コオロギは冬空の下で鳴く

「大工」を好きという人もいるだろうし、嫌いな人もいるはず。なにも思わない人だって。あなたにとっての「たい焼き」はどんな感じ?
ページの先頭へ
トップページ >

ノリノリで走る家族と突風

少年は今日、小学校の給食当番だった。
マスクと帽子をつけて、白い割烹着を着て、他の給食当番のみんなと、本日の給食を取りに行った。
今日の主食は、お米じゃなくてパン。
バケツみたいに大きな蓋付きの鍋に入ったシチューもあった。
少年は、最も重たい瓶入り牛乳だけは、男の子が運ぶべきだろう、と考えていた。
クラス皆の分だから38本ある。
だから自分が、バットに入った38本の牛乳を持ったけれど、同じ給食係のフーコちゃんが一緒に運んでくれた。
重たい牛乳を女の子に運ばせたくなかったけれど、同じクラスでも一番かわいいと思うフーコちゃんと一緒に教室まで歩ける、と思った少年は、ちょっとドキドキしながら、何も言わずに2人で牛乳を運ぶ事にした。

余裕で跳ねる彼女と穴のあいた靴下
今季は、海に行っていないが、海に入りに非常に行きたい。
現在、ひとり娘が小さいので、海には入らせないでちょっと遊ぶぐらいなのだけれど、思うに喜んでくれると思う。
なのだけれど、まだ、パンパースを着用しているので、他の人の事を思ったら海水に入れないのがいいかもしれない。
プール用オムツもあることはあるが、議論に発展しているらしいので。

具合悪そうにダンスする兄さんと横殴りの雪

「嫌われ松の子一生」という番組が放送されていましたが、見ていた人も多いと思います。
実際に、テレビは見ていなかったのですが、中谷美紀の主演で映画がクランクインされたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さからでもありますが不運な立場にて生活しながらも、悲観的にはなりません。
周りから見ると、不運かもしれないけれど夢を捨てません。
幸せになることに関して、貪欲なんです。
とても好感を感じました。
私も幸せになる権利はあるのに、そうなるといけない事のように感じる。
などという、訳の分からない状態だった悩みを抱えていた私は放送中悩みなんか忘れていました。
とても、明るい映画なので、お勧めしたいです。
あと、中谷美紀は、音楽教師でも、ソープ嬢を演じても、美容師を演じても、やっぱり綺麗でした。

控え目に泳ぐ兄弟と気の抜けたコーラ
季節の中で、梅雨の時期がなぜか好きだ。
空気は湿度が上がり外出すると雨に濡れるけど。
一つの理由として、幼いころに、この時期に見られるあじさいがきれいで、それ以来あじさいが咲くのを楽しみにしている。
九州長崎の出島で付き合っていた、シーボルトと瀧の紫陽を見ながらの逢瀬をご存じだろうか。
オランダ人に紛れて上陸した、ドイツ人のシーボルトが、紫陽花を見ながら「お瀧さんと同じくらい美しい花だ」と言う。
雨の日に美しく咲くアジサイを見ながら何回も、お瀧さん、お瀧さんとつぶやいた。
それが訛ってしまいこの花はおた草と別名を持つようになったらしい。

ノリノリで吠えるあの人とよく冷えたビール

中学生の頃、父も母も、私の人付き合いに対し大いに積極的であることを求めてきた。
普通より遠のいては良くない、とか。
とっても生きづらい時代だったと考える。
授業時間が過ぎると、毎日のように作り話をハキハキと両親に話す。
話せば、喜んでくれるのだ。
少しでも変わったことをすると、おかしい。
いつもこんなのばかり思っていた学生時代の自分とお母さん。
切ない昔だと今は思う。

どしゃ降りの水曜の早朝にビールを
いつものEくんがくれるE−MAILの話は、何が言いたいのか何も分からない。
酔ってても酔ってなくてもよくいまいちだ。
そう思っていたけれど、Eくんが社内で考えたという、商品と募金に関しての文書を読ませてもらった。
まともな文章を書くことが出来るんだ!と思い、びっくりした。

怒って踊るあの人と突風

仕事で着るパンツスーツを手に入れに来た。
コムサ等フォーマルなショップも憧れるけれど天神コアも良いと思う。
気が強そうでハキハキとした女性服のショッピングビルでピタッとした製品が多い。
金額はショップによって差が出てくるが、なんとなく安め。
店を選び、スーツを探していたが、細身の物ばかり置かれていた。
着た感じも、少しはあか抜けているように見えるような気がする。
良い感じのスーツ選びができて、とってもラッキーだった。

陽の見えない火曜の深夜に想い出に浸る
私は以前から、肌がさほど丈夫でなく、気を付けないとトラブルが起きる。
そして、ボディーソープの素肌に残ってしまうタイプが嫌いだ。
しかし、冬は思いっきりぱりぱりになるので、なるべく余計な薬品が入っていないローションを使用する。
その品の残念な部分は、値段が凄く高いので、なかなか買えないところ。

雲が多い水曜の明け方に歩いてみる

昔から興味はあっても行ったことはない、だけど、暗くなってからの動物園は、夜に動く習性の動物がとても動いていて観察していて満足できるらしい。
前から知っていても、昼間ではない動物園は行ったことがないけれど、娘がもうちょっと夜もおきていれるようになったら見に行ってみようと考えている。
もう少しだけ大きくなったら、必ず、子供も楽しんでくれると思うから。
普通の動物園と異なったムードを私も必ず楽しめると思うので体験してみたい。

暑い祝日の日没は冷酒を
すごくスイーツが好きで、ケーキなどを自作します。
普通に泡だて器で一生懸命混ぜて、オーブンで焼いて作成していたのだけれども、最近、ホームベーカリーで焼いてみた、ものすごく楽でした。
こどもにも食べさせるので、ニンジンを混ぜたり、バナナを混ぜたり、栄養が摂取できるようにもしています。
シュガーが少なめでもニンジンやかぼちゃの甘さがあるので、笑顔で口にしてくれます。
近頃は、スイーツ男子という表現もテレビであるから変ではないのだけども、若いころは、お菓子を焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
ここ最近は、そんな男がよくいるねとも言われてそれも寂しい。

コンテンツ

コンテンツ

Copyright (c) 2015 コオロギは冬空の下で鳴く All rights reserved.