赤ちゃん

ベビーカーのレインカバーのおすすすめはこれ!便利な使い方のポイント

ベビーカー

雨の日のベビーカーでのお出かけは、冷たい雨で濡らして風邪をひかせるのも可哀想だし、荷物も多くなるから大変ですよね。

極力出かけないようにしても、検診や用事でどうしても雨の中赤ちゃんを連れてベビーカーで外出しなければいけないこともあり、憂鬱になってしまうママも多いのではないでしょうか?

そんな時に便利なのが、ベビーカーに被せて雨や風から赤ちゃんを守るレインカバーです。

今回はベビーカーのレインカバーのおすすすめはこれ!便利な使い方のポイントと題してお送りしていきます。

スポンサーリンク

ベビーカーのレインカバーのおすすめは「フジキ」!

色々な種類のベビーカー用レインカバーが販売されていますが、おすすめしたいのは、フジキのベビーカー用レインカバーです。

こちらは1000円台でとてもリーズナブルですが、フリーサイズなのでA型のベビーカーにもB型のベビーカーにも使うことができますよ!

こちらのレインカバーの特徴は、サイドがメッシュになっているので赤ちゃんはママの声や外の音も聞こえやすく、安心してベビーカーに乗ることができる!と口コミでも評判が高いアイテムです。

また、ベビーカーの正面部分の両サイドのジッパーで 上までカバーを開けることができるので、赤ちゃんを乗せたり、降ろしたりするときも楽々で扱いやすくて便利ですよ!

 使いやすくて大人気!

フジキのベビーカー用レインカバーには、可愛らしい♪のマークがついているので、雨の日の憂鬱な赤ちゃんとのベビーカーでお出かけも楽しくなりますよ!

レインカバーはコンパクトに畳めるので、いつもベビーカーの下に 収納しておくと急な雨にも対応できて安心です。

「安価なので使い捨て的な感じで購入したけど、ずっと使っています!」 というレビューもたくさんある人気のレインカバーなので、雨の日の赤ちゃんとのベビーカーのお出かけ用におすすめです☆

ベビーカー用のレインカバーの便利な使い方

雨の日に赤ちゃんを連れてベビーカーで外出する時、シェードを最大に広げて大きな傘をさしても、どうしても足元が濡れてしまいますよね。

レインカバーは、さっと被せるだけでベビーカー全体を覆うことができるので、赤ちゃんが濡れることもなく快適にお出かけをすることができますよ!

シンプルなものや、可愛いデザインのものなど好みに合うレインカバーを選ぶと、雨の日の赤ちゃんとのベビーカーのお出かけも楽しくなりますよ☆

レインカバーの汎用モデルと専用モデルとは?

ベビーカー用のレインカバーにはa型・b型どのタイプの機種でも使用できる汎用タイプと、各ベビーカー為にデザインされた専用モデルがあります。

専用モデルはベビーカーにフィットするし、オシャレなデザインのものが多いのがメリットですが、そのベビーカーにしか装着できないという点と汎用タイプよりも割高であることがデメリットです。

汎用タイプのレインカバーはa型、b型どのベビーカーにでも装着できること、価格が安価であることがメリットです。

最近ではa型、a型2台ベビーカーを所有していて、使用場所に応じて使い分けているというご家庭も多いので、この様な場合は汎用タイプのレインカバーが便利ですね。

レインカバーはセットで購入しよう

ベビーカーの別売りにアクセサリー用品はブランケットやケープなどお持ちの物で代用できるものが色々ありますが、レインカバーは他で代用することは難しいものです。

レインカバーはベビーカー全体をカバーしてくれるのでa型・b型のどちらをお使いの場合でもこれだけは購入した方がよいでしょう。

レインカバーという名前ですが、守ってくれるのは雨だけではなく、風やほこり花粉など様々なものから赤ちゃんを守ってくれる強い味方です☆

特に強風の日はレインカバーをつければベビーカーでも快適にお出かけできるのでおすすめです☆

スポンサーリンク

まとめ

今回はベビーカーのレインカバーのおすすすめはこれ!便利な使い方のポイントと題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

ベビーカーのレインカバーの必要性をあまり感じない、という方もいると思いますが、赤ちゃんとベビーカーでお出かけしている時に、急に雨が降ってきて慌てたことがあるママからは「あると心強い」と口コミでも評価の高いアイテムです。

レインカバーはコンパクトに折りたたむことができるので、ベビーカーの収納に入れていつも持ち歩けば、急な雨から赤ちゃんを守ることができますよ!

雨だけでなく寒い北風からも赤ちゃんを守ることができ、1枚あれば色々使えて便利なアイテムなのでベビーカーの収納ポケットに入れて普段から持ち歩いているママもたくさんいます。

ベビーカー用のレインカバーは雨はもちろん、風や寒さからも守ってくれるのでおすすめです!

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

*関連記事:  授乳クッションはバスタオルで代用できる?手作りので簡単に作る方法も!