な柔らかいものを準備することが大切です。

そして、バスタオルを広げて何回か折りたたんだり、クルクル巻いたりして赤ちゃんに授乳しやすい高さになるように調節します。

バスタオルをくしゃっと丸めるだけでもある程度の高さが出るので、赤ちゃんとママにとってベストな高さを見つけてみてくださいね!

また、授乳の際はバスタオルをもう1枚近くに用意しておくと、高さ調整や授乳したまま赤ちゃんが眠ってしまった時のブランケット代わりになるので重宝しますよ~

その他の授乳クッションの代用になるものは?

大きくて邪魔そうだし、必要かどうかわからない…そんな授乳クッションですが、家の中で代用できるものがたくさんあります!

あらかじめ授乳クッションの代用になるものを知ることができれば、わざわざ授乳クッションを購入する必要もなくなりますよね。

私が授乳時に、他のもので代用していたものを紹介していきます。

①普通のクッション

自宅のソファーに置いてある、よくある普通の正方形のクッションを授乳クッション代用することができます!

ママの腕にクッションを置き、赤ちゃんの頭をそっと乗せて授乳するだけでOK!普通のクッションでも十分赤ちゃんの支えになったり、 高さも調節することができますよ!

授乳クッションの購入に迷っている方は、 自宅にクッションがあればそちらで代用することも可能です。

また自宅にクッションがなくても、授乳が終わってからでも使えるようにお気に入りのものを購入してみるのもいいでしょう。

その際は、ある程度クッション性があるものを選ぶことをお勧めします。

②普通の枕

私はよく夜中などの授乳時間の時に、寝室で使用している普通の枕を代用して授乳していることもよくありました。

授乳クッションや自宅にあるクッションも、寝室に置いていない時などわざわざ別の部屋から持ってくる必要もありませんよね。

私もずぼらな性格からわざわざ授乳には授乳クッション、 授乳用のクッションを用途別に使うのがめんどくさかったため、普段使用している枕も度々授乳クッション代わりに使用していました。

わざわざ取りに行くとことなく、すぐにセットできるためその場で赤ちゃんを抱っこして授乳をスタートすることができます。

夜中など、ママも授乳で何度も起きなければいけない時など、少しでも簡単に授乳を済ませたいものだと思います。枕もクッション性があるものなので、 いざという時に枕を代用するのもありですよ。

③タオルケットやひざ掛け

我が家では、ベビー用のマットレスの上に布団を敷いて、夏には別で購入したタオルケットを、冬にはセットになった掛け布団と合わせてひざ掛けを室内の温度によっては使用していました。

そのため赤ちゃんの近くには常にタオルケットやひざ掛けがありました。

赤ちゃんが泣いてすぐ抱っこしてしまった時、すぐそばに授乳クッションなどがないときわよく季節によって違うタオルケットやひざ掛けをクッション代わりにすることもありました。

ざざっと丸めて赤ちゃんの下に置くだけで簡単に高さを調節することができ、お腹が空いている赤ちゃんにすぐに授乳をすることができましたよ。

ずぼらな性格だった私だからこそできたものですが、 必ずしも授乳クッションが なければ授乳をすることが難しいというわけではありませんでした。

その場にあるもので、 赤ちゃんのお尻や体の高さを調節して首を支えるだけで体に負担がない授乳方法取り入れていましたよ。

④座椅子の肘置き

我が家にはソファーと座椅子がありました。ソファーに肘掛けがなかったのですが、肘掛のある座椅子を置いていたので、この肘掛のある座椅子が重宝していましたよ。

授乳する側の肘をソファーの肘を気にかけるだけで、そこに子供を乗せて授乳するようにできます。意外と高さがぴったりで楽に授乳することができましたよ。

自宅では授乳クッションや、インテリアとしておいているクッションを代用することもできますが、外出できるようになってから外出先で授乳をする時には、支えがない授乳にはなれないと授乳しにくくなりますよね。

外出先で授乳をする際には肘置きのある椅子やソファーを見つけたら是非肘をかけて授乳してみてくださいね。

スポンサーリンク

授乳クッションの手作りの方法

授乳クッションは大きくて邪魔になってしまうことも多いのですが、腕にはめて使う授乳枕ならコンパクトで場所を取らず、授乳も楽になるのでおすすめのアイテムです!

お裁縫が苦手な方には少し難しいかもしれませんが、ベビーグッズを手作りしたい!という方は授乳クッションの代用品にもなる授乳枕を手作りしてみましょう!

作り方はこちらの動画で詳しく説明してくれています。フワフワの雲の形の可愛い授乳枕が出来上がるので是非チャレンジしてみてくださいね!

授乳クッションは必ず必要なもの?

赤ちゃんが生後間もない時には授乳をする際、赤ちゃんの口とおっぱいの位置にどうしても距離が空いてしまい授乳が難しく感じてしまいます。

そんな時赤ちゃんの頭を持ち上げて支え続けたまま輸入をするのはとても大変なことなんですよ。

そんな時に授乳クッションを膝の上に置いておくと高さができるため、頭を支えておくだけで赤ちゃんを持ち上げることなく授乳ができる便利なものなんですよ。

私も出産経験がありますが、 実際に産院で使用した時にはとても便利で、授乳が楽だったことを覚えています。私の場合は赤ちゃん用の布団を購入した時に一緒に授乳クッションがついていた為自宅でもそちらを使っていました。

ただ、 どんな場所でも授乳クッションを持ち運んだり、時には授乳クッションで授乳がしづらいと感じることもあり、そんな時には授乳クッションを使わずに他のもので代用して授乳していたこともあります。

あるととても便利なアイテムということは間違いないので、先ほど紹介した作り方も簡単な授乳枕くらいの大きさの物を準備しておくと便利ですよ!

まとめ

今回は授乳クッションはバスタオルで代用できる?手作りので簡単に作る方法も!と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

これから出産準備などで授乳クッションを購入するかどうか迷っている方も大勢いると思いますが、この記事で紹介したように代用したり手作りしたりすることも可能です。

また授乳クッションを使用せずに、自分の手で支えただけで授乳をしているという方もいると思います。授乳クッションは必ずしも必要なものとは言い切れませんが、一つ持っておくととっても便利ですよ。

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました!

*関連記事:  ベビーカーの対面式でいつまで使う?背面式に切え替る時期はいつ?