賞味期限

厚揚げの賞味期限切れてても大丈夫?3日から1週間過ぎても平気?

厚揚げ

カリッとジューシーで、豆腐のふわふわの美味しさも兼ね備えた厚揚げ。スーパーでも手軽に購入でき、晩酌のおつまみにも、晩御飯のおかずにも大活躍の厚揚げですが、意外と賞味期限が短くはないですか?

ちょっと食べたいなと思って購入したものの、冷蔵庫に入れっぱなしで忘れていたなんてこともありますよね。そんな時、厚揚げの賞味期限が切れていたとしても食べても大丈夫なのかな?と思う方もいるかと思います。

今回は、そんな厚揚げが賞味期限切れした場合は食べれるのかということと、3日から1週間過ぎたものは加熱したら食べれるの?という事についてご紹介していきます。また、なぜ厚揚げは傷みやすいのか気になる理由も一緒にみていきましょう。

SponserdLink

厚揚げの賞味期限切れても大丈夫?

中はふわふわで、外はカリカリで美味しい厚揚げですが、表記されている賞味期限はとても短いですよね。我が家は、その賞味期限をみて慌てて料理して食べることが多いです。

でも、賞味期限が切れても食べれるのでしょうか?どの位までなら食べてよいのかみていきたいと思います。

まず、賞味期限とは「この期間までなら美味しくいただけますよ」ということなんです。
そのため少し余裕をもって設定されてるものもあり、2~3日過ぎても美味しく食べれるものも多いです。

ネット上でも、2~3日であれば食べれたという声が多く聞かれました。本当に賞味期限が切れた厚揚げが食べれるのかは、次の項目をチェックしてみてください。

□冷蔵庫で保存していましたか?
□未開封ですか?
□スーパーから持ち帰る際、氷などで冷やしたりと低温で保存していましたか?
□厚揚げがぬめったりしていませんか?
□酸っぱい匂いがしていませんか?異臭はしませんか?
□糸は引いていませんか?
□カビが生えていませんか?

以上が当てはまると、いくら冷蔵庫で保存していても悪くなっている可能性が高くなります。

厚揚げは傷みやすいので要注意!

厚揚げは、とても傷みやすい食材なので、一度開封したものは悪くなっている可能性も高いので気を付けましょう。特に厚揚げは、常温保存はNGなので購入時はなるべく低温で持ち帰り、冷蔵庫へ保存してくださいね。

特に見た目も変わらず匂いもない、味に変化もなければ食べていいかと思います。
念のため、加熱して食べたほうがいいですね。

しかし、厚揚げの販売メーカーによれば「おいしく安全に食べてもらうためには、賞味期限内に食べてくださいね」という案内がほとんどです。そのため、賞味期限が切れた厚揚げを食べる場合は自己責任になりますので、ご紹介したチェック項目をしっかり確認して食べる様にしてくださいね。

もし、豆腐屋さんなどの手作り厚揚げの場合、保存料も入っていませんので当日中に食べてください。

賞味期限が3日から1週間切れたものは加熱すれば食べられる?

厚揚げでは、厚揚げの賞味期限が3日から1週間切れた場合はどうでしょうか。加熱すれば、食べられるかなと思う方もいるかと思います。

傷みやすい厚揚げですが、まずは日にちが経つとどの様に変化するのかをご紹介していきます。いずれも、冷蔵庫で保存されていた場合になります。

賞味期限切れから、4日~5日経過

厚揚げからは酸っぱい匂いがしてきます。見た目には特に変化は見られませんが、食べてみると酸っぱい味がすることがあります。

この状態の厚揚げは既に傷んでいるので、食べるには危険な状態です。

賞味期限切れから、1週間からそれ以上経過

賞味期限が切れて1週間もすると、見た目にも変化が現れます。厚揚げの油が酸化し、ぬめりや糸を引いている場合もあります。また、表面にカビが生えていることも。

袋を開けると、ツーンとした酸っぱい匂いや異臭が漂います。

さすがに1週間もすると、食べることはできない状態になってしまう厚揚げ。この場合は、迷わず捨ててください。カビも表面だけだからといって、表面を取ったら食べれるということはしないでくださいね。

加熱したとしても、死滅しない菌も…

では、賞味期限が切れた厚揚げは、加熱すれば食べれるのかと言うと、それは避けてください。実は加熱しても、死滅しない菌もいます。そのため、いくら加熱しても食中毒にならないという保証がないのです。

賞味期限から2~3日のものであれば、中心部が75℃以上になるように、1分以上の加熱をすれば食べれることも。

4日以上過ぎていて、明らかに悪くなっている事がわかる場合は加熱しても食中毒の危険は高いので捨てることをおすすめします。

SponserdLink

もし、悪くなってしまった厚揚げを食べてしまうとどうなる?

厚揚げ賞味期限が切れて傷んでしまった厚揚げを食べると、どんな症状が出るのかまとめてみました。

□腹痛や下痢
□嘔吐
□発熱
□頭痛
□食べた瞬間、舌を刺すぴりっとした感覚

数時間後には、この様な症状が現れます。この場合、できるだけ病院に行って処置をしてもらうことをおすすめしますが、軽症の場合に自分でできる処置はこちらです。

なるべく水分補給を!

嘔吐や下痢をすると、脱水症状を引き起こす危険があります。とても危険なので、なるべく水分を取ることが大切です。

吐き気が収まってから、少しずつ取るようにしましょう。いきなり大量に飲んでしまうと、また嘔吐してしまうこともありますので様子を見ながら飲むようにしましょうね。

OS-1やスポーツドリンクの様な電解質補給水をなるべく飲んでください。飲めないほど辛い場合は、迷わず病院に行きましょう。

薬を飲む

症状に合わせた薬を飲むことが大切です。下痢をしてる場合は、身体から菌を出そうとしているからということがほとんどですので、下剤は飲まない様にしてくださいね。

飲むのであれば、整腸剤や胃腸薬を選ぶようにしましょう。

消化の良い食事を取る

うどんや、雑炊のような柔らかい食事で、胃腸に負担をかけない優しい食事をしましょう。
食べれない時は、食べれるものを少しずつ食べてみてくださいね。

厚揚げが傷みやすい理由とは?

厚揚げはどうしてこんなにも傷みやすいのかと言うと、それは、厚揚げの原材料である豆腐の水分量と厚揚げの表面の油に理由があるんです。

原材料の豆腐の水分量は、なんと約90%。とても水分量が高いので、他の食品と比べると菌が繁殖しやすく、腐りやすくなってしまうんです。

また、厚揚げを作る際に使われる油にもその理由があります。豆腐を油で作られる厚揚げは、その表面の油が賞味期限を過ぎると酸化しやすくなってしまい、手で触るだけでも菌がつきやすい状態に。

厚揚げはとても繊細な食材、ということになります。

厚揚げの賞味期限を伸ばす方法

でも、そんな厚揚げの賞味期限を1か月までに延ばすことが可能なんです。正しい方法で冷凍保存する、これだけです。

手順はこちら・・・
① まずは、油抜きをしましょう。
厚揚げをザルの上に置いて、全体に熱湯をかけ、キッチンペーパーでしっかり水分を取ります。
② 厚揚げをラップで包んでください。
③ ジップロックなどの保存袋に入れて、冷凍庫に保存してください。

あとは、使いたいときに合わせて冷蔵庫で自然解凍をしたり、冷凍されたまま調理するだけです。もしも、電子レンジで解凍などした場合は水分が出てきますので、調理前にキッチンペーパーで水分を切ることも忘れずに。

厚揚げの冷凍保存のメリットとデメリット

厚揚げを冷凍すると、以下のメリットがあります。
□1か月保存可能
□味が染み込みやすくなる
□弾力が出る
□崩れにくくなる

染み込みやすくなるので煮物にもいいですし、弾力を生かしてステーキにしたり、お弁当にも活用出来ちゃいますよ。

ただし、
□厚揚げのふわふわ感が損なわれる
□生では食べられない

というデメリットもあるので、それも踏まえて使いやすい方法で保存してみてくださいね。

まとめ

厚揚げ今回は厚揚げの賞味期限切れてても大丈夫?3日から1週間過ぎても平気?と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

思った以上に厚揚げは繊細な食材であり、少しでも悪くなっているのであればいくら加熱しても食べられないこともあることがおわかりいただけたかと思います。

その分、正しい方法で冷凍保存していただくことで長く厚揚げを楽しむことができます。
できるだけ食べる分だけを購入し、美味しいまま賞味期限内に食べていただくことが一番ですが、冷凍することで得られるメリットもとても魅力的ですよね。

お弁当のおかずになるととても嬉しいですし、厚揚げがまたひとつ美味しくなるのであれば、上手に活用していただけたらと思います。安全に美味しく、厚揚げのレシピなど活用しながらぜひ、食べてみてくださいね。

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

こちらの記事もおすすめ